以前のブログで親知らずの痛みについてお話をさせていただきました。

 ↓ ↓ ↓

親知らずの痛みについて

今回はYOU歯科において親知らずの痛みをとる方法についてお話をさせていただきます。

一番確実なのが、抜歯という治療ですが、抜歯が怖いという患者さんがいらっしゃいます。

確かに、抜歯する時に全く痛くなくというのは難しいのです(全身麻酔などを行うなどを除けば)。

一般的な歯科医院においては、患部の洗浄と抗生剤および鎮痛剤の投与というのが一般的ですが、YOU歯科においては一時的に痛みを取る方法があります。

それは、歯科用半導体レーザーを使用する方法です。

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 半導体レーザー

この、歯科用半導体レーザーを高出力で照射することによって、一時的に痛みを取ることができます。

多くの患者さんで、その場で痛みがとれます。

しかし、直接原因にアプローチする訳ではないので(この場合は原因となっている親知らずの抜歯)、また痛みが繰り返される可能性が高いです。

その為、腫れや痛みが落ち着いたら、親知らずを抜歯する事をおすすめします。

ただし、ここでも実際に来院して貰った患者さんにも説明するのですが、痛みの頻度が数年に一度しかない患者さんは、親知らずを抜くのが怖いようでしたら、抗生剤と鎮痛剤そしてレーザーでその都度対処するというのもひとつの方法です(体にはあまり良くないと思いますが・・・・どうしても抜くのが怖いと言われる患者さんがいますので)。

確かに、上あごの親知らずと下あごの親知らずでは抜歯の時の痛みと、抜いた後の痛みは非常に差がありあます。

上下の親知らずの抜歯についての差はこちらのブログに書いてありますので興味がある方はこちらのブログをご覧下さい。

しかし、親知らずは一度抜くとタケノコのようにまたはえて来るということはありませんから、学生時代やお時間がある時に抜歯する事をお勧めします。

痛くなってその時に抜くというのは、麻酔が効きにくいですし非常に腫れる原因となりますから・・・・・

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます