江別・大麻の歯医者 YOU歯科 子供がかかる歯肉炎・歯周病

 

一般に歯肉炎や歯周病はある程度年齢が高くなってから生じる病気です。

 

しかし、年齢が若い小児でもかかる歯肉炎があります。

 

また、若い時に生じる歯周炎は非常に稀ですが歯のもちが悪くなる(予後不良)言われていて注意が必要です。

 

今回は

1.不潔性歯肉炎について

2.萌出性歯肉炎について

3.若年性歯周炎について

4.口呼吸が原因の歯肉炎

5.増殖性歯肉炎について

6.不正咬合が原因でなる歯肉炎について

7.思春期性歯肉炎について

詳しく説明していきます。

 

1.不潔性歯肉炎について

 

一般に、子供でも幼児、思春期のお子さんたちは若くて、お口の中の細菌に対する抵抗力も大きいので歯肉炎になる事は少ないです。

 

しかし、あまりにも歯ブラシがおろそかになってしまうと歯肉炎になってしまいます。

 

これを不潔性歯肉炎と呼び、大人たちがかかる歯肉炎とはちょっとだけ区別されます。

 

理由はしっかり歯ブラシを行うことにですぐに完治してしまうためです(若いため回復も早いです)。

 

お口の中の清掃が悪い時に悪化しやすく、この点については大人にみられる歯肉炎と共通することになります。

 

2.萌出性歯肉炎について

 

萌出性歯肉炎というのは大きく分けて2つのものに分類されると分かりやすいです。

 

1)乳歯や永久歯がはえてくる時に生じる萌出性歯肉炎

 

何故違う分類にするかというと、乳歯や永久歯がはえてくる時に生じる萌出性歯肉炎は多くの場合歯ブラシがおろそかになることによって起こる歯肉炎です。

 

乳歯や永久歯が生えてくることによって生じる萌出性歯肉炎では、まだまだ子供なので痛いことや歯科医院に対して非常に恐れがあります。

 

そのため、痛い場合では自分で歯ブラシが上手くできません。

 

そして、お父さんお母さんによほど痛くならないと歯がいたいという話しをしない可能性が高いです。

 

その為、普段からみて食べる量が減っているかどうか?食べている最中にお口の中を指や舌で触ったりしますので(舌で触っていると食べている最中に食べるのが止まります)注意していて下さい。

 

2)親知らずがはえてくるときにおこる萌出性歯肉炎である智歯周囲炎

 

もう一つの萌出性歯肉炎は智歯周囲炎(ちししゅういえん)です。

 

智歯周囲炎は、現代人のあごの大きさが小さくなっていて親知らずがはえる隙間が無い時や体力が落ちている時に生じる病気だからです。

 

親知らずがはえるのが20歳前後(年齢差があるので一概には言えませんが)で、学生ならばテストなどがあって体力が落ちる時に生じやすい病気なのです。

 

として出演というのは赤入ってくると自称する時点で一般に高生えてくる時は歯肉を突き破って上が帰ってくるために通常のはがされた状態と生理的な状態になりやすい。

 

このためこのように萌出性歯肉炎が生じることがあります。

 

3.若年性歯周炎について

 

若年性歯周炎は非常に稀な歯周炎で非常に進行が早く歯や歯槽骨に対して非常にダメージを与える歯周病になります。

 

一般的な歯周炎とは異なり、若年者(13~17歳位)に発生します。

 

特徴的なのは前歯と六歳臼歯(第一大臼歯)に歯を支える歯槽骨に激しい骨の吸収がみられます。

 

原因は不明なことが多く(全身的もしくは局所的)また予後が不良なため、歯周病治療に精通した歯科医師に見て貰うのが良いでしょう。

 

4.口呼吸が原因の歯肉炎

 

蓄膿症(ちくのうしょう)などの病気がある場合、お鼻で息をすることができなくなり、お口で息をすることが多くなってしまいます。

 

これはお口の特定の部分を乾燥させる原因になってしまい、この部分が歯肉炎になることがあります。

 

もともと歯肉は唾液によって湿潤(ぬれた)した状態になっているのが正常な状態ですから、乾燥には弱いのです。

 

そのため、お鼻で息が出来るように蓄膿症などの基礎疾患がある場合は直すことによって改善が可能になります。

 

5.増殖性歯肉炎について

 

これは抗けいれん薬であるジフェーニールヒダントインを飲んでいるお子さんに見られる歯肉炎です。

 

通常の歯肉炎は、浮腫性(腫れぼったい感じ)の歯肉の状態を示しますが、増殖性歯肉炎は繊維製で文字のごとく増殖するように歯肉が厚くなります。

 

重度になった場合は歯のほとんどを被ってしまうことがあり、そのような場合は審美的・機能的に問題が出てしまうので、必要に応じて歯肉を切ってあげる必要が出てきます。

 

この歯肉炎は、薬の服用歴とお口の清掃状態によって状態がかなり異なりますので、お口の清掃状態が非常に重要になります。

 

6.不正咬合が原因でなる歯肉炎について

 

噛み合わせに問題がある成功が原因で歯肉炎や歯肉退縮起こすことがあります。

 

不成咬合が原因の歯肉炎は多くの場合上顎前突(一般に言う出っ歯)の状態の時に生じることが多いです。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 不正咬合による歯肉炎

 

上あごの前歯が前に出ているために下あごの前歯を受け止めることができず、下あごの前歯上顎の歯茎に上こんでしまうことによって生じることが多いです。

 

重度になってくると、上あごの歯肉へのかみ込みが強くなり、痛みを訴えることが多くなります。

 

さらに重度になるのは稀ですが、非常に重度の場合は歯自体にダメージがあったり、歯を支えている骨の歯槽骨が吸収したりしてしまいます。

 

重度の状態になる前に矯正歯科もしくは小児歯科の歯科医に相談し解決を図るのが良いでしょう。

 

7.思春期性歯肉炎について

 

小学生の高学年から中学生にかけて見られます。

 

思春期性歯肉炎はホルモンが関係していると言われていて清潔なお口の中でも生じることがある歯肉炎です。

 

この時期はホルモンの分泌が増えます。

 

特に女性ホルモンは歯肉の炎症を助長したり、ある種の歯周病原因菌の増殖を助けたりするといわれています。

 


しかし、思春期性歯肉炎は男子にも見られるので、この時期の生活環境が問題(部活や勉強など)になります。

 

この歯肉炎も歯ブラシをしっかり行うことによって治ることが多いです。

 

最初にお話しした清潔な状態でも発生しますが、お口の状態が清潔な場合は時間の経過と共にすぐに治ります。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます