江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯の根の治療を途中でやめるリスクについて
 
虫歯が深くなってしまい、その細菌が歯の神経まで到達してしまうと、歯の神経に対するアプローチが必要になります。
 
歯科ではこれを根管治療とよびます。
 
骨などが溶けて、状態が悪くなってしまえば治療期間が数か月に及ぶことも稀にあります。
 
手順としては、虫歯を取って神経があった所にアプローチして感染した神経および神経があった場所を可及的に消毒して神経のかわりになる材料をつめてあげる一連の流れがこの治療になります(こちらに詳しく書いてあります、興味がある方はご覧下さい)

↓ ↓ ↓

歯の根の治療手順について


 
歯の神経はできるだけとらない方がよいです。
 
理由を知りたいかたは私がそれに関連した記事を書きましたのでそちらをお読み下さい。

↓ ↓ ↓

歯の神経をとることは極力さけた方が良い理由について


 
途中で根の治療を辞められる理由は、痛みがとれてしまいそれで大丈夫だ勘違いしてしまうか、通院するのが面倒になってしまうかのいずれかが多いと思います。
 
治療を途中でやめても、上手くいけば数年くらい痛みが無い状態になるかも知れません。
 
しかし、再び痛みが出て再治療が必要となった時に非常に大きな問題が出ます。治療が非常に困難になるのです。
 
また、最悪の場合は抜歯の可能性も高くなります(治療を放置した年月と比例して抜歯の可能性が高くなります)。
 
ですので、しっかり歯の上に補綴物(詰め物やかぶせもの)が入るまで治療を継続しなければいけません。
 
抜歯になってしまう理由は次の三つの理由によるものです。
 
その理由は、一つは歯の神経をとってしまうと歯が脆くなります。
 
神経には血管が走っていますので歯の表面のエナメル質のさらに内側にある象牙質というところに栄養がこなくなってしまいます。
 
木でいうなら枯れ木の様な状態になってしまうのです(枯れ木も見たかえ目は普通の木を変わらないように見えることもありますよね)。
 
部分的に枯れ木の様な状態になっても、歯が残っていて周りに細菌がいなければ内部を補強すること(金属や樹脂)によって、残してあげることが可能です。
 
二つ目の理由は、神経はセンサーのひとつなので強い力がかかっても自分で解らないので歯が破折してしまう可能性もあります。
 
そして三つ目は神経があった場所が閉鎖されていない状態になってしまうと、化膿が奥の骨にまで進行してしまい骨がとけてしまいます。
 
そうなると治りにくいですし、やはり抜歯の可能性が高くなってしまいます。
 
これらの事から、根の治療を行って痛みが取れたからと言って途中で辞めてしまうのは非常にリスクが高い状態になってしまうことを理解して治療の継続を行うようにして下さい。
 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます