江別・大麻の歯医者 YOU歯科 智歯周囲炎について

 

当院は江別市大麻の文京地区(札幌学院、北翔大学、酪農学園のある地区)にある為、親知らず関係の患者さんが多く来院します。

 

親知らず関係の病気で智歯周囲炎という疾患があります。

 

こちらのサイトでは

 

1.智歯周囲炎とはどのような病気か?

 

2.智歯周囲炎の原因について

 

3.智歯周囲炎の治療法と自分でできること

 

について詳しく解説しています。

 

1.智歯周囲炎とはどのような病気か?

 

智歯とは親知らずの別名ですから、この親知らずの周りが炎症起こして痛くなったり腫れたりすることを総称して智歯周囲炎と呼びます。

 

この智歯周囲炎に関しては一般的に上あごの親知らずよりも下あごの親知らずで多く生じます。

 

上あごの智歯周囲炎に関しては、重篤化してもさほど大きな問題を示すことが少なく、下あごの智歯周囲炎は大きな問題を起こすことが多くなります。

 

下あごの智歯周囲炎は、お口が開かなくなかったり、非常に腫れたり、唾を飲みこむ時にも痛みを生じ、日常生活に支障が出ることもあるので注意が必要です。

 

2.智歯周囲炎になる原因について

 

智歯周囲炎になる原因は、親知らずの周りが炎症を起こすことです。

 

それでは何故親知らずの周りだけ炎症を起こす可能性が高くなってしまうのでしょうか?

 

それは、現代人のあごの大きさが小さくなってきていているのに、親知らずが存在するからです。

 

それによって通常何事もなければスムースに歯がはえてくるのに、親知らずの場合は歯がはえるのに時間がかかってしまいます。

 

はえてきても、歯冠(歯の頭の部分)のみお口の一部に出ていたりなっている状態だと歯肉や骨に炎症を生じやすいのです。

 

横になってしまった場合(専門用語で水平埋伏と呼びます)などは、普通にはえたり噛んだりすることは不可能です。

 

更に詳しく炎症が生じる原因を解説すると、お口の清掃と体の抵抗力が落ちることが原因になります。

 

お口の最も奥で通常と異なるはえかたをする親知らずには歯ブラシが届きにくくなります。

 

また痛いのでそこの部分に歯ブラシできなくなるという悪循環に陥るのこともあります。

 

3.智歯周囲炎の治療法と自分でできること

 

1)智歯周囲炎の治療で歯科医院で行う治療

 

一般的な歯科医院では、あまり炎症が強くない場合は、お薬による治療を行います。

 

抗生剤と痛み止めを飲んで痛みを抑えます。

 

これは、細菌感染が原因なために抗生物質が有効であるからです。

 

抗生剤軟膏をその部分のに使用して症状の軽減をはかりることもあります。

 

そして、炎症を起こしている親知らずのまわりを超音波スケーラーと言う歯石を取るのに使用する器具を用いて行いて洗浄を行います。

 

腫れが大きい場合は、メスで切って膿や血液を外に出してあげて中の圧を軽減させることで腫れや痛みを少なくします。

 

全身に影響を与える位腫れが大きくなってしまった場合は、抗生剤を点滴で投与することもあります。

 

ちなみに、YOU歯科で歯が噛んでいる場合は以外は半導体レーザーで痛みをとることが可能です。

 

ただし噛んでいる場合などはなかなか難しです。

 

何度も炎症起こしたり、噛んで痛い場合などは親知らずを抜歯してあげるのが最終的な治療になります。

 

2)智歯周囲炎の時に自分でできること

 

まず一番大切なことは親知らずの周りを清潔にしておくことです。

 

柔らかめの歯ブラシで、丁寧に磨いて綺麗な状態にしておくようにしましょう。

 

また、通常体力が落ちている時に智歯周囲炎になるので、安静にしてしっかり睡眠をとるようにして下さい。

 

そうすることで通常は痛みが取れることが多いです。

 

しかしお口が開かなくなったりして食事も十分とれなくなる場合もあります。

 

食事が出来ないと体の治す機構もストップしてしまうので、そのような場合は液状の栄養剤などをとってしっかりと栄養を取ることが重要です。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます