江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯の神経をとることは極力さけた方が良い理由について

虫歯が深く細菌が歯の神経まで到達してしまうと、歯の神経に対するアプローチが必要になります。

 

歯科ではこれを根管治療と呼びます。

 

手順としては、虫歯を取って神経があった所にアプローチして感染した神経および神経があった場所を可及的に消毒して神経のかわりになる材料をつめてあげる一連の流れがこの治療になります。

この根管治療の手順について私がブログを書いていますので興味がある方はこちらをご覧下さい。

 ↓ ↓ ↓

歯の根の治療手順について

このブログの題名にもなっていますが、根管治療は出来るだけしない方が良いのです。

根管治療をする理由は多くの場合、虫歯のばい菌(細菌)が歯の神経に達して感染することによって、歯の神経を取らざるを得ない状況になってしまう事によります。

根管治療には大きく別けて2つの種類があります。

最初に歯の神経を取る処置(これを我々は麻酔抜髄と呼びます)と、一度もしくは数度歯の神経に対する処置を行った歯に対して再度根管治療を行う処置(これを我々は感染根管処置と呼びます)場合です。

治療成績は圧倒的に麻酔抜髄の方が高く、感染根管処置の場合は成功率は著しく低くなります(この論文の評価方法は抜歯で評価していないので成功率といっても皆さんが想像しているものよりは高いですが)。

まずこれの大きな理由は見えない所を治療するというのが大きな理由です。

歯の神経はできるだけとらない方が良いです。

 

途中で根の治療を辞められる理由は、痛みがとれてしまいそれで大丈夫だ勘違いしてしまうか、通院するのが面倒になってしまうかのいずれかが多いと思います。

 

治療を途中でやめても、上手くいけば数年くらい痛みが無い状態になるかも知れません。

 

しかし、再び痛みが出て再治療が必要となった時に非常に大きな問題が出ます。治療が非常に困難になるのです。

 

また、最悪の場合は抜歯の可能性も高くなります(治療を放置した年月と比例して抜歯の可能性が高くなります)。

 

ですので、しっかり歯の上に補綴物(詰め物やかぶせもの)が入るまで治療を継続しなければいけません。

抜歯になってしまう理由は次の三つの理由によるものです。

 

その理由は、一つは歯の神経をとってしまうと歯が脆くなります。神経には血管が走っていますので歯の表面のエナメル質のさらに内側にある象牙質というところに栄養がこなくなってしまいます。

 

木でいうなら枯れ木の様な状態になってしまうのです(枯れ木も見た目は普通の木を変わらないように見えますよね)。

 

二つ目の理由は、神経はセンサーのひとつなので強い力がかかっても自分で解らないので歯が破折してしまう可能性もあります。

 

そして三つ目は神経があった場所が閉鎖されていない状態になってしまうと、化膿が奥の骨にまで進行してしまい骨がとけてしまいます。

 

そうなると治りにくいですし、やはり抜歯の可能性が高くなってしまいます。

 

化膿した歯が難治性(治りにくい)と言う論文が沢山でていますが、代表的なものを以下に載せます。

 

・Bergenholtz G, Lekholm U, Milthon R, Heden G,Odesjo B, Engstrom B. Retreatment of endodontic fillings. Scand J Dent Res 1979; 87: 217–224.

・Sjögren U, Hägglund B, Sundqvist G, Wing K. Factors affecting the long­term results of endodontic treatment. J Endod 1990; 16: 498–504.

・Kojima K, Inamoto K, Nagamatsu K, Hara A, Nakata K, Morita I, Nakagaki H, Nakamura H. Success rate of endodontic treatment of teeth with vital and non vital pulps. A meta­analysis. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 2004; 97: 95–99.

・Ng YL, Mann V, Gulabivala K. Outcome of second­ary root canal treatment: a systematic review of the literature. Int Endod J 2008; 41: 1026–1046.

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます