全ての医療において、最も重要なことは病気にならないことです。

 

江別・大麻の歯医者,YOU歯科 歯ブラシの重要性

 

 

歯科においては、歯の喪失の2大原因が歯周病虫歯です。

この両者を防ぐのが日ごろの歯ブラシです。

歯ブラシには沢山の種類があり、歯磨き粉も無数にあります。

患者さんから、「CMでやっている歯槽膿漏(筆者注:現在は歯周病に統一されています)に効く歯磨き粉を使用しているのになんで治らないの?」と言う質問を受けることがあります。

これは歯科医の大多数は「あのようなCMは売る為に過剰に演出しているので信用しない方が良いです」と答えるはずです。

そうじゃなければ、全世界の歯科大学に歯周病科が存在している訳はありません。

正しい歯磨きの方法は、歯磨き粉はあまり多く使用しないで(歯周病専門医の方で全く使用しないで下さいと言う先生もいます)歯磨きをすることが望ましいです。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯ブラシ写真

 

 

着色などがついてしまうので、私個人としては歯磨き粉を使用していますし、患者さんにも少量の歯磨き粉は使って下さいとしています(ただし、大量に使用するのはいけません。あまり磨けていないのに磨いた感じになってしまうからです)。

歯ブラシが上手に出来ていれば、虫歯歯周病になる確率はほとんど0になります(ほとんど0としたのは極度に噛みしめたりする癖がある人は、上手に歯ブラシができていても虫歯歯周病になる可能性があるからです)。

歯周病になる人は、歯周病になってしまった、生活習慣歯ブラシの仕方なのです。

歯周病を治す為にも、日々の歯ブラシが最も重要です。

全く、歯ブラシをしないでも良い方法が二つあります。

食べ物を野生動物の様に加熱していないものか、噛み切るのが大変なもので甘いものや柔らかいものは食べないようにするのが一つ(患者さんから、野生動物は歯を磨かないのに虫歯にならないのは何故?と聞かれたことがあったので、上記の様に答えました)。

もう一つは毎日歯科医院に来て貰って徹底的にクリーニングを行うことです。

さすがにこの二つは現実的ではないでしょうから、日々の歯ブラシを頑張ってもらうしか方法はありません。

結局、人は食べ物を柔らかくかつ食べやすいものを摂取するようになってしまったので、歯ブラシの呪縛から離れることは出来なくなってしまったのですね。

ですから、虫歯歯周病歯を失いたくなければ頑張って歯ブラシしてお口の中を清潔に保つしかないのが現状なのです。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます