江別・大麻の歯医者 YOU歯科 保隙装置の種類

 

小児歯科領域で使用する装置の中に保隙装置(ほげきそうち)と呼ばれる装置があります。
難しい読み方ですね。

これは一体何に使用するものなのでしょうか?

永久歯の噛み合わせになっても問題が生じないようにする為の装置なのですが、実は色々種類がありその時々によって使用する装置が変ってくるものなのです。

保隙装置(ほげきそうち)はどのようなものか?

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 乳歯が虫歯になると永久歯の隙間が無くなる理由

 

保隙と言うのは、読んで字のごとく隙間(すきま)を保つと言う意味になります。

一般に、虫歯などによって乳歯の大きさが小さくなってしまうと、後に生えてくる永久歯が生える隙間がなくなってしまい、永久歯の歯並びがガタガタになってしまう可能性があります。

このガタガタの状態を矯正歯科では「叢生(そうせい)」と呼びます。

この叢生になると矯正治療が必要になるります。

乳歯の隙間を保って、正常に永久歯が生えるようにするのことを目的に装着される装置が保隙装置なのです。

保隙装置の構造について

保隙装置は自分では取り外しのできない固定式の保隙装置と、自分で取り外しができる可撤式の保隙装置があります。

固定式保隙装置の構造について

固定性の保隙装置では装置をお口の中に保つ部分(保持部)と隙間を保つ部分(維持部)の2つから構成されています。

これは全ての固定式保隙装置にあてはまります。

クラウンループの構造

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 クラウンループの構造

健康保険が適応になる代表的な保隙装置です。

クラウンループは乳臼歯の第1もしくは第2乳臼歯が、虫歯などによって修復されている場合に使用する保隙装置になります。

クラウンと呼ばれる保持部分は、乳歯冠と呼ばれる既製品を使用した乳歯冠のものと、歯を削ったあとにそれぞれの歯に合わせてオーダーメイドで装着する鋳造冠と呼ばれる2つの種類のどちらかになります。

この部分に、維持部であるワイヤーを用いたループを溶接(ろう着)して1つの構造になっていま
す。

バンドループの構造

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 バンドループの構造

健康保険が適応になる保隙装置です。

バンドループは、バンドと呼ばれる薄い金属の板を継ぎ目がない状態で作成されたバンドと呼ばれるものを保持部とします。

バンドに維持部であるワイヤーを溶接(ろう着)して1つの構造になります。

健康な削っていない乳臼歯などにも使用できるので良い装置なのですが欠点もあります。

それは、この装置は後に詳しく説明しますが、バンドフォームという手順が必要になるために行うことが出来ない歯科医がいるということです。

対応してくれるかどうか歯科医に聞いてみた方が良いでしょう。

ディスタルシューの構造

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 ディスタルシューの構造

ディスタルシューの保持部は上で説明したバンドもしくは、クラウンになります。

維持部に、第一大臼歯を誘導するための特殊な金属が溶接(ろう着)されているのが特徴的な保隙装置になります。

この装置は健康保険が適応になりません。

抜歯と同時に使用しますが、調節が難しい欠点があります。

私自身は行ったことがありません(最近はそこまで重度の虫歯のお子さんが来院しないという理由もありと思います)。

リンガルアーチの構造

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 リンガルアーチの構造

リンガルアーチは、バンドと呼ばれる保持部に隙間を保つためのワイヤーを維持部として1つの構造をなす保隙装置になります。

この保隙装置も健康保険が適応になりません。

この装置の良い点は、他の保隙装置が1本の歯だけの保隙を行うだけではなく、たくさんの歯で保隙を行う場合にも使用できる点です。

この装置を使用する時もバンドフォームという特殊なテクニックを使用するので、対応できる歯科医院とできない歯科医院があるので、具体的に質問した方が良いでしょう(どの保隙装置が適応になるかを一般の人が判断するのは難しいと考えられるからです)。

可撤式保隙装置の構造について

乳歯義歯について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 乳歯義歯の構造

前歯が無い時に使用する保隙装置の多くがこの乳歯義歯になります。

私自身は何度か作ったことがありますが、最後までしっかり管理できたことはありません。

全て途中で使われなくなってしまいました。

その為、このような場合はリンガルアーチに人工歯をつけて使用する場合が多くなってしまいました。

多くの場合で健康保険が適応になりませんが、外傷(ぶつけた)や生まれつきの歯に問題がある場合は保険適応になります(しかし、かなりの制限があります)。

床タイプ保隙装置について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 床タイプ 保隙装置

こちらの保隙装置も乳歯義歯に分類する歯科医もいますが、分けて使用することもあるので別分類にしました。

しかし、使用する頻度は少ないと思います。

この理由は取り外しが出来るので、取り外してしまい使ってくれないことが多いからです。

保隙装置は何故必要なのか?

乳歯を抜けたまま、長期間放置しておくと永久歯が生える隙間が無くなってしまいます。

先程虫歯のところでも説明しましたが、抜けた状態が長期間続くと虫歯よりも隙間の状態がひどい状態になってしまい永久歯のガタガタがさらに強い上になります。

最悪あまりにも隙間がなくなってしまった場合は、永久歯が埋まってしまう埋伏歯(まいふくし)と言う状態になってしまいます。

埋伏が深くそのまま出て来ない状態になってしまうと、手術をしてさらに矯正治療によって引っ張り上げなければならないと言う以上に大掛かりの処置なってしまいます。

更に永久歯が生える隙間が無い場合は矯正治療によって、隙間を作ったり隙間を作ることができなければ、健康な永久歯を抜歯しなければなりません。

乳歯を抜歯した時には必ず保隙装置が必要か?

乳歯が抜けたからと言って必ずしも保隙装置が必要になる訳ではありません。

下からすぐに永久歯が生えて来ている場合などは、そのままの状態でも構いません。

この辺はレントゲン写真を撮影しないと診断できないので、やはり歯科医院でみてもらって保隙装置が必要かどうか判断してもらうしか無いのです。

保隙装置をつけたときの歯磨き方法

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 保隙装置をつけたときの歯磨き方法

 

取り外しが出来る可撤式保隙装置は外して歯磨き出来るので歯ブラシの時に特別注意を要する点はありません。

ただし、固定式の保隙装置は先ほど説明した構造を理解した上で、歯磨きを行い、更に歯磨きするときに注意点があります。

ディスタルシュー以外の固定式保隙装置は、すべてワイヤーを使用します。

このワイヤー部分に歯ブラシの毛先が引っかかってしまい、歯ブラシの毛先が広がるスピードが速くなることがあるので注意が必要です。

また、あまり乱暴に歯磨きをしてしまうとワイヤー部分が変形してしまうことがあるので注意が必要です。

変形してしまい、ワイヤーの必要な部分が目的の部分に接していないと保隙装置本来の役割を果たさないので単なる異物になってしまうのです。

そうなると歯磨きはしづらくなりますし、違和感もあるので、体にとって害しか及ぼさなくなってしまいます。

保隙装置の使い方について

一般的な保隙装置の多くは固定式のものが多く、自分で取り外しができないので、日常生活において注意すべき事項を守り(次で詳しく説明します)、定期的に歯科医院を受信して管理を受けるようにして下さい。

可撤式(取り外しができる)保隙装置を使用している場合は、多くの場合で歯磨きの時には外して、歯ブラシを行う方が良いことが多いのでこのあたりも歯科医師の指示に従うようにして下さい。

また、可撤式保隙装置は本人もしくは保護者の方が管理することになりますが、お口の中にあるもので汚れが付きやすい状況になります。

最低1日1回は取り外して、洗ってあげるのが良いですが、この時に注意すべき点は普通の歯磨き粉を使ってはいけません。

普通の歯磨き粉はこの可撤式捕鯨装置を痛めてしまう研磨剤と言う成分が入っているためです。

またこの場合、義歯の洗浄剤などを使用すると刺激が強すぎるために装置を痛めてしまう可能性があります。

矯正治療に使用する「リテーナーシャイン」など(アマゾンや楽天などの通信販売サイトでも販売しています)のマイルドな製品を使用して洗浄するのが良いでしょう。

保隙装置を使用する時の注意点について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 保隙装置を使用する時の注意点

 

保隙装置を入れたときに歯ブラシの時に注意すべき点については先ほど述べましたが、それ以外にも注意点があります。

それは食べ物に関することです。

粘着性が強い食べ物に関しては攻撃装置を変形させてしまう可能性があります。

例えば、お餅とか、キャラメルとか、チューインガムとか、ハイチュウなどがこれにあたります。

また、あまり硬いものそこの部分で噛んでしまうとこれも変形の原因になるので注意が必要になります。

この食べ物は例えば、雷おこしのようなものや硬いせんべいなどです。

保隙装置は適切な時期に外す設計になっています。

そのため、あまり丈夫にはできていないのです。

保隙装置はいつまで使用するのか?

結論から言うと目的とする永久歯がはえるちょっと前までになります。

保隙装置を使用するのは、乳歯を失った時なので場合によっては長期間(数年間)使用して貰わなければならなくなります。

保隙装置は合わなくなることもあります。

この理由はあごが成長しているからです。

乳歯の小さい歯から、永久歯の大きな歯がはえる為にはあごの大きさが成長しないと生えるスペースがありません。

その他に保隙装置が合わなくなる理由は保隙装置が変形してしまうことです。

この理由は、何らかの原因(食べることや歯ブラシ稀には指でいじったりしてしまう)などによります。

変形してしまうと本来の目的を果たすことができなくなってしまいます。

必ず来院を促された場合は歯科医院に行って管理をうけるようにして下さい。

また、永久歯がはえる時期に保隙装置があると永久歯がはえてくるのを邪魔してしまいます。

そのため保隙装置は一度入れたから大丈夫とは思わないでください。

適切な時期にワイヤーを切ってあげたり、保隙装置全体をとってあげて、永久歯の交換を行えるよ
うに管理してあげる必要があります。

保隙装置と矯正装置の違いについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 保隙装置と矯正装置の差について

 

矯正装置と言うものは、一般的には歯に力を加えて使用するものです。

それに対して保隙装置は歯に力を加えることなく歯の隙間を保つ装置になります。

矯正治療が終わって、きれいな歯並びを保つための装置を保定装置と呼びます。

その意味では保隙装置と保定装置は近い関係にあります。

実際に矯正装置として使用されるリンガルアーチを保定装置として用いることもありますのである
意味では境界は曖昧になっています。

しかし、リンガルアーチに歯を動かす細い針金を入れた場合はリンガルアーチでも矯正装置になります。

ただし、多くの保隙装置は矯正力を加えないので矯正装置とは分けて考えるべきです。

保隙装置を前歯に使用する場合について

前歯をなくす最近の傾向としては、外傷による原因が多くなってきていると思います。

子供の場合は、大人の場合のようにブリッジなどが使えないのです。

この理由はブリッジのような固定的な装置を使用すると顎の発育を妨げてしまうからです。

そのため、乳歯で前歯を失った場合は多くの場合乳歯義歯を使用することになります。

以前は外傷(ぶつけたりすること)による乳歯義歯には保険が適用にはなっていませんでしたが、平成26年から保険適用になっています(しかし、かなり制限があります)。

前歯に保険適用になるクラウンループやバンドループも使用できない事はありませんが、やはり前歯に思いっきり金属色が見えてしまうので審美的に問題が出てしまいます。

多くの場合は乳歯義歯で対応する場合が多いです。

ただし、乳歯義歯にも欠点があります。

違和感が強いと言うことです。

大人でも義歯を使うのは難しいので、なかなか慣れるのが難しいので、保護者の方がしっかり管理してあげる必要があります。

しかし、みていないところで外してしまうことが多いと思うのでちゃんと使うためにはかなり厳しいチェックが必要になります。

 

皆さんが期待する健康保険適応になる保隙装置と保険が利かない保隙装置があります。

それについてはこちらに詳しく書いてありますから、興味がある方はこちらをごらんになって下さい。

まとめ

保隙装置は、乳歯が何らかの理由(虫歯や外傷)でなくなってしまった場合に使用する装置で色々な種類があります。

自分で取り外しができない固定式保隙装置と、自分で取り外しができる可撤式保隙装置があります。

固定式保隙装置には、クラウンループやバンドループ、リンガルアーチやディスタルシューがあります。

可撤式保隙装置には乳歯義歯と床タイプ保隙装置があります。

それぞれ使用目的と適応症が異なる為に歯科医の管理が必須になります。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます