江別・大麻の歯医者 YOU歯科 ホームページリニューアル

今までのホームページを一新しました。

更に新しい業者さんを入れて色々過去のホームページもリニューアルしていきます。

ITの進歩が著しいので、対応して行かなければなりませんので我々も大変ですね。

更に読みやすく患者さんサイドに有用な情報を提供できるように努めていきます。


最初に使用していた、ホームページはHTMLと言うもので業者さんに作ってもらっていましたが、今回もワードプレスというCMSと言う機能をもつ新しいシステを業者さんの力をかりて変更しました(主な部分は業者さんです)。

HTML の場合は、更に新しい情報を付け加えることが私のITリテラシーでは出来ませんでしたが、ワードプレスのシステムを利用すると新しい情報を簡単に入れることができるようになりました。

歯科医院の予約をweb上で24時間予約対応にしました

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 YOU歯科24時間予約サイト

 

いままでのYOU歯科のホームページでは、24時間のweb予約に対応してませんでしたが、今回ワードプレスを導入する事によって24時間の予約対応が可能となりました。

とは言っても私が行った訳ではなく、業者さんにやって貰ったのですがこのような対応ができるようになるのは良い事ですね。

歯科医院に予約する場合は従来は電話受付が多く24時間の対応は不可能でした。

当院は学生街にあるために、24時間かつweb上での予約が可能になるのは学生さんの利便性向上の為には良い事だと思います。

特に夜中に歯が痛くなった場合は、歯科医院に予約がとれる事で安心感が増すのではないでしょうか?

そして、今後は私が契約している株式会社HOC(イーパーク歯科)の24時間予約システムにも対応するようにして一元管理を行う予定です。

インプラントや矯正、デジタル技術を応用した情報など患者さんの役に立つ有用な情報をアップすることが可能に

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピース矯正とデジタル技術

今までは、新しい情報をホームページ上に掲載することが難しいじょうきょうでしたが、これからは比較的簡単にできるシステムになりました。

歯科医療においても進歩が著しい領域があります。

インプラントや矯正歯科領域です。

矯正歯科では、マウスピース矯正治療が新しく治療法として普及してきましたし、見えない矯正治療と呼ばれる裏側矯正(舌側矯正)治療の普及も著しい現実があります。

マウスピース矯正が簡単に出来ると掲載しているホームページもありますが、これに対しては注意が必要です(テレビCMなどや駅の看板などでも見かけるようになりましたが)。

一般的に、マウスピース矯正を普及させるため(商業的に)、マウスピース矯正装置を製作している会社などは簡単にできることを売りにしてコマーシャルをしています。

通常私達矯正歯科医は、多くの矯正治療でマルチブラケット装置という専門性の高い矯正装置を使用してきました。

インビザラインというマウスピース矯正に関する矯正専門医向けの講習を受けた時には、「インビザラインシステムは、基本的にマルチブラケット装置と変らない知識が必要」と講師の方は言っていました。

実際には矯正歯科医でもデジタル技術に対応する為に、コンピューターに張り付いている時間が非常に長くなっていると話していました。

当たり前ですが、我々矯正歯科医も治療に関するデジタル技術にも精通していなければならないという事になってしまいますし、矯正歯科の分野にも精通していなければなりません。

デジタル領域の歯科治療への汎用性について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 シロナセレック

参考:シロナ社

インターネットもデジタル技術ですが、デジタル技術の歯科医療への発展分野も大きく、お口の中の状態把握にはCTの他にもデジタル機器で型取りを行う技術などの進歩も大きいです。

マウスピース矯正にもデジタル技術が応用されていますが、歯に冠を被せる領域についてもデジタル技術の貢献が大きく、現在でも一部で(CAD/CAM冠)で使用されていますが、今後は更に保険診療にも導入されることが予想されます。

これらデジタル技術の歯科治療への応用での問題点はコストが高い事です。

最初に歯科用CTが出た時も、高額で5000万円程度していましたが、今なら廉価な歯科用CTであれば1/10以下の価格で購入することも可能です。

お口の中の型取りを行う機械(口腔内スキャナーと言います)も現在は500万円程度ですが、時間が経過すると共に値段も下がってくるでしょう。

実際に2019年の夏にアンチエイジング歯科学会に出席して、口腔内スキャナーの模型を使用した感覚ではスキャンでは非常に簡単になりました。

2017年には、お金を出して口腔内スキャナーの講義をうけましたが講義を受けなくても簡単にスキャンできる状態になっていました(この時受けたのが3M社の口腔内スキャナーでしたが、3M自体が口腔内スキャナーから撤退してしまいました)。

やはり、歯科領域とはいえデジタル技術なので栄枯盛衰が激しいですね。

これからもデジタル技術の発達によって、新しいデジタル技術を応用した歯科器材が出てくることになるでしょう。

これらについて、情報発信をホームページ上で行うことができれば良いと考えています。

株式会社 HOC(イーパーク歯科)とホームページについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 大麻歯医者検索画像

現在私も利用していますが、株式会社HOC(イーパーク歯科)というIT企業が歯科医院に特化した予約サイトを展開しています。

こちらの会社のページ数は120万ページ以上なので、ITをいくら勉強しても歯科医レベルでは太刀打ちできません。

会社組織でやると、営業も抱えますから私のように片手間でホームページ運営をしても順位が70位以上下がってしまいました。

これらのHOC(イーパーク歯科)を含めたIT企業は新しく雇用も生み出していますし、社会的には意義があるのでしょうが私達のお金が出ていく事につながってしまいます。

本来機材や人材にかけるべきお金がIT企業に回らなければならないというのが歯がゆい思いがします。

しかも、HOC(イーパーク歯科)は私と他の業者で作成したサイトにも誘導してくれますが、多くはHOC(イーパーク歯科)のサーバー内に情報が蓄積され、歯科医院側ではそのままダイレクトに予約を確定することができません。

反映される方法もありますが、その場合イーパーク歯科の予約専用の治療チェアを確保しなければならないので中々厳しい部分があります。

そのため、我々歯科医サイドから患者さんサイドにメールもしくは電話で連絡を入れて予約を確定するという方法になります。

企業が効率良く運営するためにはこのような形態にならざるを得ないのかも知れませんが、やはり不自然ですね。

歯科衛生士を含めた歯科スタッフの募集サイトについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 YOU歯科衛生士募集サイト

最近、一般的な医科でも良く言われている事ですが、看護師のマッチングサイトが現在上位表示されていて、病院サイドとしてはそちらのIT会社にお金を払わないと看護師が集まらない話をしていました。

医科領域においては、看護師の募集において会社組織が募集サイトを運営して、看護師の募集を行ったあとに病院と看護師の実際のマッチングまで行っています(それだけ会社としてもコストがかかるという話ですが)。

私の知り合いのある麻酔科医の奥さんも看護師ですが、「給料とリスクの関係を考えると馬鹿らしくて看護師の仕事をさせれない」と言っていました。

現在この方の奥さんは看護師以外の仕事でパートに出ているようです(その他の理由としても時間も融通がきくというものでした)。

歯科衛生士は現在足りない状況になっていますから、同じような事が我々歯科業界でも、歯科衛生士募集サイトでも起こっています。

歯科助手や受付、歯科衛生士においても同様な事が起こっています。

歯科衛生士の募集サイトとweb運営会社について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 YOU歯科衛生士募集サイトとweb会社

歯科衛生士が不足する原因としては、女性の仕事なので結婚・出産を契機として歯科医院での仕事から離れてしまうのが歯科衛生士不足につながってします。

財政の問題が大きいですが、やはり歯科衛生士や看護師にはもっと手厚い給料が出せるように国に何らかの手を打って貰いたいものです。

こんな状況になってしまった原因としては、歯科衛生士の紹介を行うマッチングサイトを運営しているIT業者の存在があります。

これは、看護師でも同様なことが行われていますがITに強いweb運営会社が上位表示して高額な紹介料をとるというビジネスモデルが成り立ってしまうのが我々

これらのIT業者は私達のお金で成り立っていますから完全な「中抜き」ですね。

昔であれば、紹介や雑誌などで募集できていましたが現在はこのようなIT業者にお金を払わざるを得ない状況になっています。

成功報酬でその報酬が安く無いと言うのが現状です(アルバイト情報や専門誌による募集よりも費用が高騰しています)

これは、ITの進歩が早すぎてこのような隙間産業に一般企業が介入することができてしまうことが大きな原因です

確かに新しい仕事を生み出してはいますが、我々の収入からその費用が賄われます。

昔のように自分でホームページを作成して、スタッフ募集サイトを制作しても全く人が集まらないので、私自身も昔作成した自院のスタッフ募集サイトは全くメインテナンスを行わずそのままにしています。

グーグルコンソールというグーグルのwebに対してアドバイスを貰うサイトには登録しているので問題があるとアラートがきます。

実際にアラートがきていますが(主にモバイルに対応していない)、直す時間がないというのが現状です。

昔はホームページでも個人で作っても上位表示が可能でしたが、サイトがどんどん大型化してきて、会社に依頼する場合でも昔よりもかなり高額になってしまいました。

そんな状況でも我々歯科業界は、その中で上手く適応して行くしか無いと言うのが現状なのでしょう。

歯科医院ホームページの製作費用高騰について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯科医院ホームページの製作費用高騰

昔は自分でホームページビルダーなどを使用して自分のサイトを制作する歯科医院もあったとおもいますが(私もそうでした)、当時はドメインやサーバーなどの知識も乏しかったので簡単なホームページ作成でも大変苦労した記憶があります。

最初はホームページビルダーを使用して、自分でサーバーとドメインを取得し、サイトを作成してみましたが、サーバーの知識などが無く一番最初のホームページは業者に丸投げでした(サーバーの何処にアップするのかも分からなく、何度試しても上手く表示することができませんでした)。

その時はそれほど高額ではありませんでしたが、最近webサイトの大型化があり製作費用が高騰しています。

これは、我々歯科医師もweb上の知識が乏しいのでIT企業に丸投げするのが、高騰する原因となっているのが現実です。

私自身は極力自分でサイトを制作してSEOも自分で行いたいタイプでしたが、現在のサイト大型化で挫折して、HOC(イーパーク歯科)を利用していますが、現在私が上位表示を目指している「大麻 歯医者」で1位になっていますが、サイトのインデックス数が12万サイトあります。

12万ページを個人で製作するのは、困難ですから個人でできるweb閲覧者に対して優良な歯科情報を掲載していくしか方法がないでしょう。

現在の歯科医院でのホームページの有り方について考えること

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 現在の歯科医院でのホームページの有り方について考えること

昔は単純に上位表示するために、自院のアピールしか行っていませんでしたが今後は患者さんが求める情報にアクセスするできるサイトにしないとサイトの存在意義がありません。

その為、サイトを大型化して有用な情報を提供していかないと、企業が製作するホームページに太刀打ちすることができなくなってしまいます。

事実当院のホームページでは、昔はねらったキーワード(大麻 歯医者など)で3位前後の時には当院のホームページ経由で月に5名前後入っていましたが70位以下になると0になってしまいます。

上位表示していないホームページは存在していないのと同様ですね。

その為、患者さんが求める情報(歯科に対するデジタル技術の応用や新しい治療法について)を提供して有用なサイトを運営していくしかないと考えています。

歯科医院のホームページに対する患者さんサイドへの情報提供について

一般に患者さんサイドと、我々歯科医療従事者では当然情報に対する非対称が生じてしまいます。

しかし、近年はITが発達した世界なので、私が目指すサイトのように新しい治療法に対する情報提供も可能になってきます。

昔から新しい情報を得る為に、学会や講習会に出席していましたが今後はこれらの学会や講習会に出席した情報をサイトに分かり易くアップして患者さんサイドに情報を提供していくことが出来ればと考えています。

昔はサイトに画像をアップする数も少なかったですが、サイトの大型化に伴い画像のアップ数も多くなってしまいました。

また、現在はサイトの安全性を優先させることから、歯科医院においてもGoogleが推奨するサイトの暗号化(httpからhttpsへの移行)を行わなければなりません。

この暗号化では、サイトのリダイレクトが上手く出来ず、これらの作業をクラウドワークス(ネット上でこの仕事できる人と人材募集が出来るサイト)上にて色々お願いすると言う結果でした。

しかし、この暗号化が行えないと患者さんサイドには安全な情報提供が出来ない結果となってしまいます。

これらのITに関する専門知識の習得にも時間を要する為に、休日ではITの専門書とにらめっこしなければならなくなってしまいました。

事実私は小児歯科のホームページも運営していますが、こちらのサイト暗号化は私自身で行いました(休日をかなりの時間とられてしまいましたが)。

新しい24時間のYOU歯科予約サイトについて

現在ワードプレスにて24時間予約可能な予約サイトを当院にて運営していますが、これを更に進歩させ、株式会社HOCEパーク歯科)が運営している予約サイトと連携中です。

まだ、上手くコンバージョンがとれていませんが早めにコンバージョンをとってこちらのサイトと連携させていきます。

これによって、我々運営者サイドも運営が楽になるので大きなアドバンテージ(予約サイトの運営が会社まかせになるので)があります。

ウェブ上での競争が激しくなってきているので、やはり企業の使える部分を使っていくしかないというのが現状なのかも知れません。

ITリテラシーをあげないとこれからの世界をわたっていけないと、私が敬愛する元マッキンゼーの大前 研一さんも言っていますので歯科領域のみならずやはり色々進化して行かなければならなければ取り残されてしまうのが現状なのでしょう

YOU歯科 院長 日本矯正歯科学会認定医 歯学博士 石井 教生