江別・大麻の歯医者 YOU歯科 食後にすぐに歯を磨くと歯が溶けると言う問題の回答について
 

 

ちょっと前に、食後すぐに歯を磨くとはが溶けると言う報道がなされちょっと時間が経ってから歯を磨くのが良いと言う形で食後のすぐの歯磨きは良くないと言う情報が日本で流されました。

 

 
最初は各種メディアだったようですが、一番大きな影響があったと言われているのが2010年9月にNHK放送した情報番組である「ためしてガッテン」でしょう。
 

 

しかし、この情報は誤った情報なのですぐに訂正されて現在では、食後にすぐに歯を磨いても問題ないと言う結論になっています。

 

 

学会レベルでも「食後にすぐ歯を磨くと歯がとける」ということについて反論した学会があります。

 

 

これは日本小児歯科学会という小児歯科領域では最も大きな学会です。

 

 

この学会でも「すぐに歯を磨いても問題ない」と提言しています(日本小児歯科学会のホームページに載っています)。

 

 

何故このような報道がなされたかについてちょっと調べてみました。

 

 

そうすると「後にすぐ歯を磨くと歯がとける」と言う元になった論文をみつけました1

 

 

この論文では、スプライト ライトと言うpH2.9の酸性炭酸飲料水(日本でもコカ・コーラ社から出ているスプライトと同じような飲み物のようです)に90秒間歯を浸しています。

 

 

浸す時にも、通常のエナメル質を使用せずエナメル質の下にある象牙質を資料として使用しています(これについては後に詳しく解説をします)。

 

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯の構造

 

 

この象牙質資料を使用して10~60分後に歯磨き実験を行ったら、30分以内だと歯のすり減りが大きかったと言う結果になったようです。

 

 

象牙質を資料として使用していますし、酸蝕症(歯が酸で侵されて一番硬いエナメル質が無くなっている状態)でも検証する実験なのでしょうか?

 

 

普通の状況(エナメル質がある状態かつスプライトライトを飲んだ状態)とは異なります。

 

 

これをうけて食後に歯を磨くと歯がとけると言うのはちょっと解釈が違いますね。

 

 

医学的には食べ残しが、むし歯や歯周病の原因となる汚れ(専門用語でプラークと言います)になります。

 

 

そのため、汚れが無い状態が理想的になります。

 

 

食後すぐに歯を磨くことなどよりもっと重要なことは、この汚れ(プラーク)をなくすことです。

 

 

歯磨きする時期よりも、汚れをおとすことが重要になります。

 

 

参考文献:

1)Attin T1, Siegel S, Buchalla W, Lennon AM, Hannig C, Becker K.:Brushing abrasion of softened and remineralised dentin: an in situ study. Caries Res. 2004,38(1):62-66.

 

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます