この前の2015年10月17~19日に韓国のソウル カンナムでご開業されている尹 泳薫(ユン ヨンフン)先生にお呼ばれして「矯正治療におけるコンポジットレジンの応用」と言う題名で講演させていただきました。

本当の題名は英語で「 Application of composite resin in orthodontic treatment」と言うものです。

こちらが講演後にいただいた、サティフィケート(感謝状みたいなものですね)です。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 韓国講演 サティフィケイト

YOU歯科院長 韓国JOI(jireh Orthodontic Institute)での講演

先生は、韓国でJOI(jireh Orthodontic Institute)と言うスタディーグループを主催されていてその会の会長をされています。

何かすごそうと思われるかもしれませんが、尹先生は北海道大学 歯学部 歯科矯正学講座時代に外国人留学生として留学されていて、その時には私の兄弟子だったので仲が良かったというだけです。

しかし、韓国に戻ってからはメキメキと頭角をあらわし偉くなられました(私とは大違いです)。

現在では非常に著名な矯正歯科医となり、韓国を代表する歯科医師の一人となられたようです。

活躍ぶりは全世界におよび、アメリカのUCLAや南カリフォルニア大学でも招聘されて講演した経緯があります。

昔はお互いたいしたものではなかったので(そう思っていたのは私だけかも知れませんが)、私自身とは大分差がついてしまいました。

今回韓国で一緒に講演させて頂いたのが北大矯正科で同期だった野寺 義典先生で現在銀座アベニュー矯正歯科で院長をされています。

野寺先生も、日本の首都東京それも銀座で開業されています・・・・

さらに野寺先生は赤坂会というスタディグループでは会長もされていた事があります。

みんな、私とはかなり差がついて凄いことになっています。

私としてはどのようにしたら、そのように偉くなるのか知りたい所です。

北大の矯正科は矯正の専門医を目指す講座でした。

私自身も認定医は取得させていただきましたが、現在診療のメインは一般診療です(矯正認定医を2015年にも更新しましたが)。

韓国公演では事前にどのような人に対して講演をするかどうか不明でしたので、内容的には矯正専門医に対して、話すものとしてプレゼンを作りました。

しかし、韓国に行くとほとんどが補綴科(冠をかぶせる分門)の専門医、または一般開業医の先生が相手だったので、大分勝手が違いました。

実際にコンポジットレジンを盛っている所を動画に撮影して欲しいといわれたので、時間がありませんでしたが動画も撮影しました。

最初に撮影した動画は、ライトを使用して撮影したら明るすぎて何をやっているだか全くわかりませんでした(動画撮影に使用しているのがアイフォンだったので)。

その為、一度作成した動画を廃棄して新しい動画をもう一度撮影しました(動画に使用するものは、抜去した親知らずを使用しました。消毒にはガス滅菌器を使用して台座を石膏で作ったりと大変なんですよ・・・・これが・・・・・)。

日本に帰ってきて、アイフォンの動画撮影の話をしたら、アイフォンの写真撮影に詳しい人が露出の調整の方法を教えてくれました。

露出の調整が出来るそうなのでそれをすれば上手く撮れたのかも知れません(試していないので不明ですが)。


矯正治療とインターディシプロナリーアプローチについて

2015年10月17日に野寺先生が講演して、次の日の18日に私が講演しました。

YOU Tubeで韓国のアーティストPYSがカンナムに対するPVを発表して(カンナムスタイル)、カンナムが非常に有名になりました。

尹先生はそのカンナムで開業されているようです。

オフィスの他に、セミナールームも持っていて凄いオフィスでした。

家賃も韓国で一番高いようです。

こちらがセミナールームの様子です。

マイクを持っているのが尹 泳薫先生です。

奥にいるのが、野寺 義典先生です。

野寺先生は英語でご講演されていました。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 韓国講演 セミナールーム

 

 

 

私は次の日で日本語の通訳がつくので大丈夫と言っていましたので日本語でしましたが、後に尹先生が酔っ払って、「石井スライドは英語で作らないとだめだ!」と言われました・・・・・

野寺先生の英語から韓国語への通訳は、尹先生自身がされていました。

野寺先生の講演会が終了してこの日は懇親会を催してくれました。


そして、2015年10月18日に私が講演しました。

依頼された講演が矯正治療と一般歯科治療のコラボレーション(インターディシプリナリー アプローチと言います)についてなので、そちらに関するスライドを準備しました。

しかし、途中から一般的な虫歯治療とコンポジットレジンの内容になってしまい、スライドは用意していないし1時間の講演のはずが2時間30分もの講演時間となってしまいました。

この時、スライドが用意できていなかった理由はあります。

それは、1年位前にコンピューターを新しくしました。

NECのLavieというもので、当時世界最軽量だったので(740g)このコンピューターにしたのですが、電池の劣化が思いっきり早く、コンピューターが電源につながないと使用出来ない状態になってしまいました(普段使用しているのは、古いコンピューターを使用していました)。

電池を交換するのに3~4万かかると言われたので交換しないで使用していました(それで交換しても1年持たないのであればあまり意味が無いと思ったので)。

しかし、スペックは悪くないのでそのコンピューターを使用してプレゼンしようと思ったので他のプレゼンは入れて来ませんでした(2007年に虫歯治療について北海道口腔医療研究会と言うスタディーグループで発表したことがありますが、その時のスライドがあれば大分違ったでしょう)。

自分の所にセミナールームがあるので、1時間の講演も2時間半に出来るのですね。

講演も上手く行って(そう思っているのは私だけかも知れませんが)、野寺先生と一緒にサティフィケートをいただきました。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 サティフィケイトを持つ院長

JOIをはじめ関係各位の先生達に深謝いたします。

ありがとうございました。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます