江別・大麻の歯医者 YOU歯科 小児歯科とクリーニング

 

一般的に見て、大人になった成人のクリーニングについてはその有用性が理解され、虫歯や歯周病がなくてもクリーニングを行うために歯科医院に行くと言うことが最近多くの人に認知されて来ています。

そこで皆さんが考えるのは、乳歯だけの時期や乳歯や永久歯が入り乱れている混合歯列期と呼ばれる生え代わりの時期にクリーニングを行うことも意味があるのか?言うことだと思います。

結論を言うと、その時期に定期的なクリーニングを行う事は非常に意味があります。

小児時代から予防歯科の重要性に気づいてもらうということが重要

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 小さい頃からのクリーニングの重要性

乳歯は永久歯に比べて、柔らかいために(石灰化が低い)虫歯になりやすい環境にあります。

また、大人ほど歯ブラシの重要性を理解してくれていませんから、虫歯に対する抵抗性が低くかつ急速に進行する傾向にあります。

現在、初期の虫歯であれば削らないでフッ素などを応用して虫歯の進行抑制を行いますし、新しいナノレベルの技術を用いた「リナメル」などを使用して再度元の健康な状態に近づけることを目標に治療を行うこともあります。

しかし、クリーニング自体に劇的な効果を期待できないこと(予防的な効果なので効果を実感しにくい)や費用が発生すること(痛くないのに何故お金を払わなければならないのか?)から他の病気に比べて優先順位が低いのではないでしょうか?

一般的に命の危険性が低い為に、虫歯は病気の中では優先順位が低いことが一般的な調査結果からも明らかになっています。

しかし、そうなると負のスパイラルに嵌まり込んでしまいます。

虫歯が重度になれば治療費も跳ね上がりますし、時間もかかります。更に再発しやすいのです。

小児のクリーニングは虫歯予防にも有効だがそれ以上に重要なこと

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 クリーニングよりも歯ブラシの方が重要

 

ただし、これらのフッ素やリナメルよりももっと効果が高いのは日々の歯ブラシと食生活の改善になります。

特に歯ブラシが十分出来ていれば(仕上げ磨きを含む)、わざわざクリーニングを行う必要はありません。

歯ブラシの重要性はこちらのブログでも何度も取り上げていますが、日々の歯ブラシを十分行わないでいくら歯科医院でクリーニングしても意味がないので注意が必要です(毎日クリーニングすれば別ですが、現実的ではないでしょう)。

日々の歯ブラシが十分できていれば、食生活でちょっと無茶をしても虫歯にはなりません。

お菓子などを毎日ダラダラ食べていたら別ですが。

ほとんどのお子さんでしっかり歯磨きが出来ないので、食生活の改善を行ったり、クリーニングやフッ素で虫歯予防や進行抑制を行うというのが現実なのです。

歯ブラシの他にも間食、特におやつや砂糖が入ったものの摂取にも十分注意をしましょう。

歯ブラシができなくても、うがいである程度の効果をあげることが可能です。

何故小児歯科でもクリーニングの考え方が重要なのか?

一般的な病気でもそうですが、予防を行うことが重要で子供の頃からクリーニングに行く習慣をつけておくことが大人になっても歯科医院にかかる習慣になります。

かかりつけの歯科医院を持つことが寿命にも影響を与えるデータが出ています。

もちろんかかりつけの歯科医院を持っている人の方が長寿なのです。

小さいうちから歯科医院に行く習慣をつけましょう。

小さい頃から歯科医院に通う習慣がついていても、一般的に受験期にはどうしても歯科の管理が甘くなります。

受験を終えて進学や就職をしてもかかりつけ歯科医院を持つという考えが重要なのです。

その為、小児の時代から歯が重要であるという考えを与えるクリーニングが重要なのです。

小児歯科での実際のクリーニングの費用は?

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 小児歯科でのクリーニング費用

保険治療が適応になるクリーニング

自主的に虫歯がないかどうかをチェックしてもらうために歯科医院を訪れる場合や、歯肉炎などの炎症(病気)がある場合は通常の健康保険が適用されます。

しかし、病気がなくて予防的な処置である定期的なクリーニングに関しては健康保険が適用されません。

そのあたりは実際の歯科医院に行って相談するのが良いでしょう。

お子さんでも歯科医師が病気の状態であると診断されれば通常の保険が適応されます。

現在の日本の保険制度の良くない点ですが、地域によって子供の治療の負担額が変わってしまいます。

保険の場合は、初心者の1部負担金のうち510円を負担してもらう場合や、保険金額の1割負担など様々な負担金形態があるために、住んでいる自治体の財務状況や子供に対する負担の考え方によって金額が変わってしまうので注意が必要です(財政に余裕があればいいのですが)。

自費治療で行うクリーニングとは

先ほどから説明しているように、予防的な処置には健康保険が適用されません。

そのため、定期的なクリーニングに関しては自費治療が適用されてしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

自費治療になっていく場合は、歯科医院によって金額が異なるために、こちらのほうも実際に歯科医院で相談を受けるとよいでしょう。

年会費を払って多くの場合は多くの歯科医院で年会費は1000~5000円程度です(キッズクラブなどがこれにあたります)。

数ヶ月に1回実費の自費治療で行う歯科医院(1回の処置について3500円~7,000円程度 )が多いです。

年会費等をもらわないで、その都度のクリーニング代でもらうパターン(5000円から10,000円程度)の2つのパターンが多いと思います。

前者の多くでは、母親教室や食育指導等を組み合わせて定期的に行う形態もあります。

実際にどのような形態になるのか興味がある方はそれぞれの歯科医院で確かめてみなければわからないというのが現状になります。

どうしても安く上げたい時のテクニックについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯科医師会の無料相談

 

クリーニングではありませんが、歯科医師会がボランティアで行うフッ素塗布があります。

私が属している札幌歯科医師会 江別支部でも6月4日(虫歯予防デイ)や11月8日(いい歯の日)付近の日曜日に近くにあるショッピングモール(私達の場合はジャスコ)で無料の歯科検診と小児にたいしては無料のフッ素塗布を行っています。

このような情報は通常地域コミニュティ雑誌や新聞などに掲載されることが多いので、6月4日や11月8日あたりは注意して情報を集めて下さい。

クリーニングではありませんが、虫歯予防に効果を発揮する方法です。

歯科医がボランティアで行うことが多いので費用対効果は抜群です。

海外特にアメリカでは(州によってですが)無料で歯科治療をボランティアで行うこともあるようですが、日本では制度的に厳しいでしょう。

初期の虫歯を再度元の状態に戻すクリーニング材のリナメルについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 リナメルとは

 

歯は一度虫歯になって歯の表面のエナメル質が溶けてしまった場合は、修復治療を行うか乳歯であればサホライドと言う虫歯の進行抑制を行う薬を塗ってあげて対応するしかありません。

乳歯ではサホライドを使用すると、エナメル質の下にある象牙質でも虫歯の進行抑制が可能なのが優れた点ですが、黒くなりますし決して元の状態に戻るという訳ではありません。

しかし、リナメルは初期の虫歯(ホワイトスポットとも呼ばれます)である歯の表面が白くなって一部の成分が無くなってしまった状態(脱灰といいます)を元の状態に戻すことが可能です。

ただし、このリナメルは歯科医院で専門の道具を使用して長時間歯に作用させないと効果が無いのです(こちらのブログの一番上の写真がこれです)。

また、長い時間歯に作用させなければいけませんし一度では効果を発揮しないこともあるので数回に分けて行わないと効果がない場合もありますので注意が必要です。

リナメルの歯磨き粉が売られていますが、残念ですがこれで初期の虫歯を元の状態に戻すことは困難で(使わないよりは使った方が良いというレベル)、歯科医院でプロフェッショナルクリーニングを受けるしかないと言うのは現状です。

大人で使用するエアフローなどのクリーニング方法は乳歯のクリーニングには適していない

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 エアーフロー

エアーフローとは上の写真が代表的な装置(当院もこちら)で、その他のメーカーもあります。

エアフローというのは、細かい粒子を歯に吹き付けて汚れを取る方法です。

乳歯は歯も柔らかいですからこの方法を行ってまで着色を取る必要はありません。

通常行われているPMTCなどでクリーニングを行う方が良いでしょう。

乳歯のクリーニングでも有効なPMTCについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 PMTCチップ

 

虫歯や歯周病の予防処置として歯科医院で行われるPMTCと言うがクリーニング方法があります。

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaning :プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング のことです。

これは本来は成人に対して行われる処置ですが、乳歯に行っても効果があります。

PMTCは歯科医師もしくは歯科衛生士が、いろいろな器具を使用してクリーニングする方法で、成人にたいしては虫歯と歯周病を予防するのに有効な方法なのです。

乳歯には歯周病はありませんから、虫歯予防に対して行う処置になります。

成人と小児ではPMTCの目的が違うので使用する薬や器具が若干違います。

考案者は、成人の普段歯磨きでは磨ききれない部分のクリーニングを目的で発表していますが小児でもクリーニングで虫歯の原因になるバイオフィルム(プラーク)をとってあげることは虫歯予防には有効ですし、フッ素を使用してエナメル質の強化につなげることは意味の有る事です。

フッ素は正しくはフッ化化合物と言うのが正しい名称ですが、便宜的(一般的)にこちらの説明ではフッ素として使用します。

永久歯でも乳歯でもお口の中にはえたばかりの状態では、フッ素を取り込む量も多いので特にその時期にPMTCを行うことは有効です。

現在保険診療でも一部のPMTCを行うことはできますが、考案者が考えたようなクリーニングだけで1時間以上かけるPMTCに関しては自費治療で行う歯科医院が多いと思います。

PMTCを保険点数にすると2ヵ月に1回の80点(800円)なので1時間以上かけると人件費などを考慮すると赤字になってしまう為です。

くどいですが原則として予防的な処置には保険が適応にならないので、クリーニングだけを行うために歯科医院に行くことはできないのです(北欧のように小児のクリーニングは保険適応になることを願いますが、財政上厳しいでしょう)。

この場合も他の疾患があってのクリーニングになります。

成人の場合は、永久歯を対象にして着色などを落とす目的の他に歯周病に対する予防を目的にPMTCを行います。

子供にPMTCを行う時と成人にPMTCを行う時の違いについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 超音波スケーラー

小児歯科領域では、成人で使用する超音波スケーラーに関しては、よほど歯石がついていないと使用する機会は少ないと思われます。

永久歯が生えてきて乳歯と永久歯が混在している状態の混合歯列期と呼ばれる場合には歯石がつくことがありますから超音波スケーラーを使用してクリーニングを行います。

乳歯の場合は歯石がついて、歯肉炎になるよりもバイオフィルム(プラーク)による汚れが原因で歯肉炎になることが多いので、あまり超音波スケーラーを使用する機会は少ないでしょう。

ただし、低速の回転器具による歯を磨く処置は変わりありません。

低速の回転器具によって、汚れを取り除いてからフッ素を使用してPMTCを行うことが大人でも子供でも有効なクリーニング方法になります。

クリーニングを行わないで虫歯予防を行う方法

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 3DSのトレー

クリーニングを行わないで虫歯予防を行う方法も無い訳ではありません。

3DSと呼ばれるものです。

これはDental Durg Delivery System(デンタル ドラッグ デリバリー システム)と呼ばれるもので頭文字の3つのDをとって3DSと呼ばれています。

具体的な方法は、お口の中を型取りして、トレーを製作しそのトレーの中に虫歯予防に有効な薬剤を入れて対処する方法です。

しかし、これは小児に行うには一般的な方法ではありません。

この3DSは、体にハンディキャップがあって歯磨きが十分行えない方やクリーニングを行えない方に対して行うものなのです。

成人においては、虫歯や歯周病のハイリスクな方にも応用することがありますが、小児ではハンディキャップがある方以外はクリーニングの方がコストパフォーマンスに優れ、かつ虫歯予防効果が高いので辞めておいた方が良いでしょう。

健康保険が効かない自費治療になってしまいます。

まとめ

小児にもクリーニングは有用な方法ですが、それよりも重要なのはやはり日々の歯ブラシになります。

クリーニングは日々の歯ブラシで充分に汚れが取れていない場合のあくまで補助と考えた方が良いでしょう。

クリーニング方法も成人と違い、超音波スケーラーなどを用いず低速の回転器具でクリーニングする方法が一般的な方法です。

有用な方法なので対応してくれる歯科医院でうまくクリーニングを併用することを行い、生涯にわたる虫歯予防につなげましょう。

それがかかりつけの歯科医院をもつ習慣にもなり長寿への良い影響につながります。