江別・大麻の歯医者 YOU歯科 子どもの矯正治療に使用する装置について

 

こちらのサイトでは子どもの成長期に行う矯正治療に使用する装置として

 

1.上顎前突で使用する矯正装置

 

2.下顎前突で使用する矯正装置

 

3.歯がはえる隙間をつくる拡大装置

 

について詳しく説明をしています。

 

私が自院で矯正相談をしていると、どの様な装置を使用するのか患者さんもお父さんお母さんも不安になってしまうようです。

 

「どんな装置をつけられるのか?」というのは確かに非常に大きな問題でしょう。

 

長ければその後数年間はその矯正装置を装着して過ごすことになるからです。

 

我々、矯正医でもなるべく小さく違和感が少ない装置を考えなければいけませんが患者さんが考えているよりも大きな装置になる事が多いようです。

 

矯正治療というのは成長を利用できるのが大きな利点ですから、骨の形を変えるという考えがありますのでどうしても大きな装置にならざるを得ないのです。

 

今回は顎整形力(がくせいけいりょく)という骨格にアプローチできる矯正装置についてお話をして行きます。

 

骨の位置に問題がなければ、成長を利用しなくても矯正治療が可能ですからそのあたりは矯正医に相談下さい。

 

今回は、YOU歯科で使用している矯正装置を中心にお話しをして行きます。

 

1.上顎前突で使用する矯正装置

 

上顎前突とは、一般にいわれる「出っ歯」ですね。

 

芸能人で言えば明石家 さんまさん(自虐的にネタにしていますので)がこれにあてはまります。

 

一般的な矯正治療としては上あごを後ろにさげるか下あごを前に出すかによって治療方法が異なります。

 

YOU歯科では、下あごを前に出す治療は行っていません。

 

理由は、この治療を行うとあごの関節に問題が生じる可能性があると考えるからです(成長期に行うと問題ないとする考えをお持ちの矯正医もいますが)。

 

この時使用する矯正装置としては、FKOなどの機能的矯正装置です。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 FKO

                                        FKOの写真

 

FKOなどの機能的矯正装置の方がお口の外に出なくて良いですが、あごの関節に負担がかかる可能性があるので使用していません。

 

その為、YOU歯科では、上あごを後ろにさげる治療をメインで行っています。

 

これは、上あごを首や頭を支店にして後ろに下げる装置でヘッドギアーと呼ばれる装置です。

 

                           YOU歯科で使用しているヘッドギアー

 

2.下顎前突で使用する矯正装置

 

下顎前突とは、一般にいわれる「受け口(うけくち)」ですね。

 

マンガでは「クッキングパパ」がこれにあてはまります(クッキングパパはマンガなので噛み合わせを診ることができませんが、あれくらいだと外科的な手技を併用した矯正治療が必要になるとおもいますが・・・・まぁ、マンガなのでどうでも良いですね)。

 

一般的な矯正治療としては上あごを前に出すか(成長促進)、下あごを後ろに引っ込める(成長抑制)によって治療方法が異なります。

 

YOU歯科では、下あごを引っ込める治療は行っていません。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 チンキャップ

                                    チンキャップ 写真

 

こちらも、上顎前突の際でYOU歯科で使用しないFKOなどと同様に顎の関節に負担をかける可能性があるからです。

 

その為、YOU歯科では上顎前方牽引装置と言う上あごの成長を促進する装置を使用します。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 上顎前方牽引装置(MPA)

                          YOU歯科で使用している上顎前方牽引装置

 

3.歯がはえる隙間をつくる拡大装置

 

骨格的に問題がない場合でも、早めに矯正治療(永久歯がそろう前に)を行うことがあります。

 

それは、歯がはえる隙間をつくるための矯正治療です。

 

現代人はあごが小さくなっています。

 

その為、必要になるのが抜歯なのですが極力健康な永久歯は抜きたくありません(これを我々は専門用語で非抜歯治療と呼びます)。

 

その為の永久歯がはえるための隙間をつくる必要が出てきます。

 

これを行う装置の代表例が上顎急速拡大装置です(これは骨を広げる装置なので成長期にしか使用できません)。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 上顎急速拡大装置

                          YOU歯科で使用している上顎急速拡大装置

 

私が日本矯正歯科学会の認定医を取得する時に発表したのが、成人の手術を併用してこの上顎急速拡大を行った症例をメインに発表しました(Surgically assisted rapid palatal expansionを併用した顎変形症症例 日本顎変形症学会誌10(2):175,2000)。

 

この人は成人だったので手術を行いましたが成長期であれば手術をしないで上あごの骨を広げることが可能です。

 

下あごも広げることが可能ですが、成長期ではなくても中学生や高校生位までなら可能です(もちろんレベルにはよりますが)。

 

YOU歯科 院長 日本矯正歯科学会認定医 石井 教生(歯学博士)

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます