一般に、歯並びの治療である矯正治療は保険が効かないと言うことを皆さんお考えでしょう。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正治療と医療控除

YOU歯科で使用している矯正用器具の一つであるOrmco社のブラケット

保険診療でできる矯正治療もあるのですが、適用は一部に限られてしまいます。

それは、生まれつき病気がある人や矯正治療だけで噛み合わせを作ることができず顎の骨を切る手術を行う人に限っては保険治療が適用になります。

しかしここで、お子さんの矯正は医療控除が適用されて一部税金が帰ってくる方がほとんどでしょう。

ここから説明するのは、サラリーマンの方です。

自営業者の方は税理士さんとご相談下さい。

法律学的には同一生計にある家族と言う書き方をしています。

わかりづらいですが、生活費を払っている子供まで生含めた自分の子さんが医療控除の適用になります。

これは、1月1日から12月31 1日までの1年ごとに区切られて所得控除を受けることができるというものです。

この期間に20万円以上医療費を支払った場合に医療控除が適用されます(200万円まで、また所得によっては受けられない場合もありますので、お近くの税務署までお問い合わせ下さい)。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 医療控除を受ける為に

子供はこのような医療控除の対象にはなりますが大人はどうなの?という質問を受けます。

見た目だけである審美目的の矯正治療は医療控除の対象外ですが、咀嚼障害という噛む事が問題と診断できた場合は医療控除の対象になりますので、適応になるかどうかは診断してみないと判断がつかないので、適応かどうかを判断するには見せて頂ければOKなのでご相談下さい。

咀嚼障害という審美以外(見た目以外にも噛む事に問題がある)という歯科医師による診断書の提出があれば成人矯正治療においても医療控除の対象となります。

これらの医療控除の制度をご存知ない方もいらっしゃいますが、5年間申告の猶予がありますので、1年単位ではありますが5年以内ならこの医療控除を受けれますので知らなかった人も5年の期間にさかのぼって、申告が可能です(ですので矯正治療にかかわる医療機関の領収書は捨てないで下さい)。

また、通院にかかった交通費も控除の対象となります。

この場合は公共の交通機関を利用しないと控除になりにくいです(自家用車だと税務署で使用用途が不明瞭と言われることが多いようです)。

詳しい事をお知りになりたい方は、最寄の税務署にお尋ね下さい。

「矯正治療の医療控除に関することなんですが、担当の方はいらっしゃいますか?」というように聞けば丁寧に教えてくれます。

ただし申告するには期間があります。

一年中受け付けてくれている訳ではありませんので、その期間についても注意して下さい。

受付期間は2月16日から3月15日になります。

サラリーマンの方の為に医療控除を申請する時に必要な書類を以下に書いておきます。

○医療機関からの矯正治療にかかった領収書や医療機関までの交通費に対する領収書

○原本の源泉徴収票(コピーでは不可のようです)

○印鑑

○帰ってくるお金を振り込みしてもらう預金通帳(本人であれば番号だけでも良いようです)

もし最初の『医療機関からの矯正治療にかかった領収書』がローンで支払ったならば領収書が存在しません。

その場合でもローンの契約書があるはずなのでそのコピーを提出するようにすれば大丈夫なようです。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます