YOU歯科では「歯ぎしり防止装置」の製作を保険で行っていますが、これは夜の噛み締めなどが強い患者さんに使用してもらっています。

この「歯ぎしり防止装置」という名称は正しいとは思えません。

この装置を使用したからといって、歯ぎしりを防止することはできないからです。

抑制することも出来ないからです。

ただし、「歯ぎしり防止装置」を使用することで歯の表面や歯の被せ物を守ってくれる役割ははたします。

「歯ぎしり防止装置」というのは専門用語では「ナイト・ガード」と呼びます。

実際の画像はこちらです。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 ナイトガード写真

黒くなっているのは、札幌市 中央区 開業の池田 雅彦先生考案のファセットマーカーというものを使用しています。

調整が終了したら毎回、ファセット・マーカーを塗って調整を終了します(そのためこの様な黒い色になっています)。

歯ぎしりを行う部分のファセット・マーカーがとれてくるからです。そして、下のレジン(「歯ぎしり防止装置」がつくられているプラスチックのような材料)が透けてきます。

軽度の歯ぎしりの人は黒いファセット・マーカーがとれる位です。

重度の歯ぎしりの人はレジン自体がすり減ります。

この装置を使用することは歯ぎしりを強くする人にはおすすめで、使用した方が歯にかかる力を減少させてくれます。

それによって、歯のヒビや破折などを防ぐことができます。

また、この「ナイトガード」はレジンは、歯よりは柔らかいのでこちらが磨り減ってくれます。

歯は磨り減ってしまうともう元にはもどりませんから、この利点は大きいです。

「ナイトガード」はまた作り直せばいいのですから。

そして、このブラック・マーカーの取れ具合や「ナイトガード」のレジンの削れ具合で歯ぎしりの程度や強さが診断できますので、診断してから歯ぎしりを小さくする治療を行う事は歯周病の進行度合いに大きく関係します。

歯ぎしりが強い人かどうかはある程度の予想はできます。

それは、歯が磨り減っていたり(専門用語では咬耗と言います)、骨腫と言って本来の骨の形が変わってきて、骨が盛り上がっている状態になる場合です。

しかし、実際に具体的に診断出来るのは、この装置だけなので、まず診断を行いその後自己暗示療法などによって歯ぎしりを減少させるように治療を行ったりします。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 月刊 池田 雅彦

ただし、この装置にも問題があります。

それは違和感があることです。

本来のお口の中の形とは異なりますから、この「ナイトガード」を装着することによって「違和感が強くて寝れない」と言われる事もあります。

その様な、場合は可及的に小さくしたりして対応しますが、対応仕切れない場合もあります。

しかし中には、強度の歯ぎしりを行っている人は「今まで、こんなに歯ぎしりをしていたかわかった。これをしないと歯に負担がかかる気がしてしないと不安で寝れない」と言われることもあります。

歯ぎしりが強い人には、使用できれば非常に利点が大きな装置なので慣れてもらうのが良いというのが医療サイドの判断です。

参考文献:

New concept 治りやすい歯周病と治りくい歯周病 -診断・治療・経過-

池田 雅彦著:2011 日本歯科評論

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます