江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯根端切除術の必要性について

 

歯の神経に関する治療の話が続きましたので、歯の神経処置に関する保存的処置(きったはったの処置)ではなく、外科的処置について今回はお話をさせて頂きます。

 

この手術は日本でも行われています(歯根端切除術と呼びます)。

 

しかし、全ての歯で適応になる訳ではありません。

 

良く行われるのは前歯や犬歯までで、奥歯(臼歯)で行われる事はほとんどありません(外科が得意な先生は行います)。

 

これらの理由は解剖学的理由によります。

 

奥歯の場合は前歯と違って複雑な形をしています。

 

その為、奥歯で歯根端切除術を適応するのが困難なのです。

 

アメリカでは、この根管治療が奏効しなかった場合は比較的高い頻度で歯根端切除術が行われます。

 

アメリカでは、日本の様に治療回数が多くなく(数回程度です)、見極めが早くこの様な外科的処置もしくは抜歯が選択されます。

 

ネット上では、一部日本の歯科医は治療回数を多くせざるを得なくて下手糞などと書かれることがありますが、決してそんなことは無いと我々日本人歯科医は自負しています。

 

以前も述べた事がありますが、日本の保険診療の点数は余りに低く(アメリカの数分の一です)、根の治療に顕微鏡を使用しても(YOU歯科においても症例に応じ使用しています)点数に加算されない所が悲しい日本の保険制度です。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯科用顕微鏡

                           YOU歯科で使用している 歯科用顕微鏡

アメリカに留学していた先生や、アメリカの歯内療法専門医(歯の根の治療を専門とする歯科医)の所に見学に行った先生のお話を聞くとアメリカの方が抜歯の基準が日本よりも低く、何度か治療して症状(痛みや違和感、歯の神経があった場所の汚れなど)が改善しないようなら抜歯が選択されるようです。

 

この様に数回の治療によって、症状が改善しない場合今回のブログのテーマである、歯根端切除術も部位によって選ばれます。

 

アメリカの歯内療法専門医は、現在この歯根端切除術を歯科用顕微鏡下にて処置を行うトレーニングを受けて受けるカリキュラムがくまれていますので、アメリカでは頻繁に行われる手術手技の一つです。

 

私自身も歯科用顕微鏡を購入した後に、顕微鏡を利用した歯根端切除術の実習付き講習会を受けたことがあります(2日で15万円という高額な受講料かつ大阪でした)。

 

また、YOU歯科においても何例か行ったことがありますが、個人的にはあまり行わなくなりました。

 

その理由は意図的再植術と言う、一度歯を抜いてもう一度埋めなおす手術を行う機会が増えたからです。

 

この方法では、抜ける限りどの歯(大臼歯)でも可能です。

 

ただし、この意図的再植術は歯の根が曲がっていたり歯が骨に対して埋まりが良い(我々の業界では骨植が良いといいます)場合は適用されません(上手く抜けないからです)。

 

抜いた後も、その歯を戻す前に色々しなければいけません。

 

歯の先端をカットしたり(感染した部分を除去する為)、カットした先端をなんらかの材料で充填(コンポジットレジンやスーパーボンド、グラスアイオノマーセメント、MTAといった材料が主流です)してから戻します。

 

充填する理由は、再度の感染を防ぐためです。

 

この意図的再植術を行う理由は、奥歯などでも応用できる手技だからです。

 

その為、ここ数年はこの歯根端切除術を行う必要が無い症例がほとんどという理由です。

 

意図的再植術や歯根端切除術といういずれの方法をとっても、歯を残すことは非常に重要なことなのでこの様な外科的な手技は症例に応じて絶対に必要な処置です。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます