江別・大麻の歯医者 YOU歯科 3歳児歯科健康診断での噛み合わせの問題について

 

3歳児歯科健康診断(3歳児歯科検診)はどちらかというと、一般的なむし歯ともう一つの問題を我々歯科医は良く見ます。

 

それは噛み合わせ(専門用語では咬合といいます)の問題です。

 

異常があるか?もしくは無いか?ということの2つの選択から選択されます。

 

判断基準は「よい(異常なし)」と「経過観察(問題がある)」を担当歯科医師がえらぶものです。

 

「経過観察」となった場合は担当している歯科医にその後の経過を見てもらった方が良いですよ という矯正治療の必要がある場合はその後歯科医によるフォローアップを目的としている健康診断です。

 

通常3歳から矯正治療を行うことはありません。

 

まず、矯正治療を行うには治療に対する理解が必要です。

 

3歳では、言葉が理解出来ないお子さんもいます。

 

その様なお子さんには矯正治療は不可能です。

 

また、矯正治療は長期にわたる治療になります。

 

3歳ではなくても、5~6歳位から矯正治療を行うと考える小児歯科の先生もいますが、矯正歯科医の考えとしては賛成しかねます。

 

主に乳歯だけの時に行う矯正治療は、機能的なもの(そのまま放置すると骨の位置などに問題が生じる場合)に限り最小限にすべきです。

 

ここでの機能的なものとは、上下の噛み合わせで歯の接触が原因で起こるものを言います(後の交叉咬合の所で詳しく説明します)。

 

乳歯の時から積極的に矯正治療を行わない理由についてはこちらに詳しく書いてあります。

 

興味がある方はご覧下さい。

↓ ↓ ↓

幼児の頃から矯正装置はつけない方が良い理由

それでは3歳児歯科健康診断の噛み合わせの問題について具体的基準を画像と共に説明します。

 

1.反対咬合

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 反対咬合3歳児

                            日本小児歯科学会ホームページより引用

 

乳歯の前歯が連続して 3 歯以上で噛み合わせが逆のものを言います。

 

この反対咬合の特徴は、成長と共に増悪(悪くなく)可能性があります。

 

もし、乳歯だけの時に矯正治療を開始しても後に再発する場合があります。

 

理由についてはこちらに詳しく解説してあります。

 

興味がある方はこちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

乳歯の頃から矯正治療は行わない方が良い理由

3歳で治療を開始することはありません。

 

その為、適切な時期に適切な治療を行ってあげる必要があります。

 

その時までは、経過観察を行って適切な矯正治療を行う必要があります。

 

2.上顎前突

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 3歳児上顎前突

          日本小児歯科学会ホームページより筆者改変して引用

 

これは大人になると一般に言う「出っ歯」と呼ばれるものです。

 

芸能人で言うならば明石家 さんまさんがこれにあたります。

 

3歳児歯科健康診断ではオーバージェット と呼ばれるものが4 mm 以上のものが「経過観察」となります。

 

オーバージェットとは上あごの乳歯の前歯(乳中切歯)の切縁から下あごの乳歯の前歯の唇側面までの距離を言います。

 

ただし、この上顎前突に関しては1で述べた反対咬合とことなり成長とともに改善する傾向が強いです。

 

その理由についてはこちらに詳しく解説してあります。

 

興味がある方はこちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

上顎前突と下顎前突では治療期間が異なる理由は?

また、こちらの上顎前突は1の反対咬合と同様に3歳から治療を開始する必要はありません。

 

3.過蓋咬合

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 過蓋咬合3歳児

                           日本小児歯科学会ホームページより引用

 

簡単に言うと噛み合わせが深い状態を過蓋咬合と呼びます。

 

こちらの読み方は難しいですね。

 

これは「かがいこうごう」と呼びます。

 

オーバーバイト というのが4 mm 以上のものを指します。

 

オーバーバイト についての解説と、過蓋咬合の問題についてこちらの図で詳しく解説します。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 過蓋咬合の説明

 

乳歯の時代に矯正治療を行う場合は乳歯だけの時に行わないと骨格に問題が出る場合だけです。

 

この過蓋咬合についても3歳児の時には治療を行うことはありません。

 

4.開咬

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 開咬 3歳児

                           日本小児歯科学会ホームページより引用

 

こちらも読み方が難しいですね。

 

こちらは「かいこう」と読みます。

 

これは奥歯がしっかり噛んだ状態で、前歯に隙間がある状態を指します。

 

写真ではこちらです。

 

この噛み合わせになるのは、指しゃぶりをするお子さんやおしゃぶりを3歳でも使用している場合。

 

もしくは食べ物・飲み物・唾液の飲みこみ方(専門用語でこれを嚥下:えんげ と言います)に問題がある場合です。

 

この飲みこみ方について詳しく解説すると非常に長くなるので、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 

興味がある方はこちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

大人の飲みこみ方と子どもの飲みこみ方の違いについて


 

3歳児の時には、上記の開咬に対する矯正治療としては矯正装置を使用することはありません。

 

飲みこみ方を直すのは難しいと思いますので、この時は指しゃぶりやおしゃぶりを辞めてもらうことでしょう。

 

5.叢生

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 上顎叢生 3歳児

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 叢生下顎3歳児

                    上下の写真とも日本小児歯科学会ホームページより引用

 

こちらの読み方は「そうせい」と読みます。

 

乳歯と乳歯が重なりあっ状態です。

 

簡単に言うと歯がガタガタの状態を言います。

 

通常、乳歯だけの時にはガタガタの状態は少ないのですが現代人は歯の大きさに比してあごが小さくなって来ているのでこの様な状態になることがあります。

 

この叢生は3歳児の時には特別行う治療はありません。

 

食べ物に工夫して(食べごたえのあるもの)あごの成長を促すなどの対処方法で対応してもらうのが良いと思います。

 

一般には叢生は乳歯列後期(5歳半~6歳位)になると、改善してくることが多いです。

 

乳歯の正常な噛み合わせについてはこちらについて詳しく解説してあります。

 

興味がある方はこちらをご覧下さい。

 

↓ ↓ ↓

乳歯の噛み合わせはどのようなものが正常か?


 

6.交叉咬合

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 交叉咬合3歳

 

これは、上下の歯の噛み合わせが逆の状態を言います。

 

1の反対咬合との違いは、前歯だけではなく奥歯も噛み合わせが逆のものを言います。

 

前歯も3歯以下の場合はこの交叉咬合になります。

 

奥歯の場合は3歯以上でもこの交叉咬合になります。

 

3歳児では特に矯正治療を行うことは少ないですが、この交叉咬合の場合は乳歯時代でも矯正治療を行うことがあります。

 

理由は機能的(歯だけの問題)な交叉咬合でも、骨格的な交叉咬合になる場合があるからです。

 

骨格的交叉咬合では、手術を併用した矯正治療になる可能性があります。

 

その為、短期間ですが乳歯時期に矯正治療を行うこともあります。

 

ちなみに、引用先の日本小児歯科学会のこちらの交叉咬合の写真では、将来手術を併用した矯正治療になる可能性になる可能性が高いと思います。

 

理由はこの年齢で下あごが大きいこと、また上下のズレが大きいことです。

 

原則3歳児歯科健康診断でそのまま矯正治療にいたることはほとんどありません。

 

しかし、将来矯正治療が必要になる可能性があるのかないのかの最初の判断になります。

 

「経過観察」になった場合は、しっかりフォローを受けるようにして下さい。

 

YOU歯科 院長 日本矯正歯科学会認定医 石井 教生(歯学博士)

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます