江別・大麻の歯医者 YOU歯科 親知らずを抜いた後の痛みについて

 

一般に、親知らずを抜くと言うと多くの人が結構怖がります。

 

しかし、実は親知らずを抜く時と、抜いた後の痛みは上あごと下あごではだいぶ差があります。

 

こちらのサイトでは

1.親知らずを抜くときの痛みと上下の顎の差について

2.親知らずを抜いた後の痛みについて

詳しく解説したサイトです。

 

実は抜く時も抜いた後も上あごと下あごでは大きな差があるので最初にそちらについて1で詳しく解説しています。

 

親知らずを抜いた後の痛みについてについてのみ詳しくお知りになりたい方は2をご覧ください。

 

1.親知らずを抜くときの痛みと上下の顎の差について

 

実は、親知らずを抜歯する時には上あごか下あごかによって抜く時の大変さが全く違います。

 

これは、我々歯科医側も抜歯される患者さんサイドも両方に当てはまります。

 

患者さんサイドには情報がないためか、あまり上下の差について知識がないようですがこれは歯科医に聞けばほぼ全ての歯科医が

 

「上あご親知らずの抜歯はそれほど大変ではないけれども、下あごの親知らずの抜歯は大変です!」

 

ということを考えると思います。

 

ただし、除く凄く深い所にある上あごの親知らずは口腔外科医でも抜歯するのが大変です。

 

ここには、血管網があるので出血させると止めるのが大変と外科のエキスパートが言っていました(そんな深い親知らずは一般開業医では抜かないので詳しくは割愛します)。

 

一般的な親知らずの抜歯は、下あごの抜歯の方が圧倒的に大変です。

 

普通にはえている親知らず(真っ直ぐ)でも上あごよりも下あごの親知らずを抜歯するのは大変です(開業医の先生で下の親知らずは抜かないという歯科医もいます)。

 

更に下あごの親知らずは方向が真っ直ぐにならないことがあります。

 

上の親知らずは横になることは、非常に稀ですが下の親知らずは横になることが沢山あります(これを水平埋伏歯と言います)。

 

こうなると、抜歯するの非常に時間がかかります。

 

一度、歯の頭(専門用語で歯冠といいます)を切って、それから歯の根の部分を取り出すことになります。

 

場合によっては下のあごの骨を削ったりする必要があります。

 

この時、振動などが体に伝わるので非常に不快のようです(何故ようですというかとの理由ですが、私は行ったことがありますが自分で受けたことがないからです)。

 

また、抜歯をする時には「音」がします。

 

「メリメリ」「ミシミシ」などです。

 

YOU歯科では上下とも親知らずを抜歯する時には、必要に応じて笑気ガス麻酔を併用して抜歯を行います。

 

笑気ガス麻酔を使用することで、痛みや抜く時の振動、音が少なく感じます。

 

全く、意識が無い状態で抜歯することも可能ですが(点滴を使用して)、その場合は口腔外科で抜歯することになると思われます。

 

2.親知らずを抜いた後の痛みについて

 

江別・大麻の歯医者,YOU歯科,バラバラにして抜いた親知らず

                        YOU歯科にて バラバラにして抜いた親知らず

1のところでは親知らずを抜く際には上あごと下あごでは大分違う事を説明しましたが、抜いた後においても上あごと下あごとでは大きな差があります。

 

1)抜いた後の自然な痛みについて

 

一般に上あごの親知らずを抜いた場合はほとんど痛みがありません。

 

私自身上あごの親知らずは500本以上抜歯していると思いますが、2日間位痛かったと言われた患者さんが1人だけです(それでも凄いショックでしたが)。

 

下あごの親知らずを抜歯した場合は、埋まっている場合でも痛み止めを10錠出したこと(YOU歯科では痛み止めは通常1回1錠で5回分です)は数えるほどしかありません。

 

下あごの親知らずも500本以上は抜歯していますが、痛いと言われるのは2~3日位でしょうか?

 

ただし、私は右下の親知らずを学生時代に抜歯していますが(上手と言われる先生に抜歯してもらいましたが)、1週間以上痛かったです(10日目くらいから痛みがひきました)。

 

真っ直ぐはえている親知らずで、1週間は一日2~3回は痛み止めを飲んだ記憶があるので絶対痛いと思うのですが、私自身が抜歯した場合は長くても3日間位です(私よりも私の親知らずを抜歯してくれた先生の方が抜歯は専門医なので上手だとおもいますが)。

 

2)抜いた後の問題が起こった痛みについて

 

上の親知らずでも下の親知らずでも痛くなる原因が他にもあります。

 

これは、ドライソケットと呼ばれる何らかの原因で私がうまく抜いたところにとどまらず、骨が露出した状態になってしまうものです。

 

ちなみに、私は開業してから20年ぐらいになりますが、一度もこのドライソケットにした事はありません。

 

医局員時代に仕事に行っていた歯科医院では他の先生が抜いた部分がこのドライソケットになっていたのを経験したことがあります(このドライソケットになる原因がよくわかっていないので私もドライソケットにさせてしまう可能性はゼロでは無いのですが)。

 

このドライソケットになってしまった場合は2~3週間痛みが出ます。

 

通常は抜いてもらった歯科医院で対処できる病気なので抜いてもらった歯科医院に相談するのが良いでしょう。

 

一般的な治療は、抗生剤軟膏を抜歯した部分に塗って安静にしておくことです。

 

その他の抜いた後の問題がある痛みとしては、感染による痛みもあります。

 

ただし、抗生剤等を適切に飲んでいれば術後感染する可能性は非常に少なくなりますので指示された抗生剤はしっかり飲むようにしましょう(全身的問題や体力が落ちている場合を除いて)。

 

後出血による痛みについて。深いところの親知らずを抜いた場合などは、出血しやすいことが多く注意が必要です。

 

後出血は運動や飲酒もしくは入浴等にもよって生じることがあるので、これらの行為は控えるようにしましょう。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます