江別・大麻の歯医者 YOU歯科 銀歯にするときに何故歯を大きく削らなければいけないのか

                                      銀歯の石膏模型

 

銀歯は見た目も悪く(歯はあんな銀色してませんよね)、治療したところに銀歯が入っているというのが明らかにわかります。

 

小さいむし歯の時に使用する、白い詰め物(専門用語でこれをコンポジットレジンと呼びます)と比較すると明らかに審美性に劣ります。

 

また、コンポジットレジンと比較して、銀歯は削る量が明らかに増えてしまうという欠点もあります。

 

どうして、銀歯にすると大きく削らなければいけないのでしょうか?

 

今回はその理由について詳しく説明をしていきます。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 銀歯にする理由 1

 

1.銀歯を出し入れするためには方向がある

 

コンポジットレジンは粘土のような状態で詰めてから、光で固まらせて使って貰える材料です。

 

流し込むという作業なので、銀歯のような一定方向に出し入れするように削る必要がありません。

 

しかし銀歯は金属なので様々な方法を経てから、高温で溶かした金属を銀歯の形に流し込むという作業で作られます。

 

現代の技術ではあまり細すぎる所には金属は流れません。

 

また、調節したりするときに1つの方向から取り外しを行い調節を行はなければなりません。

 

そのためコンポジットレジンよりも大きく削らなければいけないのです。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 銀歯とコンポジットレジン

 

2.銀歯を作成するときの都合によるもの

 

銀歯を作成するためには、お口の中を型取りして(粘土のような材料で)、お口の中の状態を石膏を使った模型に置き換えてその上で銀歯をつくります。

 

この石膏模型を制作するときに、多くの場合で人間の力で制作します。

 

その場合は便宜上模型を切り離して、歯と歯が接触する部分を制作したり、歯と金属の接する部分を精密に作ったりしてあげることになります。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 石膏模型分割

                               分割した部分をとりだした写真

 

この石膏模型を切り離すときには糸ノコを使用しますので、この糸ノコを入れスペースをつくる為に歯を削ってあげなければいけません。

 

これから、コンピューター技術が進歩してこの辺もコンピューターで制作することが可能になればこのように大きく削る必要はないかもしれませんが、現時点ではこのような方法で制作されるために大きく削らなければならないのです。

 

このような理由からコンポジットレジンを詰める時よりも大きく削らなければならないのです。

 

色々なことを考えると、それなら銀歯を使用せずにコンポジットレジンを使用すれば良いとお考えになるでしょう。

 

しかし銀歯を使用するには銀歯を使用する理由があります。

 

それは強度の問題です。

 

コンポジットレジンはプラスチックに似た材料なのでどうしても強度が弱いのです。

 

銀歯は金属であるために強度が強いので大きな欠損があっても大丈夫です。

 

コンポジットレジンでは大きな歯の欠損があると直した時に歯の持ちが悪くなる場合があります(コンポジットレジンが割れたり、最悪は歯が割れることもあります)。

 

そのような場合は、やはり銀歯にしないといけません。

 

我々歯科医側も極力銀歯にしたくないのですが、銀歯にしないと歯のもちが悪い場合は銀歯にせざるをえません。

 

銀歯にすると確かに大きく削らなければいけないのですが、それにはこれらのような理由あるのです。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます