江別・大麻の歯医者 YOU歯科 子供の歯並びにマウスピース矯正を行う時に気をつけることは

最近、デジタル技術の進歩により、マウスピース矯正が一般的に行われるようになってきています。

マウスピース矯正は最近になって行われるようになった治療法なので、患者さんサイドは簡単にできると考えてしまいがちです。

しかし、それは大きな間違えで簡単にできる場合と簡単に出来ない場合があります。

実はマウスピース矯正には、適した噛み合わせと適さない噛み合わせの両方があるからです。

子供にマウスピース矯正を行う時に気をつけなければいけないこと

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 子供にマウスピース矯正を行う時に気をつけなければいけないこと

 

子供に対するマウスピース矯正治療が一般的な歯科医院でも使用されるようになって来ていますが、マウスピース矯正を行う時に注意しなければいけないことがあります。

それは、治療期間が長くならないようにすることとです。

これは治療を受けている歯科医院が適切な矯正診断を行っているかどうかというのが一番大きな問題です。

元々子供に対するマウスピース矯正を行う場合は始める時期が早期になり易い傾向があります。

早期に初めて、そのまま大人になり矯正治療を必要としなければ良いのですが、多くの場合は早期に初めても大人になると矯正治療が必要になる方が沢山います。

その為、マウスピース矯正を行う時期について、適切に矯正診断を行うことが重要になるのです。

何故子供のマウスピース矯正を行うと早く終わる事が出来なくなるのか?

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 何故子供のマウスピース矯正を行うと早く終わる事が出来なくなるのか?

 

子供の矯正治療にマウスピース矯正を行う場合に一番問題になるのが、一般にマウスピース矯正を行うと治療期間が長くなってしまい、早く終わる事が出来なくなり治療期間が長くなってしまう事です。

これは、マウスピース矯正が早期治療を対象に行うことが多くある為です。

子供に行うマウスピース矯正には色々な種類がありますが、どのマウスピース矯正治療が適切かを診断して治療に適したマウスピース矯正装置を使用することが重要になります。

小児歯科医と矯正歯科医の矯正診断では、診断方法が異なる事があります。

矯正歯科医は一般に一期治療と二期治療の二つの治療を行います。

まず、骨格的な問題を解決するようにアプローチします(これを一期治療と呼びます)。

現在、研究レベルではこの骨格的な問題を解決するアプローチに対して疑問を投げかける研究がなされていますが、患者さんを治療していくレベルでは現在はこの骨格的アプローチが行われています。

子供に使用するマウスピース矯正はこの一期治療の前に使用する矯正方法になります。

二期治療とは、骨格的な問題が解決された時(解決されない時は外科的な治療などを行いますが、これらについて詳しく説明すると分かりにくくなるのでここでは解決された前提で話を進めていきます)に行う治療になります。

この二期治療は、それぞれの歯を並べる治療法を言います(一期治療で綺麗な歯並びが得られればそこで終了のこともあります)。

二期治療に使用されるマルチブラケット装置と呼ばれる装置が多く使用されます。

ここでマルチブラケット装置の代わりに大人に使用されるマウスピース矯正治療が行われることもあります。

子供のマウスピース矯正は、通常の矯正治療とは異なった、治療の流れになるので治療期間が長くなってしまうという欠点があるのです。

この辺りは、日本の歯科医師過剰問題と小児歯科と矯正歯科の領域が上手く連携できていない現実があるのです。

日本の歯科医が過剰であることと子供のマウスピース矯正について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 日本の歯科医が過剰であることと子供のマウスピース矯正について

 

参考:株式会社 モリタ

現在日本においては歯科医師が過剰である為に、簡単にできるマウスピース矯正を行おうとする歯科医が少なからず存在します。

歯科医であれば、別に矯正治療を行ってはいけないという理由はありません。

医科においても問題になることがありますが、収入が大きい美容形成の領域にそれほど美容形成の造形が深くない医師が美容形成を行う事で問題が生じることがあります。

形成外科医の知り合いが多いので、この事を問題にしていましたが形成外科に造形が深い医師が行えば問題がないのに、形成外科の技術を専門に習得していない医師が行うと問題が生じることが多いようです。

これも、もちろん違法ではなく医師であれば行っても問題にならないのです。

子供のマウスピース矯正においても同様なことが言えます。

歯科医師であれば、別にマウスピース矯正を行っても良いのです。

矯正治療を行う時に、歯科医師のライセンスがあれば治療を行えます。

しかし、やはり矯正歯科の技術を専門に習得していない歯科医師が行うことには倫理上問題があります(問題が出て時に対処できない可能性が高いからです)。

ここで、問題になってくるのが日本の歯科医師過剰問題です。

矯正治療は自費治療になり金額が大きくなります。

そこで、矯正治療に対してあまり詳しくない歯科医師でも収入を増やすためにマウスピース矯正を行ってしまうことがあるのです(マウスピース矯正だけ限りませんが)。

子供に使用するマウスピース矯正装置は、通常大きな調節を必要とすることがないので一般歯科医でも簡単に使用できるのが、子供に使用するマウスピース矯正装置の問題につながってしまう事につながるのです。

子供のマウスピース矯正と他の矯正装置を比較するとその優位性は?

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 子供のマウスピース矯正と他の矯正装置を比較するとその優位性

 

 

子供に使用するマウスピース矯正は、多くの場合低年齢に使用することが多いです。

ほとんどの保護者の方は、小さい頃から矯正治療を行えば早く治ると考えてしまいがちなのですが、そんなことは無いのです。

特に子供にマウスピース矯正のみを行う歯科医師の元では矯正治療を行わない方が良いでしょう。

他の矯正装置が適しているのに、マウスピース矯正装置だけをすすめられる場合があるからです。

ある程度の年齢に達したら、通常の矯正治療開始年齢に達します。

子供のマウスピース矯正装置は骨格的な効果は無い為(筋肉や舌を正しい状況に導く効果はありますが)、この装置だけを使用して矯正治療を行うというのは有りえません。

他の治療法もある歯科医院を選ぶのが良いでしょう。

骨格的な矯正治療を行う装置としては、上顎前突ならヘッドギアーや床矯正装置であるFKO・バイオネーターなどです。

下顎前突ならチンキャップや上顎前方牽引装置(MPA)などがあげられます。

適切な時期に適切な矯正装置を使用する事が重要なのです。

子供に使用するマウスピース矯正装置は低年齢に使用できる以外には大きなアドバンテージはありません。

矯正診断ができる歯科医院で行うことが重要なのです。

 

マウスピース矯正装置が適応にならない子供について

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピース矯正をしてはいけない子供もいる

 

実は子供のマウスピース矯正を行うことが不向きなお子さんもいるのです。

マウスピース矯正装置は自分で取り外しができる装置なので、装置をつけている時間が短ければ装置の効果を期待できません。

その為、装置の違和感が強くてつけることが出来ない子供や治療に理解がない子供では装置の効果を期待することができませせん。

一般に子供に使用するマウスピース矯正は低年齢のお子さんに使用することが多い装置(その他にもマルチファミリーと言うマウスピース矯正装置は3歳から使用できる装置になります)なので、一般的に矯正治療が開始される小学校中~高学年にはマウスピース矯正装置を使用しなくなります。

3歳くらいでもマウスピース矯正装置に対する本人の理解がなければ効果を期待することができません。

マウスピース矯正装置は寝ている時にメインに使用する装置ですが、無意識のうちに外してしまうお子さんもいるので、その場合は効果を期待することが出来ません。

私も何度も経験したことがありますが、両親はせっかくお金と時間をやりくりして矯正治療しているのに効果がない、私は使わなければ効果が出ないですよという説明しか出来ずに保護者の方が非常に歯がゆい思いをすることがあります。

その為、装置を使用できるかどうかが治療を成功させる大きな要因になります。

神経質なお子さんや言う事を聞かないお子さんでは治療の効果が得られない可能性があるので注意が必要です。

骨格的な要因が強くて噛み合わせに問題がある場合はマウスピース矯正装置では治らない

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 子供に使用するマウスピース矯正は骨格的な問題には対処できない

 

子供に使用するマウスピース矯正装置は、骨格的な効果を期待して使用する装置ではありません。

骨格的に問題があるかどうを判断する方法としては、矯正診断を行う事になります。

ここでは特殊なレントゲン写真(頭部X線規格写真)を撮影して矯正分析を行う必要があります。

この矯正診断を行って、骨格的に大きな問題があると診断されれば骨格的な問題に対して有効な装置を使用する必要があります。

適切な矯正診断がなされているかどうかを判断する一つの指標として、矯正診断を行った後に適切に説明しているかどうかが重要になります。

もう一つは日本矯正歯科学会の認定医や指導医、専門医を取得しているかどうかになります。

特に成長期のお子さんでは、マウスピース矯正装置は多くの場合適応にならないので注意が必要です(骨格的に問題がなければかまいませんが)。

ただし、骨格的に問題がない子供の場合は成長が終了するまで観察を行い(必要に応じて矯正治療を開始する)、その後大人のマウスピース矯正装置やマルチブラケット装置を使用した矯正治療でも十分対応することが可能だからです。

骨格的に問題が子供の矯正治療に関しては他の矯正装置を使用した矯正治療が適切な矯正治療方法になります。

子供に使用するマウスピース矯正のあと戻りについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 子供に使用するマウスピース矯正のあと戻りについて

 

 

矯正治療は全て元の状態に戻ろうとする現象が生じます。

これをあと戻りといいますが、子供の治療に使用するマウスピース矯正でもこの後戻りが生じます。

あと戻りを防止するために、矯正歯科医はあと戻りを防止する装置を使用します。

これを保定装置(ほていそうち)と呼びます。

別名ではリテーナーとも呼ばれます。

子供に使用するマウスピース矯正装置ではこの保定装置を使用しないで、マウスピース矯正装置を長めに使用して保定装置の代用に使用と考える先生がほとんどです。

その為、いつまでこのマウスピース矯正装置を使用するのか?疑問に思う保護者の方もいると思いますが、その為ある程度長めに使用する傾向にあるのです。

子供に使用するマウスピース矯正装置は実はあと戻りに対する対応策がとられていない矯正装置なのです。

そうは言っても私達矯正歯科医も、機能的矯正装置と呼ばれるマウスピース矯正に使用する装置と似た装置を使用してあごの位置を適切な位置にすることを目的とした治療を行うことがありますが、この時もこの機能的矯正装置を長めに使用して保定装置の代わりに使用することがあります。

そして、マウスピース矯正も機能的矯正装置も特に保定装置を使用せずに矯正治療を終了することが多いです(噛み合わせに問題が無い時です)。

私達矯正歯科医も、噛み合わせに問題が無く綺麗に噛んでいればそのまま矯正治療を終了することがあります(割合的には少なくなりますが)。

これを自然保定と呼びますが、この自然保定の問題点は子供にマウスピース矯正を行ってあと戻りが生じてしまった場合や個々の歯並びに問題が生じてしまった場合です。

上手く矯正歯科との連携がとれている歯科医院なら問題ありませんが、連携がとれていない歯科医院でマウスピース矯正を行う場合は問題があります。

良く言えば、長い観察悪く言えば放置される可能性があるのです。

矯正治療を出来る期間は成長期ですから、それを逃してしまう可能性があるのです。

その為、矯正歯科との連携がとれている歯科医院かどうかの確認を行うことが重要です。

子供にマウスピース矯正を行う場合は、将来的に本格的な矯正治療が必要になった場合はどうなるかを最初に質問するようにしましょう。

もし、子供の時期にマウスピース矯正を行った後に通常の矯正治療を連携がとれていない歯科医院で行った場合は割増な料金がかかってしまうこともある為に注意が必要です。

全く、知らない歯科医院から矯正歯科に治療の継続が依頼されても治療方針や返金などの対応が行われていない為に、マウスピース矯正治療の料金分だけ多く支払わなければならないという事態に陥ってしまうのです。

まとめ

子供にマウスピース矯正治療を行う時に注意しなければいけないことは、治療期間が長くならないようにすることです。その為には適切な矯正診断が行われているかどうかが重要です。これは矯正治療に造形が深い歯科医師か、矯正歯科としっかり連携がてれている歯科医院で行うことが重要になります。