江別・大麻の歯医者 YOU歯科 江別・大麻の歯医者,YOU歯科,親知らずを抜いたあとに生じる痛む時間と腫れについて

 

こちらのサイトで何度も親知らずの事について触れていますが、今回は

 

1.親知らずを抜いたときの痛む時間について

 

2.親知らずを抜いたときの腫れについて

 

詳しく解説したサイトです。

 

親知らずを抜くといっても、上あごと下あごとでは抜歯する時の大変さと術後の痛みについて大きな差があります。

 

それについて詳しく説明した記事がありますので興味がある方はそちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

親知らずを抜いた後の痛みについて

1.親知らずを抜いたときの痛む時間について

 

親知らずを抜いた後に最も痛む可能性があるのは麻酔が切れる時です。

 

このとき、麻酔が切れて知覚が戻ってくる時に痛みが出ることが多くあります。

 

そのため、YOU歯科では痛みに敏感な人は処置が終了した後に痛み止めを飲んでもらうことがあります(お薬が嫌いな人もしくは痛みに強いと言う人には無理には進めていません)。

 

下顎の親知らずを抜いた場合は、通常抜いた日が1番痛く、日にちが経過するに従い痛みが楽になることが多いです(通常は次の日位までが痛みのピークです)。

 

ただし、抜歯後に感染した場合やドライソケットと言う状態になったときは痛みが継続することがありますのでその場合は抜いてもらった歯科医院に相談するのが良いでしょう。

 

ドライソケットについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

抜歯したあとに起こるドライソケットについて

2.親知らずを抜いたときの腫れについて

 

一般に、上の親知らずはよほど深くない限り晴れる事は少ないですが、下の親知らずに関しては抜歯をした後に腫れることが結構あります。

 

ひどい場合は、日常生活にも影響が出ることがありますので親知らずを行く時は、試験やその他の行事がない時に計画的に行くことをお勧めします。

 

1のところで親知らずを抜いた後の痛みの時間について詳しくお話しをしましたが、親知らずを抜いた後の腫れについては、痛みと少しズレがあります。

 

親知らずを抜いた後の痛みのピークは抜いた日とその次の日ですが、腫れは2日から3日後位がピークになります。

 

そのため、痛みがひいてきて楽になってきているのに、腫れてきたて悪くなっているのでは?と考える人もいると思うのです。

 

しかし、それは正常な反応なので2~3日過ぎても腫れがひかないなどの場合を除いてそんなに心配することはありません。

 

通常、深い親知らずを抜歯した時には当院では説明しますが説明されなかった場合は痛みと腫れにタイムラグ(時間差)があることを理解して下さい。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます