江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯ぎしりに大手通販サイトは使用しない方が良い

歯ぎしりは歯や歯周病に良くない影響を与えます。

また、あまり音が大きいと近くで寝ている人たちに対して睡眠障害を与えてしまいます。

現在では心配になっても、対応策をとろうする場合にウェブ上で調べることが多いのではないでしょうか?

一般的に歯ぎしりの対応策についてウェブ上で調べるとアマゾンなどの大手通信販売会社の製品が上位に表示されるために、ウェブ上で購入してしまうことが多いのではないでしょうか?

実は短期間の使用なら問題ないのですが、アマゾンなどで購入した製品を長期間使用するには問題があります。

アマゾンなどの通信販売で歯ぎしりに対するマウスピースに対する歯科医の評価について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯ぎしりのマウスピースとは違う

アマゾンなどの大手通信販売で売っている、歯ぎしりに対するお口の中の装置(マウスピース)は長期間使用する事はおすすめ出来ません。

噛み合わせの管理が出来ないからです。

また、アマゾンではどの製品が良いか一般の人には正確にわからないことが理由です

アマゾンの販売者は一般的に理解していますが、アマゾンでの上位表示方法(SEO)があるため、その製品が本当に優れているかどうかは、はっきりいってあまり関係ありません。

上位表示方法を知っている業者の製品が、上の方に来ています。

一般の人は下まで見ないですよね。

上位表示されている製品とレビューを見て判断しているのではないでしょうか?

凄い商品になると、最初の写真と後の写真(実際の商品)が異なる商品が上位表示されている場合があります。

最初のものは歯科医院などで型取りをして製作するものの写真を使用し、あとは自分の製品を載せている場合です。

噛み合わせの調節が自分でできると、書いてある商品もありますがお分かりのとおり自分で細かい噛み合わせの調整はできません。

どこが強くあたっているか一般の人は分からないでしょう。

歯ぎしりの音だけを改善したい場合は、大手の通信販売サイトを利用しても改善することが可能ですが長期間(1ヶ月以上、個人によっては3週間以上)使用するのはおすすめできません。

歯ぎしりの応急処置はあるのか?

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯ぎしりに応急処置はあるのか

歯ぎしりに対して何か応急処置はあるのか?と考える人もいますが実はあります。

歯ぎしりをしている事を自覚してまず歯ぎしりをしないようにまずは気をつけるというのが一番重要になります。

そして、「歯ぎしりを行わない!」というように自分で自分思いこみをさせるようにするだけでも効果があると言われています。

この事を自己暗示療法と呼びます。

①歯ぎしりを防止する自己暗示療法を行う

自己暗示療法についてはこちらで詳しく説明しています。

自分で暗示をかけるだけなので、薬などを使用しないの為、副作用がありません。

歯ぎしりを自分で抑制できる、歯周病専門医も使用する方法です。

②歯ぎしりの原因になるストレスを緩和する自律訓練について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 自律訓練法について

自律訓練法は自己睡眠法ととも呼ばれ、リラクゼーションに関する訓練法です。

歯ぎしりは一般的にはストレスと関係していると言われています(ストレスとは関係しないとする研究もありますが)。

歯ぎしりは、何故行われているか良くわかっていない為にこのような統一された見解がないのです。

ただし、一般にストレスは体に良いことはありませんから、ストレスを軽減することは体にとって良いことになります。

ストレスを緩和して更に歯ぎしりを減らすことが出来れば良いですよね。

自律訓練を行うことによって歯ぎしりのみならず一般的にはストレスが減ると言われております

基本的な方法は後に詳しく説明しますが、リラックスした状態・姿勢で行うなうことが重要です。

自律訓練法を行ってはいけない人について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 自律訓練法を行ってはいけない人

精神疾患がある人や糖尿病を持っている人、心臓疾患がある人などはこの方法やらないほうがいいと言われています。

精神疾患がある人はこの方法を行うことによって逆に病状悪化させてしまう可能性があるためです。

糖尿病の人はこの方法をやっているときに、低血糖の症状起こした場合に意識がなくなる可能性があるためです。

心臓疾患がある人も同様に、この方法を行っているときに心臓に問題が起きた場合は対処することが難しいと言う理由です。

これらの病気がある人は、医師に相談して自律訓練法行って良いか許可を得てから行うのが良いでしょう。

この自律訓練法は緊張の緩和、疲労回復、抗うつや不安の軽減を行う効果がありますから、現代人には非常に有効な方法です。

実際に精神科でも使用されている方法になります。

この方法はリラックスできる環境で行う事が重要です。

Wikipediaでは、厳密な方法が決められていてその通り行わないと精神的に良くない影響を与えるなどと書かれていますが、あまり厳密じゃなくても大丈夫です。

今回解説するのは一般的な自律訓練法です。

薬物などを使用する訳ではありませんので、自分が合う方法を模索して改良するのが良いでしょう。

具体的な自律訓練について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 自律訓練法 姿勢

 

一般的には薄暗い静かな場所で行うのが良いと言われていますが、好きな音楽をかけて行うのが好きであればそれも良いでしょう(リラックスする環境で行うことが重要です)

慣れてきたら、どこでも行えると言う医師もいますので、自分に合う方法を模索して下さい。

この方法は、催眠及び自己暗示を行う方法なので同じ言葉を使用して自分の体に問いかけるようにして緊張(特に歯ぎしりの場合は緊張をとる事が重要です)を緩和する事を目的と来ています。

服装もゆったりとしてリラックスできるようなものが望ましいと言われていますが、これも特に規定がある訳ではありません。

参考までに一般的な自律訓練法について説明します(公式という一般的には使用しない言葉をつかいますが、自律訓練法では公式という言葉を使うのが一般的です)。

多くの場合、リラックス効果を期待している場合は第2公式までを行えば十分と言われています

それ以下の公式を行うのは、自己催眠状態など深い状態を目指す時に応用します

第1公式(四肢の重感):手足が重たい

および足の重さを意識しますからだの余分な力が抜けていれば、体の微妙な感覚を調節できるようになると自然と手足の重さを感じるようになります

第2公式(四肢の温感):手足が温かい

リラックスすればするほど手足の温度は上がっていきます。十分にリラックスできると手と足に「温かさ」を感じることを目指します。

第3公式(心臓調整) :心臓が静かに打っている

リラックス状態では、心臓は静かにちます心臓の鼓動が緩やかであることを感じることができれば、さらに深くリラックスできます

第4公式(呼吸調整) :呼吸が楽になっている

リラックスした状態では、楽に深い呼吸をしています。それをそのままに感じることで、さらに深くリラックスした状態になっていきます。

第5公式(腹部温感) :お腹が温かい

リラックス状態では、お腹が温まってきます。お腹が温かいのをそのままに感じることで、さらに深くリラックスした状態になっていきます

第6公式(額涼感) :額が涼しい

深くリラックスしていくと、第1~5公式までで手足や腹部が温まります。それと同時に、額はさわやかな高原で涼しい風を受けているような感覚になっていきます。こうした状態をそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく状態になります

これらの公式を順に心の中で繰り返しとなえることで、自己催眠状態になってきます

自律訓練法を行った時に注意点について

自律訓練法は行ったあとに注意点があります。

それは「めまい脱力感」(専門書ではなどでは特有の生理的変化や意識状態と書いてあります)が生じることもあるります。

そのため、これらの訓練をおこなった後はこれらの訓練の効果を消去する動作を行うことが推奨されてます

それでは消去動作について説明します。

消去動作

以下の運動を行うことによって、特有の生理的変化や意識状態(めまい・脱力感 )消去されます

1.両手の開閉運動

2.両肘の屈伸運動

3.大きく背のび

4.深呼吸

これらの一連の動作を行うことでストレスの解消を狙い、歯ぎしりの軽減を行う事を目的とします。

③歯ぎしりのために歯科医院を受診する前の仮のマウスピースとして大手通信販売サイトの製品を利用する

歯科医院で歯ぎしり防止装置を製作するには、ある程度時間がかかってしまいますから(歯科医院によってことなりますが、予約してから平均最低1週間程度はかかります)、その間の仮の装置として大手通信販売サイトを利用するのは良いでしょう。

アマゾンなどの大手通信販売サイトであれば、すぐに注文した製品が到着するからです。

ただし、これらの製品を長く使用することはおすすめしません(理由は後の歯科医院で作成する歯ぎしり防止装置の利点で詳しく説明しています)。

歯ぎしりのためにアマゾンなどの大手通信販売サイトで商品を選ぶ時には

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯ぎしりのためにアマゾンなどの大手通信販売サイトで商品を選ぶ時には?

 

「アマゾン」+「歯ぎしり」のキーワードで検索すると膨大な数の製品が表示されます1000件以上ですね)

この中であなたに適切な製品はどれでしょうか?

名前はあえてだしませんが、「アマゾン」+「歯ぎしり」のキーワードで上位表示されている製品(20193月現在)では、実際の製品と写真が異なる製品まであります・・・・

実際の製品は大量生産品で、写真は歯科医院などで型取りをして個人的にカスタムメイドした製品・・・・・

きっとアマゾンもそこまで目が光らないのでしょう。

一般の人にはわからないのでしょうか?

歯科関係の人が見たらすぐにわかるのですが・・・・・

通常この中から自分に合いそうなものを選ぶ時は、レビュアーの評価高いものから選ぶのでしょうが最近は「やらせ」の問題もあるために信用できないことが多いでしょう。

歯科医師としてはっきり言いますが、緊急処置としてこのような製品を購入して使用するのはいいですが、長く使わない方が良いでしょう。

製品としては、スポーツに使用するマウスピースとして使用できる旨が書かれているものもあるようです。

実際に我々が歯ぎしり防止装置とスポーツに使用するマウスピースでは全く違う素材で全く違う製作方法で作り、調整方法も全く異なります。

2つとも噛み合わせをその人に合わせて作成するのですが、歯ぎしり防止装置の方が噛み合わせの調整が厳密になります。

小顔になると書いてある製品もありますが、これも誇大広告なので信用しない方が良いです。

筋肉をゆるめるなどもっともらしいことが書いてありますが、そのような効果はありません。

これら大手通信販売会社で販売している製品はほとんどがシリコン製やゴムのような柔らかい製品です。

しかし、そのような製品に小顔になる作用はありません。

温度でその人にあわせてフィットできると主張する製品もありますが、我々歯科医サイドからみると厳密ではないと思います。

この理由は、正しい噛み合わせがちゃんと自分で作れているかどうか判断できないからです。

噛み合わせの診断は難しいので、素人の方が実際にちゃんと全体的に噛んでいるかどうかを判定することが難しいことが原因です。

2個入りなどもありますが必要ないでしょう。

選ぶ基準としては短期間の使用なので、あまり高価なものは購入せず安価なものでも大丈夫です。

奥歯だけで噛み合わせする形のマウスピースは特に長期間使用するのはよくありません。

噛み合わせに大きく影響を与える可能性があるからです。

また、あごなどが痛くなる場合もあるのでそのような場合は使用を中止した方が良いでしょう。

歯ぎしりの音を消す以外にこれらの製品を使うメリットはありません。

何故奥歯だけ接しているマウスピースはダメなのか?

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 奥歯だけのマウスピースを入れた時の歯の動き

 

奥歯に対してだけ噛み合わせをつける歯ぎしりのマウスピースもあります。

これはお勧めしません。

理由は長期間使用すると噛み合わせに大きな影響が出てしまう可能性があるためです。

一度噛み合わせに問題が出た場合は噛みにくくなるばかりではなく、顎関節(がくかんせつ)にも問題が出る事があり歯科医院での治療が必要になる場合があります。

あまりにも大きく歯が動いてしまった場合は矯正治療が必要になります。

程度が大きいと今流行りのマウスピース矯正では対応できなくなり、矯正歯科での対応が必要になる場合もあります。

上の図はこの装置を長期間使用した場合の歯の動きについて解説していますが、短期間でも使用するなら前歯にも当たるマウスピースを使用した方が良いでしょう。

全体的に当たる形のマウスピースでも噛み合わせの細かい管理ができないので長期間の使用はお勧めできません。

歯科医院で作成する歯ぎしり防止装置の利点

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯科医院で製作する歯ぎしり防止装置 黒く塗ってある状態

歯科医院で作成する歯ぎしり防止装置の最も大きな利点はしっかりとした噛み合わせの調節を行える点にあります。

一般にアマゾンなどの通販大手サイトの製品は噛み合わせの調整を行うことができません。

当然ですが、一般の人たちには購入した装置を細かく調整することができないからです。

製品によっては、お湯などに入れてある程度の装着感を得ることができる製品もありますが、細かい噛み合わせの調整はできません。

次に歯科医院で作成する歯ぎしり防止装置の大きな利点としては、歯科医師や専門スタッフによるトータルな管理ができることです。

一般的に重度の歯ぎしりを行うと、歯や歯の被せ物(補綴物)や歯周病に悪い影響を与えます。

当然ですが、歯科医院は歯科全般に対するプロフェショナルです。

また、歯ぎしりの治療に関しても最も詳しい職種なので安心して任せる事ができます。

歯ぎしりに対する診断そして自己暗示療法や、自律訓練方等に対する指導を的確に行えることにあります。

診断を行ってからその人に対して、適切な方法を指導して、このような「歯ぎしり防止装置」を製作して調整することができます。

歯科医院で歯ぎしり防止装置を作る時の欠点について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯科医院で製作する歯ぎしり防止装置 黒く塗っていない状態

この最大のデメリットはやはり時間と費用の問題でしょう。

アマゾンなどの大手通信販売サイトでは、すぐに到着しますし時間的拘束を受けませんが、歯科医院で歯ぎしり防止装置を調整する場合は歯科医院への予約を行わなければなりませんし、調整の為に歯科医院に行くことがが必要になります。

また、健康保健が適応になりますがアマゾンよりは金額が高くなってしまいます。

一般的に歯ぎしり防止装置を作って入れる場合は再診料や最初の初診料を除いて2500円程度です(保健の負担割合が3割の場合)。

噛み合わせの調節で実際には30分、難しい場合は1時間くらいかかる事もあるので我々サイドとしては決して高いとは思えないのですが、実際に患者さんサイドとしては金額の負担が増えるのは間違いありません。

また、アマゾンなどの大手通信販売サイトの製品よりもサイズが大きくなります。

そのため、寝ている時に気になって寝れないと言われる事もあります。

この場合は頑張って慣れてもらうしかないのですが、歯周病が重度で使用しないと直らないやセラミックの治療を行い使用しないと欠けるなどの生活に支障が無いと使って貰えない事もあります。

この辺りは、我々の熱意と患者さんサイドの理解度と許容度によると言うのが現実です。

我々はアマゾンのような製品も作ることができますし(スポーツに使用するマウスガードがこれにあたります)、類似の製品ももっていますが健康保健が適応になりませんし、作る意味が見出せません。

歯ぎしりによって、あごの筋肉に緊張や痛みを伴う場合はアマゾンで販売している製品に類似したものを使用することも無い訳ではありませんが、これも診断を行ってから使用する治療の流れになります。

まとめ

 

歯ぎしりに対するマウスピースはアマゾンなどの大手通信販売サイトでは購入しない方が良いです。ただし、短期間の使用や歯科医院を受診するまでの間など期間限定で使用することは問題ないでしょう。噛み合わせの調整ができないからです。歯ぎしりに対する応急処置としてはまず、歯ぎしりを行わないように自分で暗示をかける方法(自己暗示療法)と、リラックスすることを目的としている自律訓練法がお勧めです。