江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正治療が終わった後で使用する装置(保定装置)

 

一般的に、成人の矯正治療ではマルチブラケット装置と言う矯正装置を使用します。

 

このマルチブラケット装置を使用している期間は動的治療と呼ばれ、通院期間は通常は1ヶ月に1回(YOU歯科においては治療期間短縮のため3週間)です。

 

そして、動的治療が終了し歯並びが綺麗な状態になった後で、その綺麗な状態を保つ治療が重要になります。

 

その治療を保定といいます。

 

矯正治療というのは、治療が終了した後加齢と後戻りの闘いです。

 

矯正医は加齢に関してはあまり重きを置いていません

 

理由は歯周病などを診る機会がないからです。

 

矯正医は、矯正治療のみを担当することが多いので加齢に関する知識が欠如しているので本来はこちらにも注意を払った方が良いです。

 

矯正によって作り上げた綺麗な状態を保つためには、保定が重要で保定を行う装置を保定装置と呼びます。

 

保定装置には、一般に固定式(取り外しが出来ないもの)と可徹式(取り外しが出来るもの)の2種類があります。

 

それぞれ、利点欠点があって状況によって使いわけることが多いです。

 

まず、可徹式ですが利点は以下のとおりです。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 リテーナー写真

                           YOU歯科で使用している可撤式保定装置

 

1.取り外しができるので清掃しやすい

 

2.取り外せば何もつけていない状態になるので生理的

 

3.装置が壊れた時に分かりやすい(取り外して確認できるので)

 

4.固定式の保定装置と異なり歯の表面を酸処理しなくて良い

 

欠点

 

1.裏(上あごや下あごの)に床があるので違和感が強いと言われることがある

 

2.1と同様に床があるので発音しにくいと言われる

 

固定式保定装置の利点について

 

1.違和感が少ないと言われることが多いです(上あごの場合ですが)。

 

2.外れなければ後戻りしにくい。

 

欠点

 

1.歯を再び酸処理(くっつき易くする為)しなければいけない。

 

2.取り外しが出来ないので生理的(生体本来に近い形)な状態ではない。

 

3.外れた時に分かりにくい時がある

 

4.清掃がしにくい

5.乱暴にあつかうと取れてしまう

 

特に前歯を連続して固定してしまうと顎の動きが変ってしまうと言う報告もあります(私が出ている補綴の勉強会で指摘されたことがあります。専門用語でアンテリアガイダンスが働かなくなると言われました。前歯を連結することで)。

 

YOU歯科では圧倒的に可撤式保定装置をおすすめしますが、発音などの状況によっては固定式保定装置を使用することもあります。

 

YOU科 院長 日本矯正歯科学会認定医 石井 教生(歯学博士)

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます