江別・大麻の歯医者 YOU歯科 日本では歯の根の治療に何故時間がかかるのか?

 

歯の根の治療というのは、歯の神経があった場所に対して行う処置です。

 

多くの場合はむし歯のばい菌(細菌)が歯の神経に達して、歯の神経があった場所を綺麗に清掃して隙間なくつめることを目標にしています。

 

アメリカでは、歯の根の治療を1回で終わらせる方法がとられることが多いです。

 

なぜ日本では、治療回数が多くかかるのかと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

私自身歯の根の治療のエキスパートではありません。

 

日本では歯内療法専門医と言う資格がありますが、私が属していた医局は歯科矯正学の講座でしたので歯内療法専門医の道はありませんでした。

 

しかし、根の治療は好きなので、根の治療の学会や講習会に沢山出てきました(去年も6回講習会に出ています)。

 

アメリカで仕事をしていた先生に聞くと、日本のように長く治療を行わな理由は抜かないと難しそうな歯はすぐに抜歯をしたり、手術をしたりして短期間で治療を終わらせる傾向にあるようです(名前は出しませんが、ライトスピードと言うニッケルチタンファイルの講師をしていた先生です)。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 ライトスピード

 

日本では残すような歯をアメリカでは抜歯を行っていたと言う内容を講義していました。

 

アメリカは訴訟社会なので、無理そうな歯を残して痛みが出た場合は訴訟になる可能性もゼロでは無いそうなのでそのようなことになるようです。

 

また、日本では治療費はアメリカの数分の1で治療を行わざるをえない状況にあります。

 

日本の保険点数では、高額な医療機器を導入するのは不可能な状況なのです(趣味のような世界で顕微鏡等を使用する歯科医もいますが・・・・)

 

日本の場合は、保険治療は歯の根の治療では適用され多くの先生は保険治療で歯の根の治療を行っています。

 

長い間かかって、痛みなどが取れない場合はやはり橋になる可能性はゼロではありません。

 

しかし、日本においてはそのような場合でも訴訟になる可能性は非常に低いので無理そうなはてもなるべく残すように治療を行うので回数が多くなってしまう可能性は否定できません。

 

その先生が言っていたのは、ある意味ではアメリカの歯の根の治療のレベルは高いが、無理そうな歯をこれほど低い保険点数で直そうとして、かつ実際に治す歯科医もいるから日本の根の治療のレベルは決して低くない(稀にやる気のない先生もいるけど)と言う内容をお話ししていました。

 

日本の場合は、予算が少ないので(医療費の膨張が激しいために国は医療費の削減を行おうとしているため)、歯の根の治療はこのような低い評価になるのでしょう。

 

そして、我々歯科医はそのような諸条件の中でできる根の治療を行おうとすると、アメリカなどよりも治療期間が長くなってしまうと思われます。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます