江別・大麻の歯医者 YOU歯科 子供が抜歯をしたあとの注意点について

 

大人が歯を抜いたときの注意点についてはこちらのブログで詳しく解説しています。

 

興味がある方はこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

大人の方が抜歯したあとの注意点

大人と子供では抜歯した後の注意点代目違いますので注意が必要です。

 

抜歯した後の注意点は、大人と子供ではだいぶ違います。

 

子供はお酒は飲まないですし、競技レベルの激しい運動などはしないでしょう(走り回る位の事はするかもしれませんが)。

 

今回は、

1. 子供が抜歯したときに最も注意すべきこと

2.唇に感覚がないので面白がって噛んでしまうことがある

3.  抜歯後、熱い食べ物を食べたりするとやけどの危険性がある

について詳しく解説をしていきます。

1.子供が抜歯したときに最も注意すべきこと

 

大人になると当然ですがいろいろな分別がついてきます。

 

そのため子供だったら面白がってやるようなことをやらなくなります。

 

麻酔が効いている時は当然ですが触っても痛くありません。

 

子供が抜歯したときの大きな注意点は感覚がないので洗ってない手や指などで抜歯した場所を触ってしまったりあとで問題になるようなことを行ってしまうことです。

 

抜歯したあとを指で触るとばい菌がついた状態で傷口を触るのと同じことなので、麻酔が切れたときに痛くなったり腫れたりする原因になります。

 

面白がって指や手で抜歯したあとを触らないように保護者の方は注意して見ていて下さい。

 

2.唇に感覚がないので面白がって噛んでしまうことがある

 

これは、大人だったら決してしないことですが感覚がないからといって面白がって唇をぎゅっと噛んでしまうと、後から晴れたりします。

 

これを専門用語で咬傷といいます。

 

麻酔が切れた後に痛みが出たりするので面白がって噛んでいないかどうかもチェックするようにしてください。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 咬傷

                 日本小児歯科学会 ホームページより筆者改変して引用

 

3.抜歯後、熱い食べ物を食べたりするとやけどの危険性がある

 

小児の場合は感覚がないことを理解できていないので、麻酔が効いている状態だと唇を火傷する可能性があります。

 

そのため麻酔が切れる30分ぐらいまでは熱い食べ物などはあげないようにしてください。

 

またこの時も2で述べたような咬傷を作ってしまう可能性もあるので(間違って噛んでしまい)、ゆっくり食べてもらうように注意して見ていてあげて下さい。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます