江別・大麻の歯医者 YOU歯科 静脈内沈静法を用いた親知らずの抜歯について

親知らずを抜くときに最も痛くない方法は全身麻酔を用いた麻酔方法です。

ただし、全身麻酔を行うには、歯科の麻酔医もしくは医科の麻酔医がいる大学病院病院もしくは病院の中に入っている口腔外科で行うことになります。

この場合は入院となって(1泊程度のことが多いですが)、抜いた後にはすぐには帰れません。

そこまでと言う患者さんのために、もう少し軽い麻酔で親知らずの抜歯を行うことがあります。

この麻酔方法を静脈内鎮静法と呼びます。

1.静脈内沈静法とはどのような方法か?

この方法では全身麻酔と異なり意識がある状態です。

全身麻酔ですと意識が全くない状態で麻酔を行い抜歯を行います。

しかし、静脈内鎮静法は意識がある状態で麻酔を行い親知らずの抜歯する方法です。

ただし意識はあると言っても、かなり意識は朦朧としますし、使用する麻酔薬や麻酔薬の量に意識がある状態でも覚えてない位の状態になることもあります。

全身麻酔を使用するほどではない場合においては、非常に有用な麻酔の方法になります。

またこの静脈内鎮静法の良いところは、全身麻酔と異なり、その日のうちに帰宅出来る点にあります。

ただし車の運転などは控えた方が良いので、この辺の欠点はあります。

2.笑気ガス麻酔と静脈内鎮静法の違いについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 笑気ガス麻酔と静脈内沈静法の違い

笑気ガス麻酔は、鼻から吸うことによって麻酔効果を発揮します。

静脈内鎮静法は、点滴によって麻酔薬を体内に入れて麻酔を行う方法です。

その為、笑気ガス麻酔は麻酔を行う時に痛みは無いですが、静脈内鎮静法では点滴を行う時に針を刺す痛みを伴います。

笑気ガス麻酔は記憶が全く飛びませんし、笑気ガスの吸入を辞めればすぐに麻酔から覚醒します。

静脈内鎮静法は、笑気ガス麻酔より麻酔効果が高い為に麻酔が覚めるまでに時間がかかります。

ただし、麻酔効果としては静脈内鎮静法の高いのでいっぺんに4本親知らずを抜いたりする場合は笑気ガス麻酔よりも静脈内鎮静法を用いた方が処置は楽でしょう。

静脈内沈静法は、経口摂取制限(飲み物や食べ物について、沈静法を行う前にある程度の制限があります)があります。

笑気ガス麻酔については経口摂取制限はありません。

3.親知らずを抜く場合でもどのような場合に静脈内沈静法が適しているのか?

親知らずを抜くことに恐怖心が強い方や深い所にある親知らずを抜く場合に静脈内沈静法を利用することが多いと思います。

また、注射による局所麻酔を使用した時に気分が悪くなった方にも適しています。

ただし、すべての患者さんで静脈内沈静法が利用できる訳ではありません。

妊娠中の方、てんかんをお持ちの方は静脈内沈静法を使用できません。

また、静脈内沈静法に使用する薬剤に対してアレルギーがある方には使えません。

使用する薬剤によっても違いますが、大豆アレルギーがある場合(麻酔薬にプロフォールを使用した場合ですが)は他の薬剤を使う必要などがありますので、アレルギーなどはしっかりと申告するようにして下さい。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます