江別・大麻の歯医者 YOU歯科 指しゃぶりが嚙み合わせにあたえる影響について

 

 

指しゃぶりは自然な現象ですから、あまり遅くまで指しゃぶりをすると噛み合わせに良くない影響を与えます。

 

 

指しゃぶりは、赤ちゃんの頃は自然にみられる現象です。

 

 

有名な写真では胎児期から指しゃぶりをしている写真があります。

 

 

早ければ新生児の頃から指しゃぶりをはじめますが、通常のお子さんは生まれて2~4ヶ月くらいから指しゃぶりをはじめます。

人間は動物なので、食べることが非常に重要な行為になります。

 

 

そのため、それが食べれるものなのか?食べられるとしらたどういう味なのかを理解するためにお口の周りにあるものを口に含み学習します。

 

 

昔から、赤ちゃんの横には食べられないものをおかないと言う事は理解されてきました(何でも口に入れるのが知られていたのです)。

 

 

それでもまで現在においても、タバコなどを食べてしまう事故があります。

 

 

話を指しゃぶりに戻しましょう。

 

 

そして、6か月くらいになると歩くようになって外の世界に興味を持つようになります。

 

 

この頃になると、指しゃぶりの機会は減ります。

 

 

そして、4歳位になるとほとんど指しゃぶりをしませんが、その頃でも指しゃぶりが残っていると噛み合わせに良くない行が出てしまいます。

 

 

よく言われているのが指が入る隙間のために上顎の前歯が出てしまったり、上下の前歯に隙間ができる状態です。

 

 

奥歯が噛み合っている状態でも隙間が開いている状態になってしまうことがあります。

 

 

矯正歯科領域では、骨格的に問題が出ないレベルであればなるべくやめるようにしてくださいと言う指導を行いますが、骨格的に問題が出そうな場合は積極的に指しゃぶりをやめるように指導を行います。

 

 

ただし、小児科医、小児歯科医、臨床心理士でそれぞれ指しゃぶりに対する考え方が違うのはちょっと問題になります。

 

 

理由は、小児歯科医たちは噛み合わせによくない影響を与える可能性が高いので指しゃぶりをやめさせる方向で考えます。

 

 

しかし、小児科医や臨床心理士は情緒的な問題を考慮して急激に指しゃぶりを辞めさせるのは良くないと考えています。

 

 

私自身が考える一番良い方法は、やはり指しゃぶりをするのは噛み合わせに良くない影響を与えるので可能であれば、出来る限り早めに(3歳位までには)やめた方がよいです。

 

 

ただし、指しゃぶりは噛み合わせに良くない影響を与えるだけではなく体に対して良い影響を与えると言う論文もあります。

 

 
これはニュージーランド(オタゴ大学 )で行われた研究です指しゃぶりと爪噛みがアレルギー反応を減らす可能性があるというのも研究されています。
 

 

これに関しては次回のブログで詳しく解説していきます。

 

 

ここで、指しゃぶりが与える噛み合わせの異常についてお話しをしていきます。

 

 

開咬

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 開咬

 

 

上顎前突

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 上顎前突

 

 

交又咬合

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 交又咬合

 

 

次のブログでは指しゃぶりがアレルギーに与える良い影響について詳しく解説をしていきますが、噛み合わせには良くない影響を与えるので、矯正歯科医としては指しゃぶりは、歯がはえてくると良くない影響を与えるという解説しか出来ないですね。

 

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます