江別・大麻の歯医者 YOU歯科  親知らずを抜くか残すかの基準について

 

 

親知らずを残していい場合と抜歯する場合の基準についてお話しをしていきます。

 

 

親知らずが生えてくる時の年齢は個人差がありますが概ね20歳前後です。

 

 

この時期には親知らずが生えてくる時に、痛みを伴うことが多くので抜くのか抜かないのか歯科関係者でなければ判断がつかないと思います。

 

 

今回は比較的簡単に判定する方法についてお話しをします。

 

 

1.親知らずを抜く抜かないの基準について

 

 

はえて来た親知らずが真っ直ぐはえて、かつ反対側の顎(あご)の親知らずも真っ直ぐはえて来て上下でしっかり噛む、そして歯磨きなどで管理が出来る場合は抜く必要はありません。

 

 

最初に抜く必要のないレントゲン写真を示します。

 

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 親知らず真っ直ぐはえているレントゲン写真

 

 

このように真っ直ぐはえる場合でも、はえてくる途中では痛みを伴うことがあるので注意が必要です。

 

 

痛みや腫れが出る場合は、一般的な歯科医院では抗生剤および鎮痛剤を出して、親知らずの周りを洗ってあげる処置をして正しくはえるように導きます(YOU歯科では、半導体レーザーがあるので、歯ぐきを噛んでいなければ、ほとんどの場合でレーザー照射により痛みがなくなります)。

 

 

真っ直ぐはえてきていてもむし歯になる場合はお口の中では奥の方にあるので処置が難しくなります(歯の神経をとる処置などが)。

 

 

次のレントゲンは親知らずがむし歯になった場合です。

 

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 親知らずむし歯

 

 

むし歯になった場合は抜歯をお勧めします。

 

 

ただし例外的に根の治療をした(専門用語では根管治療と言います)大臼歯がある場合は抜歯しない方が良いです。

 

 

現在の保険制度が変わらなければ、根の治療をした大臼歯がダメになった場合(根の治療をした歯はしていない歯に比べればダメになる確率が上がります)、埋めなおす(専門用語では意図的再植と言います)ことができるからです。

 

 

写真の例では、右上の親知らずがむし歯になっていますが、他の大臼歯に根の治療をしたあとがありますので、このような場合は抜かない方が良いでしょう。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 親知らずむし歯

 

 

ただし、抜かないで治療する場合は今まで以上に歯磨きを頑張らないと直ぐにむし歯になってしまうので注意が必要です。

 

 

2.親知らずが真っ直ぐはえてきているかどうかを判断する方法

 

 

真っ直ぐはえてきているかどうかを見極める方法は、隣の第二大臼歯(一般には十二歳臼歯と呼ばれる歯です)と同じように、噛む面がしっかり見えているかどうかです。

 

 

ただし、まっすぐかどうかを判定する方法は難しいのです(少しはえてきているだけではレントゲンの撮影を必要とするからです)。

 

 

1.に載せたレントゲン写真は両方とも真っ直ぐはえてきているレントゲン写真です(むし歯がある無いは別に)。

 

 

こちらのレントゲン写真は親知らずが斜めにはえているものと真横にはえているレントゲン写真です。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 真っ直ぐにはえていない親知らずレントゲン 解説

 

この、患者さんは右下の親知らずが斜めにはいえていて、左下の親知らずは真横にはえています。

 

 

このようなはえ方をする親知らずは噛むことに参加できないので抜いた方が良いです。

 

 

ただし多くの人が、抜歯を行うことに関して非常に抵抗思っているのも事実です。

 

 

その為、どうしても「抜きたくない!」という人は抗生剤と痛み止めで抑えるのも一つの方法です。

 

 

更にレーザーがあって上手く使える歯科医院ならその場で痛みがとれることもあります(噛んでいると痛みはとれません)。

 

 

痛みや腫れる頻度にもよりますが、凄く抜くのが怖い&1年に1回位ならお薬とレーザーで抑えるのも方法の一つです。

 

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます