江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯の神経は複雑な形をしている

 

こちらのサイトで極力歯の神経をとらない方が良いお話しをしていますが今回はその理由について詳しく解説をして行きます。

 

歯の神経をとるには理由があるのですが、まれにぶつけたりして、神経に死んでしまうことがあります。

 

しかし、多くの場合は虫歯のばい菌が神経にまで達してしまいでの治療を行うと言うのが一般的な理由です。

 

こちらのブログで、何度か極力歯の神経をとることは行わない方が良い理由について詳しく解説しています。

 

興味がある方はこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

歯の神経をとることは極力さけた方が良い理由について


 

今回は、この歯の神経をとる治療を行わない方が良い理由についてさらに深く掘り下げてお話をしていきます。

 

歯の神経と一緒に血管が走っているのですが、この歯の神経と血管は非常に複雑な形をしています。

 

現在我々歯科医が行う根の治療では消毒しきれない部分が存在します。

 

実際の歯の神経を特殊な染色で染めたものを見て下さい。

 

このような複雑な形をしています。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 根管形態染色

日本歯内療法学会 ホームページより引用

 

一般に我々が使用する消毒器具は、歯の神経のメインの部分しかとることができません。

 

また、神経をとった後に神経のかわりになる材料をつめて(専門用語でガッタパーチャーといいます)その上に修復処置を行うのです。

 

ガッタパーチャーは経年的に収縮すると言われています(という事は、緊密につめてもそこからばい菌が入る可能性を秘めているということです)。

 

さらに、経年的以前の問題で複雑な形の歯の神経を完全に綺麗にして、すべて緊密につめることができないというのが現在の根管治療の状況なのです。

 

この複雑な形をした歯の神経にばい菌が感染してしまうとメインから分岐した部分は薬液による消毒しかできません。

 

抗生剤を入れたとしても、他の消毒薬を入れたとしても多くの場合は、ばい菌の方が勝ってしまい感染した部分が残ってしまうのです。

 

その為、くどいですが極力歯の神経を残すように早期発見・早期治療が重要になります。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます