こちらのブログで何度かお口の悪い習慣、特に歯ぎしりについてお話をさせていただきました。

興味がある方はこちらのブログをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

お口に関する悪い習慣について その1 

お口に関する悪い習慣について その2 

マウスガードとナイトガードの違いについて 

今回、歯ぎしりが強くてナイトガードを折ってしまった患者さんの写真を撮影しましたので、それについてお話をさせて頂きます。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 ナイトガード拡大

歯ぎしりは夜間のみならず、昼間も行いますが今回は硬いナイトガードを破折するくらい強い噛みしめを行う患者さんの写真です。

いままで、何度かナイトガードを折ってしまう患者さんはいました。

こちらの患者さんもナイトガードを折ってしまうのでこのナイトガードを作っているレジンと言う材料の中に金属の補強をする線を入れています。

それなので、この写真の様に完全に折れてはいないのです。

しかし、凄い力ですね。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯ぎしりが激しい人のナイトガード

このレジンと言う材料は、入れ歯などに使用される材料なのでそんなに柔らかくない材料なのに(もちろん歯よりは柔らかいですが)、これを噛み切るくらい食いしばっているのですね。

このナイトガードをしていないと、このレジンをへし折る力が歯に直接かかってしまいます。

ナイトガードは我々歯科医側が作成する人工物なので、折れたり減ったりしても再度製作すれば良いだけなのでそんなに大きな問題ではありませんが、歯が折れたり歯が減ったりしたらもう二度と元には戻りません。

この歯ぎしりの力をナイトガードが吸収してくれるので、その点ではこのナイトガードが歯や歯周組織にかかるちからを軽減してくれた可能性があります。

歯ぎしりは、この様に強烈な力が歯や歯周組織(歯のまわりの組織)にかかってしまいそれが歯や歯周組織に良くない影響を与えてしまいます。

この、ナイトガードの素材は歯よりは柔らかいのでこちらが磨り減ってくれたり破損して力を緩和してくれます。

ナイトガードは磨り減っても折れても医療人サイドが作る&調整する手間と、患者さんサイドの調整される手間と金額的負担以外は生じません。

歯が折れてしまったり磨り減ってしまったら、もう二度と元に戻らないので、これらの手間は大きな手間ではないと思うのですが(同意してくれない患者さんもたまにいらっしゃいます)・・・・・・

夜に噛み締めやくいしばりを行っていない人では、この様な装置は必要ありませんが特に噛み締めやくいしばりの強い人は是非使って欲しい装置なのです。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます