江別・大麻の歯医者 YOU歯科 6歳頃に歯がないところが痛いと言われる理由
 

6歳くらいになると永久歯が生えてきます。

 

一般に乳歯の前歯が抜けてくるのと同じ位の時期に先行乳歯(前にはえる乳歯がない状態)がない永久歯である6歳臼歯(第一大臼歯)が生えてきます。

 

そのために、歯がない所に違和感を訴えたり痛みを訴えることがあります。

 

乳歯の最も奥にある第二乳臼歯の後ろに永久歯の後に6歳臼歯が生えてきますので、そこの部分に痛みや違和感を訴えるのは当然のことなのです。

 

この場合は、歯が生えてくると言う自然な状態なので、歯ブラシを十分に行いお口の中を清潔に保っておけば問題はありません。

 

問題となるのは歯がはえ始めて痛みを訴えた時に、しっかりと歯ブラシができない状態になって(触ると痛いので、しっかり歯ブラシを当てない状態になり悪循環におちいることがあります)、さらに痛みがひどくなることです。

 

また、歯が生えていない状態でその部分を指で触っても問題はありませんが、歯が生え始めの時に指で触ってしまうと指が清潔でない場合は(痛い時にその部分を指で触るのに毎回手を洗うお子さんはいないですよね?)炎症起こしてしまう可能性があります。

 

そのため、お子さんが気になっても指では触らないように注意して見ていて下さい(指で触る場合は注意してあげましょう)。

 

実際にYOU歯科に来院している患者さんのお口の中の写真をもちいて説明します。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 6歳臼歯

 

こちらの患者さんは9歳位ですが第二乳臼歯を治療中で奥に完全に6歳臼歯である第一大臼歯がはえています。

 

通常は数週間で痛みや違和感が取れるので晴れたしなければ大きな問題にはなりません。

 

稀に、白い骨のようなものが出てくることがあります。

 

これは萌出性腐骨といって、歯がはえてくる時に上手く骨が吸収されず残ってしまった場合です。

 

通常は、数日でとれて無くなりますが化膿したり、痛みを訴えた場合は歯科医院で麻酔をしてとってあげなければならない可能性があります。

 

6歳臼歯がはえる時はトラブルが生じることも多くありますので、はえる前もはえた後も注意が必要です。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます