江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正に使用するインプラントに金属アレルギーはあるのか?危険性は?

 

矯正治療に使用するインプラントは通常の歯の無い部分に使用するインプラントと異なり、治療が終わると取り除くインプラントになります。

インプラントに使用する金属は両者ともチタンという金属を使用します。

昔はチタンには金属アレルギーはないと言われていました。

しかし、最近はチタンに対してもアレルギーがある人がいるので注意が必要です。

歯の無い部分に使用するインプラント(以下補綴で使用するインプラントとします)と異なり危険性が無い訳ではありませんが、全くない訳ではありません。

しかし、危険性はかなり低いです。

矯正に使用するインプラントと補綴のインプラントの違いについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 補綴用インプラントと矯正用インプラント

 

歯科で使用するインプラントには補綴で使用するインプラント(歯が無い部分に歯の代わりに使用するインプラント)と矯正で使用するインプラントの2つに分けることができます。

一般に歯科で使用するインプラントは補綴で使用するインプラントを指します。

矯正で使用するインプラントは矯正治療の時のみに使用するもので特殊な用途になります。

矯正用インプラントの場合は矯正治療が終了した後には、取り除く事を前提にして行うインプラントなので、この様な補綴のインプラントとは異なります。

補綴のインプラントは取り外すことを前提にしていません。

補綴のインプラントは骨と結合する事を目的にして埋め込まれ可能であれば一生使うことになります。

補綴のインプラントとは

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 補綴用インプラント

 

歯が無い部分に歯の代わりとして使用するもので、現在は上の図に示す形になっています。

メーカーややり方によって色々な方法がありますが、目的は歯の無い部分にインプラントを入れて機能回復をはかる目的で使用されます。

通常の補綴のインプラントは、歯肉の下に入れる部分と歯肉の上に出る部分の2つの部分で構造が異なります(図でもそのようになっています)。

予算の関係上歯の部分に金属を使用すると、上の歯の部分はチタン製ではない金属を使用することが多くなり金属アレルギーが出ることがあります(チタンは加工が難しい為)。

歯科で使う金属にアレルギーがある人に対してはオールセラミックを使用したり工夫が必要になります。

矯正治療に使用するインプラントとは

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラントについて

矯正治療の手助けをする為に使用するインプラントです。

矯正治療を行うのに何故インプラントが必要と思うかも知れませんが、矯正用のインプラントは矯正診断を変えるほどのインパクトを矯正歯科界に与えました。

矯正用インプラントを使用しないと、抜歯しなければいけなかった人や、手術を行わなければ噛み合わせを作れなかった人、夜寝ている間にお口の外に着ける矯正装置(ヘッドギアーなど)を使用しなければいけなかった人などでも矯正治療が可能になりました。

矯正用のインプラントは矯正治療にとって非常に有効なものなのです。

矯正治療で使用するインプラントでプレートタイプのインプラントについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラントプレートタイプ

プレートタイプの矯正をインプラントは、補綴のインプラントと異なり、固定を行うのはプレートを止めるネジの部分になります。

このプレートタイプのインプラントもチタン製です(その為、チタンにアレルギーがある人には使用することができません)。

そして、取り外すときはそのネジの部分を回して簡単に取り外せるような設計になっています。

そのため、インプラントの本体部分は補綴のインプラントと異なり、骨とくっつかない設計になっています。

また、矯正治療を行う人は歯がある人なので血管や神経などを傷つける可能性が少ないので、補綴のインプラントほど重篤な合併症は発生しません。

矯正治療で使用するインプラントでミニインプラントについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラントアンカースクリュー

もう一つの矯正治療の方に使用するインプラントとしてミニインプラントがあります。

別名アンカースクリューとも言います。

このミニインプラントの素材もチタン製ですので、チタンに金属アレルギーがある人には使用できません。

これは、チタン製のネジのような構造をしたインプラントで、先ほど説明したプレート型インプラントよりも取れやすい傾向にあります。

ただし、インプラントの手術が簡単です。

ミニインプラントは矯正歯科医でも打つことが可能なために、多くの矯正歯科医が導入しています(私も何度か打ったことがありますか、何故か私が打つととれてしまうためにあまり行わなくなりましたが)。

私自身は口腔外科の専門医に打ってもらっても脱落した経験があります。

外すのも打つのも非常に簡単なインプラントになります。

矯正治療に使用するインプラントの3つの目的

①歯を前後に動かす時に使用する矯正用インプラント

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラント前後の動き

 

歯を前に持ってきたり、後ろに送ったりする時に使用します(図では分かり易いように前歯を後ろに持ってきているのに使用している図です)。

一般に矯正治療では上あごの奥歯を前に持ってくるのは簡単で、下顎の奥歯を前に持ってくるのは非常に困難になります。

逆に言うと上あごの前歯を後ろ側に動かす時に、奥歯が前に来やすかった為にヘッドギアーなどのお口の外に支点(固定源)をおく装置を使用しなければいけませんでした。

しかし、矯正用インプラントを用いる事でこのような装置を使用しなくても矯正治療ができるようになりました。

私自身もこのヘッドギアーの後に矯正用インプラントを使用した患者さんが、何人かいますが(仕事をしている方でヘッドギアーの時間をつける時間が無かった人)一人を除いて矯正用インプラントを用いた方が治療が楽だったと言っています(一人の方手術が怖かったようです)。

矯正用インプラントを使用することによってこの困難な動きを簡単に行えるようになりました。

②歯を上下に動かす時に使用する矯正用インプラント

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラント前後の動き

 

噛み合わせを作る時に重要な要素として、噛み合わせの深さがあります。

我々はこれを専門用語でオーバーバイトと呼びます。

噛み合わせに問題がある(矯正治療が必要な人)噛み方として、「開咬」と呼ばれる噛み合わせがあります(オーバーバイトがマイナスの状態を言います)。

この場合の治療法としては、奥歯を歯肉側に動かす(専門用語で圧下といいます)ことでこの噛み合わせを改善することが可能です。

この時に有効なのが矯正治療に使用するインプラントです。

図では奥歯を上にあげる(圧下する)ように使用しています。

以前は奥歯を歯肉側に動かすことは大変でした(あまり装置がなかったのですが)。

この矯正用インプラントが登場することで奥歯を歯肉側に動かすことがたやすくなりました。

先ほども説明しましたが、奥歯を噛み合わせても前歯に隙間がある状態を「開咬」と呼びますが、程度が大きければ手術を併用した矯正治療が必要でした。

しかし、「開咬」でも噛み合わせを作るだけならば矯正用インプラントを使用することで手術を併用しなくても可能となりました。

「開咬」でも顔の形に不満がある人に関してはやはり手術を併用した、矯正治療を行うのが良いでしょう。

③歯の傾きを変える矯正用インプラント

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラント傾斜

 

本来歯は真っ直ぐな状態で機能するように生体は出来ていますので、まず歯の寿命が短くなってしまいます。

図では、歯が無くなってしまい、奥歯が傾いた状態に対して矯正用インプラントを使用して正常な傾きに持っていっている状態を示しています。

このように歯が傾いた状態では歯にものを被せたりすること(補綴すること)が困難になります。

特に、歯を抜歯した後にそのままの状態を放置する図のように歯が傾いてしまうと、歯の角度を正常な状態に近づけないと補綴治療(冠を被せたりする治療)はできません。

一般に歯を動かす時には、歯を動かす方とてこで言う支点になる部分(固定源)の両方に力がかかります。

歯を動かす部分は、歯に力を加えないと動かないのですが支点になる部分の歯の場合は歯が意図しない方向に動いてしまうことがあります(反作用のためです)。

これを防止する為に使用するのが矯正治療に使用するインプラントになります。

一般開業医の先生でもミニインプラントを使用して、歯の傾きを変える事を行っています。

補綴のインプラントの危険性と合併症について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 補綴用インプラントのトラブル

 

補綴で使用するインプラントは、矯正で使用するインプラントと異なり、インプラントを埋める位置の近くに太い動脈や神経が走っていることがあり、場合によっては非常に重篤な合併症を起こすことがあります。

海外においても日本においてもインプラントの手術による死亡例が報告されています(出血によるもの)。

死亡には至らなくても大量出血や神経麻痺も起こることがあります。

そのため、現在ではCTを用いた術前診査を行ったりしていますが、それでも合併症は起こってしまうことがあります。

補綴のインプラントで骨が無くなってしまうと、インプラントを行う場合は骨を作ってあげたり(骨造成)しなければいけない事もありこれもトラブルの原因になります(傷口が開いてしまったり、神経を損傷する可能性が上がってしまったり)。

骨造成を行う場合は、インプラントの前に一度手術をしなければいけない事もある為に患者さんサイドの負担が大きくなってしまいます。

矯正治療に使用するインプラントの危険性と合併症について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラントの合併症

 

 

矯正用インプラントでは補綴のインプラントと異なり重篤な合併症起こす危険性は少なくなります。

矯正用インプラントにおける合併症としては、感染と脱落になります。

感染が起こって困る事は、腫れる事と痛みが出る事です(更に重度になると脱落が起きます)。

感染が起こった場合でも、抗生剤の服用と洗浄で概ね改善することが多いのです。

それでも問題がある場合はインプラントを一度除去することもあります。

また、ミニインプラントでよく起こりますが矯正治療でインプラントと歯を縛ったりするときに脱落してしまうこともあります(私も体験しています)。

ミニインプラントを場合は打つ場合は、位置が浅いために歯の根を損傷してしまうことがありますが、骨と歯の硬さが違うために途中で気づくと思います(私も一度歯の根に当たり直ぐに戻したので別に問題は起きませんでした)。

歯と歯の間が狭い時にこの様に歯の根に当たることがあります。

矯正治療に使用するインプラントの金属アレルギーについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 矯正用インプラントの金属アレルギーについて

 

矯正治療で使用されるインプラントでも、チタンを使用しています。

非常に稀ですが、金属アレルギーが起こってしまうことがあります。

しかし、矯正治療で使用するインプラントよりも問題なのは通常の矯正治療で使用するブラケットとワイヤーなどに金属アレルギーが出やすい金属が使用されていることです。

矯正用のブラケットに関しては、表側につけるブラケットでは金属を使用しないブラケットもあります(裏側では全て金属になります)。

しかし、ワイヤーは原則として金属を使用します(金属を使用しない矯正用ワイヤーも実験レベルでは出て来ていますが、まだ実用段階ではありません)。

矯正治療では最も使用するワイヤーの一つとしてニッケル・チタンワイヤーがあります。

ニッケルに関しては、アレルギーが出やすい金属の一つになっています。

歯科用インプラントのみならず人工関節にもチタンが使用される

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 人工関節もチタンを使用している

 

近年寿命の長寿化に伴い股関節の問題が出てくる人がいます。

股関節に問題がある場合は、人工関節を使用して生活の質を上げるように手術を行う場合があります。

歯科用インプラントと同様に人工関節においても同様にチタンが使用されます。

このような大掛かりな人工関節の手術をした後に、チタンにアレルギーを示す人もいます。

参考文献:https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai/65/3/65_443/_pdf(人工膝関節全置換術後に金属アレルギーを発症した1例)

このような場合は実質人工関節を取り除くことはできません。

人工関節ではアレルギーが出た場合は、お薬を使用(ステロイドなど)して対処する方法になります。

歯科用インプラントで金属アレルギーが出た場合は、症状が改善しない時にはインプラントを取り除く手術を行います。

歯科用インプラントでも、インプラントが成功すれば骨のくっついているので取り除くのが大変です。

参考文献:http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/bitstream/10130/806/1/104_491.pdf(金属アレルギーにおけるインプラント除去の1症例)

これは学術論文ではありませんが「臨床報告」という実際に診療して、この様な方に遭遇して実際にこのように対処したというものです(雑誌なので一定の投稿基準を満たさないと出せないものです)。

歯科用インプラントを取り除いたら問題が無くなったようです。

矯正に使用するインプラントと補綴のインプラントに共通する金属アレルギーについて

チタンでも非常に稀ですが、金属アレルギーが存在します。

チタン合金に金属アレルギーがある人は病気をした時には、生活の質が下がってしまう可能性が高いです。

一般的な金属アレルギーとはどのようなものか?

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 一般的な金属アレルギー

 

一般的な金属アレルギーは、接触性皮膚炎と呼ばれるものが多いと言われています。

これは、金属アレルギーがある金属に触れた部分(厳密にはイオン化した金属が原因です)が直接炎症が起こるアレルギーになります。

金属が触れた部分に赤みやかゆみが出るのが特徴的です。

歯科で使用する金属アレルギーはどのようなものか?

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 全身性皮膚炎について

 

歯科で使用する金属が原因で生じるアレルギーは「全身性金属皮膚炎」と呼ばれるもので、歯科で使用する金属がお口の中の粘膜もしくは消化管を経由して全身の症状がでるアレルギーになります。

症状としては掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と呼ばれる手や足に膿が出るものと、汗疱状湿疹 (かんぽうじょうしっしん)と呼ばれる手や足に水ぶくれが出来るもの、増悪(ぞうあく)と呼ばれる呼吸困難などの症状が悪化してしまい、通常の治療では改善しない場合もあるので、治療方法を変更する必要がある状態などがあります。

歯科で使用する金属には金属アレルギーを起こしやすい成分があります。

健康保険が適応になる金属で最も多く使用されているものは「金銀パラジウム合金」と呼ばれるもので銀が50%前後ですが、パラジウムという金属が12%程度使用されています。

銀でも、アレルギーを起こす人がいますがパラジウムという金属が金属アレルギーを引きおこす原因になる金属でもあります。

矯正治療で使用する金属でも金属アレルギーが生じる

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 金属を使用しないマウスピース矯正

 

 

矯正治療では先ほど説明した、ニッケルの他にもコバルトやクロームと言った金属アレルギーを発生しやすい成分が矯正装置に含まれていることがあります。

成人の矯正装置にはマルチブラケット装置という装置を使用することが多いです。

このマルチブラケット装置では前歯と犬歯、そして奥歯と呼ばれる小臼歯と呼ばれる部分には金属を使用しないブラケットが存在しますが、大臼歯と呼ばれる奥歯に関しては金属製のブラケット(我々矯正歯科医はこれをチューブと呼びます)しか存在しないために注意が必要になります。

その為、マルチブラケット装置を使用する治療ではカスタマイズ(小臼歯のブラケットを大臼歯に使用するなどの)を行う特殊な治療を行わなければなりません。

そのため、最近ではマルチブラケット装置を使用しない矯正方法であるマウスピース矯正が出て来ています。

ただし、マウスピース矯正は全ての症例に使用できる訳ではないので注意が必要です。

専門的な話ですが、マウスピース矯正は外科を併用した矯正治療などには使用できません。

マウスピース矯正では正確な噛み合わせを作ることが難しい為です。

また、症例に応じてはマウスピース矯正を行うことが出来ない場合もあるので注意が必要です。

 

まとめ

矯正用のインプラントにも金属アレルギーが生じる可能性はありますが、低いです。

矯正治療の場合は金属を多用するので(コバルトなどの金属アレルギーが出やすい金属)、そちらのアレルギーの方が可能性が高いです。

矯正用インプラントの合併症としては、感染と脱落が最も多いものですが、補綴用のインプラントと異なり重篤な合併症はありません。