江別・大麻の歯医者 YOU歯科 小児歯科で泣かない治療と治療回数について

 

こちらのサイトで何度かお話ししていますが、お子さんの治療を行う場合に会話ができる年齢になっても他の歯科医院で治療に対して怖い思いをしたお子さんは言葉が通じるようになっても泣かれることがあります。

 

言葉が通じないお子さんに関ししては、中ことが自分の不快感を表明することなので、泣かないで治療を行うと言うのはかなり難しいものがあります。

 

言葉が通じるようになってむし歯治療に痛みを伴うないことがわかると、ほとんどの場合その後は泣かないで治療受けることが可能になります。

 

しかし、他の歯科医院で怖い思いや不快な思いをした場合は歯科医院に入るだけで緊張します。

 

痛くなかったり不快ではなくても泣かれることはあります。

 

多くの小児患者さんでむし歯治療が痛くなく不快なことが少ない(歯科治療ですから不快な事が全くない訳ではありません)ことが理解できれば2回目以降はスムースに治療することが可能です。

 

実際に2回目以降スムースに治療を受けた小児の患者さんの声がこちらにあります。

興味がある方はご覧下さい。

 

こちらの患者さんはYOU歯科で最終的には上手にむし歯の治療が出来た小児の患者さんです。

 

以前の歯科医院では、表面麻酔(注射による麻酔の前に行うもの)も出来ないお子さんでした。

 

表面麻酔が上手くできないならば、注射による麻酔はまず絶対に無理ですし歯を削るのも恐らく無理でしょう。

 

こちらの、「患者さんの声」を書いてくれた小児患者さんとは違いますが、お口の中にものを入れられるだけで嫌がるお子さんもいます。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯科用綿

 

痛くない治療といっても全く不快なことがないわけではないのでなかなか難しい問題はあります。

 

歯に詰める材料も、基本的には水があるとくっつかないのでお口の中に綿を入れて唾液を防がないと歯に詰める材料を硬化させることはできません。

 

もちろん、小さい綿をさらに嫌がらないように、ハサミで小さく切ってお口の中に入れるなどの工夫は行っています。

 

削る時も暴れるので抑えつけて治療を行い、詰め物を行う時も抑えつけて治療を行わなければならないことがあります。

 

保護者の方や我々歯科医療関係者も「痛くないんだから我慢しろよ」と考えるのですが、嫌なものは嫌なようなので、1回目の治療は結局最初から最後まで押さえつけて治療を行うことになりました(もちろん治療する前に保護者の方の同意はいただきましたが)。

 

何度か治療するうちに、その後は慣れてきて押さえつけなくても治療ができるようになりました。

 

しかし、YOU歯科がむし歯治療初めてでも痛くないのに歯科治療を嫌がるお子さんは稀にいますので何度か実際に治療を行い治療に慣れて貰うしかないのが現状です。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます