江別・大麻の歯医者,YOU歯科,歯の根の治療をしているときに患者さんが注意すべき点

 

歯の根の治療(歯の神経に対する処置)を行う場合は

 

1.固いものその歯で噛まない

 

2.粘着性があるものをその歯で食べない

 

3.治療の間隔をあけすぎない

 

4.痛くなくなったからといって治療を中断しない

 

というものです。

 

これらにについて詳しく説明をしていきます。

 

1.固いものその歯で噛まない

 

歯の神経と一緒に血管が走っています。

 

血管があると免疫機構が働いたり、歯を感染などから守ってくれるもの(専門用語で二次象牙質といいます)が無くなってしますのです。

 

また歯の神経は、センサーの役割も果たします。

 

そのため強い力がかかった場合は反射的に力を弱めるような行動を起こす役割も果たしています。

 

当然ですがそのセンサーの役割の神経をとっているので強い力がかかってもわからないことがあります。

 

硬いものを食べてしまって歯の上の部分がかける位ならまだ補う方法がありますが、根の方にまでヒビが入ったり、根が割れてしまった場合は抜歯の可能性が高くなってしまいます。

 

そのため硬いものはその派手かまないようにしましょう。

 

2.粘着性があるものをその歯で食べない

 

根の治療を行っているときは薬を交換したり、神経があった場所を清掃しなければいけないので比較的簡単に取り外せる材料(専門用語で仮封材といいます)を使用して治療を行います。

 

そのためチューインガムやハイチュウなどの粘着性がある食べ物を食べてしまうと、上に詰めてある仮封材が取れてしまいばい菌が入ってしまう可能性があります。

 

そのような粘着性のある食べ物は、その歯で食べないで他の歯で食べましょう。取れなければ問題はありません。

 

3.治療の間隔をあけすぎない

 

これは歯にかぶせてある材料(仮封材)が治療の必要に応じてとる必要がある材料なので、長期間になってしまうと、周りからばい菌が入ってしまい可能してしまう可能性があります。

 

接着性が高い材料だと外すのが大変になってしまいます。

 

また仮封材を閉鎖性の高い材料にしたとしても、根につめる薬(専門用語でこれを根管貼薬材といいいます)の薬効も長期間はもちませんので注意が必要です。

 

4.痛くなくなったからといって治療を中断しない

 

歯の神経をとると言う事は今まで痛かったものが多くの場合痛くなくなります(稀に噛んで痛いなどはあります)。

 

こちらの記事で詳しく説明しているように、歯の神経をとると歯が脆くなってしまいます。

 

また、そのままですと神経があった場所は空洞の状態です。

 

そうするとその中にばい菌が繁殖してしまいます。

 

ばい菌が繁殖してしまうと直すのにさらに時間がかかってしまいます。

 

これらのことから治療途中で止める事は絶対にやめてください。

 

最悪は抜歯の可能性が高くなってしまいます。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます