江別・大麻の歯医者 YOU歯科 指しゃぶりが全身に与える良い影響について

 

 

前回のブログでは、指しゃぶりが噛み合わせに与える良くない影響について詳しくお話ししています。

 

 

興味があるかたはこちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

指しゃぶりが嚙み合わせにあたえる影響について


 

 

噛み合わせに対しては良くないですが、アレルギーに対してはアレルギーを減らす可能性があるという論文があります。

 

 

今回はその研究について詳しく解説して行きます。

 

 

この研究では、かなり遅い時期まで指しゃぶりをしています(5~11歳)。

 

 

この研究では噛み合わせに対しては言及していませんが、どうなっているか知りたいところです。

 

 

ニュージーランドで行われました。

 

 

1972~73年に生まれた1037人(5~32歳まで追跡調査)を対象に両親に聞き取りを行いアレルギーについて調べました(両親への聞き取り調査のため、誤差が出る可能性があることも筆者らは認識しています)。

 

 
ここでアレルギーについては、皮膚プリックテストという方法を用いて判定されました。
 

 
これはアレルギー検査方法の一つです。
 

 
アレルギーの原因と考えられるもの(アレルゲン・エキス)を針で引っかいて傷つけた皮膚に塗って反応を調べるテストです。
 

 

ここでは、「指しゃぶり」の他に「爪を噛む」についても調べられています。

 

 

その結果、子供の頃に 「指しゃぶり」や「爪を噛む」癖のある子どもは全体の31%で13歳と32歳の時点でアレルギーがあるかどうかについて調べたものです。

 

 

13歳の時点でアレルギーがあった子供は全体で45%でした。

 

 

子供の頃に「指しゃぶり」や「爪を噛む」癖がない子供は49%と平均よりも高い数値を示しました。

 

 

しかし、「指しゃぶり」もしくは「爪を噛む」の癖がある子供はアレルギーが40%に減ったようです。

 

 

更に「指しゃぶり」および「爪を噛む」という両方の癖があった子供は31%まで減るようです。

 

 

アトピーに関しても30~40%リスクが減ったそうです。

 

 

32歳の時にも13歳の時と同じ傾向を示したそうです。

 

 

しかし、ぜんそくと花粉症についても調査されたようですが、ここでは相関関係がみられなかったようです。

 

 

ちょっと、注意しなければいけないことがあります。

 

 

ここでの研究の仮説が「指しゃぶり」や「爪を噛む」癖が不潔な要因(衛生仮説)として考えられていることです。

 

 

アーミッシュと言う宗教的理由で文明社会から隔離された生活を行う人々にアレルギーが少ないと言う研究があります。

 

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 アーミッシュ画像

 

 

アーミッシュの人たちは子供の頃から家畜などに触れていてそのようなアレルゲンに置かれる環境がアレルギーを減らす要因と考えられています。

 

 

この研究でも、「指しゃぶり」や「爪を噛む」行為によって、アレルゲンに触れる状況に置かれ、そのような状況がアレルギーを減らしているのではないかと言う仮説を立てています(「指しゃぶり」や「爪を噛む」癖が腸内細菌に影響を与えるのでは?と)。

 

 

我々歯科医は「指しゃぶり」に関して良くないイメージを持ちますが(実際に噛み合わせには良くない影響をあたえますし)、このような良い結果が出てくるのであればちょっと考えなければいけないのかも知れません。

 

 

他の方法でアレルギーを減らして欲しいものですが・・・・・

 

 

参考文献:

Stephanie,J. ら:Thumb-Sucking, Nail-Biting, and Atopic Sensitization, Asthma, and Hay Fever.Pediatrics. Published online July 11 2016

 

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます