江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯科での諸悪の根源「プラーク」とは?

 

歯科において患者さんと私たち歯科医師の天敵である「プラーク」について詳しく説明していきます。

 

プラークとは、食後&歯ブラシの後に残ったものがお口の中にある菌によって浸食され生成されるもので、ばい菌(細菌)の塊です。

 

プラークとは日本語では「歯垢(しこう)」とも呼ばれます。

 

報告によって細菌の数は異なりますが、1mgで1億個(1gではないですよ)もの数が存在する(残りは細菌の代謝物など)非常に厄介な存在です。

 

プラークには、300種類の細菌が存在すると言われていて初期のプラークと、時間がたったプラークでは細菌の種類が異なると言われています。

 

歯を無くす原因の2大要素であるむし歯や歯周病はこのプラークが原因で引き起こされます。

 

また、口臭の原因にもなると言われています。

 

全身的にも様々な影響を言われています。

 

心筋梗塞をはじめ、血管系の疾患にも影響を与えますし高齢者では誤嚥性肺炎、妊婦さんには低出生体重児の可能性にまで影響をあたえるとんでもない悪者です。

 

プラークを電子顕微鏡で拡大したらこのような状態になっています(こちらは初期のプラークです)。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 プラーク顕微鏡の写真

日本大学 細菌学講座 ホームページより筆者改変して引用

 

プラークを除去する方法をプラークコントロールといいます。

 

このプラークコントロールには一般の家庭で行うプラークコントロールと歯科医院で我々が行えるプロフェッショナルコントロールの2つがあります。

 

家庭で行うプランコントロールは主に歯ブラシによって行われるものです。

 

プラークを染め出す方法もあるので、やられたことがないならば歯科医院で一度染め出しを受けてみても良いでしょう(家庭でできる染め出し剤もあります)。

どれくらいだと問題がないとかは、素人の方は判断するのが難しいからです(我々歯科医には、染め出しで何パーセントくらいという基準が存在ます)。

 

さすがに0%(プラークフリー)な状態は難しいでしょうから・・・・

 

プロフェッショナルプラークコントロールは様々な専用の器具を用いてプラークを除去する方法です。

 

しかし、毎週毎週歯科医院に来てもらってプラークコントロールを行うわけにはいきませんから、日々の歯ブラシを上手に行うテクニック及び習慣を身に付けることが最も重要です。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます