江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用のインプラントを併用した矯正治療について

 

一般に歯科用のインプラントは、歯が無い部分に使用して無くなった歯の代わりをしてもらうことを目的に使用するものです(保険で入れ歯があります)。

 

しかし、入れ歯が使用できない方(違和感などで)のため、その代用がインプラントでした。

 

しかし、矯正用のインプラントというのがあります。

 

これは矯正治療中に歯を動かすことを目的に使用するインプラントで、矯正治療が終了した後には撤去するインプラントを指します(通常の歯科用インプラントは生きている限り使用することを目的としていますが)。

 

歯科用のインプラントと矯正用のインプラントでは目的が大きく違うのです。

 

この矯正をインプラントが出てきたことで、かなり矯正治療の範囲が広がりました。

 

この矯正用インプラントが出てくる前は外科的な処置を併用しなければ治らなかった症例や、ヘッドギアを使用しないと治らなかった症例などもこの矯正病院プラントで治すことが可能です。

 

ヘッドギアーは日常使用するものなので、これを使用するのは大変ですが外科的な処置を行わなければならないものが矯正用インプラントで治療できるのは患者さんサイドにとって大きな福音なのではないでしょうか?

 

私は、プレートタイプのインプラントを使用しているので北海道大学にインプラント処置をお願いしていますが。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラント

 

ネジタイプのインプラントを自分で使用したことがありますが、私がおこなうと脱落してしまうので辞めました。

 

ネジタイプのインプラントは局所麻酔(普通の歯を抜くような麻酔)で処置が可能です。

 

プレートタイプのインプラントは、静脈内沈静法という日帰りの麻酔方法&処置もその日でおしまいです。

 

しかし、外科的な矯正治療を行った場合は、あごを上下2週間程度しばって流動食です(あごを人工的に骨折させて位置を変えるので)。

 

外科的な矯正治療を行った場合は、通常の保険が適応されるので金額的には負担が少なくなりますが、多くの患者さんで外科手術に拒否反応を示す方が多いと思います。

 

私自身もそのような立場になった場合は極力やりたくありませんね・・・・・

 

ただし、外科的な処置を行うと顔の形が大きく変わるなどのメリットもありますが。

 

矯正用のインプラントを使用した矯正治療の場合は外科的な矯正治療を併用したものとことなり顔の形までは変えることができません。

 

ただし、噛み合わせは綺麗につくれますので、それが大きなメリットです。

 

そのため、昔は不可能だったような矯正治療が可能になることになりました。

 

矯正用インプラント治療のデメリットとしてはインプラントに関する料金がかかること、またインプラントに対する手術を受けなければならないことです(それでも外科的な矯正治療を行うことを思えば大分軽度な手術ですが)。

 

昔ヘッドギアを使用していて、途中で矯正をインプラントに変えた患者さんがいます。

 

この患者さんは私が「矯正用インプラントとヘッドギアーどちらが楽でしたか?」という質問をした時に「手術をしたとしても圧倒的にインプラントをした矯正治療の方が楽でした」と答えてくれました。

 

YOU歯科 院長 日本矯正歯科学会認定医 石井 教生(歯学博士)

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます