江別・大麻の歯医者 YOU歯科 笑気ガス禁忌症

今まで、笑気治療について沢山お話をしてきましたが、今回は禁忌症(使ってはいけないと症例)についてお話をします。

 

禁忌症には、相対的禁忌症(ここでは使っても意味がないものと定義します)と絶対的禁忌症(ここでは使うと体に問題が出る症例)があります。

 

こちらのサイトでは

1.笑気ガス麻酔の相対的禁忌症について

2.笑気ガス麻酔の絶対的禁忌症について

2つに分けて詳しい説明をしています

 

1.笑気ガス麻酔の相対的禁忌症について

 

相対的禁忌症とは先ほど使っても意味がない場合と定義しましたが、これは使用しても笑気ガス麻酔の効果が期待できない患者さんを言います。

 

これは、歯科麻酔の教科書的に言われているのが、鼻が詰まっている患者さんです。

 

その他にも言葉が通じない患者さんや非協力的な患者さんも教科書的には禁忌症になっていますが、YOU歯科では言葉が通じない小さいお子さんの患者さんにはお母さんに抱いて貰って、かつお母さんに笑気ガス麻酔の鼻マスクを持って貰って使用することもあるので私自身は禁忌症とは考えていません(一般的にはそうなのかも知れませんが・・・・・)。

 

歯科では、鼻から吸って貰ってお口の中を治療するので(医科ではお口から吸って貰うことが可能ですが)、鼻呼吸ができないと笑気ガスを吸って貰えないので麻酔効果が発揮できません。

 

この場合は、笑気を使うことによって体に害がある訳ではなくただ単に吸っているのに効かないというだけで実害はありません。

 

お金と時間の無駄ですが・・・

 

その為、ここでは使用したからといって大きな問題になることはありません。

 

しかし、絶対的禁忌症といって笑気ガス麻酔を使うと体に害が出てしまう場合がありますのでこれについては次のチャプターで詳しく説明をします

 

2.笑気ガス麻酔の絶対的禁忌症について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 笑気ガス麻酔吸入

 

1)網膜剥離の手術をした方

これは、眼の手術を受けて眼にガスを注入した方です(網膜はく離)

 

これについては、別のブログで詳しくお話しています。

↓ ↓ ↓

歯科治療で笑気ガス麻酔を使用する際に、最も注意する網膜はく離手術について

興味がある方はご覧下さい。

この眼の中のガスが笑気ガスに置換されてしまうと失明してしまった方が報告されています。

その為、この様な方は失明の恐れがあるので絶対的禁忌症です。

2)体に閉鎖腔がある方

これは何を言っているか

その他には、肺気腫を患ったことがある方もここに笑気が溜まって排出されない可能性があるので使用してはいけない絶対的禁忌症となります。

笑気を使用するにあたり、その様な既往(過去に病気になったりしたことがないかどうか)を問診表などで確認しています。

その為、問診表は出来るだけ詳しく記入して貰わないといけませんので、これを読んでいる方は出来るだけ詳しく問診表を書くようにして下さい。

また、笑気治療を受けるにあたって上記の禁忌症についてはちゃんと理解するようにして治療を受けるようにして下さい。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます