江別・大麻の歯医者 YOU歯科 妊娠中に行う歯科治療の時期について

一般に妊娠中は極力歯科治療は行わない方が良いです。

理由は歯科治療はどうしても、ストレスを伴いますのでストレスを与えることがよくないことと胎児に対する影響から薬剤などに非常に制限がかかるからです。

そうはいっても、痛みが出たりして食事ができない状態になるとそれも非常に問題です。

食事をとれないとなると胎児にもさらに悪影響与えてしまう可能性が高くなりますからやはり妊娠中でも適切な時期に歯科治療をうけるしかありません。

ただし、歯が痛い場合は歯科治療受けてダメな時期はありません。

ストレスを感じる前に確実に治療して治すようにしましょう。

応急処置でも痛みを取ることは可能なことがあります。

どのような処置するかは歯科医院に行ってしっかり相談するようにしましょう。

それでは具体的にいつしか治療受けたらよいかという事について詳しく解説をしていきます。

一般に歯科治療受ける際には、安定期と言われていますがそれについて更に詳しく解説をしていきます。

確かに安定期である妊娠5~7ヶ月に歯科治療を行うのが良いのですが、安定期でも初期の安定期である5カ月位に治療を行うのが良いでしょう。

理由は長引く治療などもあり、場合によっては出産などにより治療が中断されてしまう可能性があるからです。

また、胎児が大きくなると個人差はありますがお腹が大きくなります。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 水平診療

                               YOU歯科での水平診療の様子

歯科治療を行う際は、最近は水平診療と言って寝た形に近い状態で治療を行う歯科医院が多いです。

水平診療を受ければあり、腹部の血管を圧迫してしまうために長時間の治療は難しくなります。

上の奥歯などは、我々水平診療に慣れた歯科医であれば起きた状態での診療(座位診療といいます)では非常に処置が行いにくいです。

妊婦さんなので極力時間をかけたくないのに、倒すと苦しい場合は起きた状態で診療を行うことになりますが、処置に時間がかかってしまう場合もあります。

また出産が近くなっている状態で歯科の治療に対してストレスが強くかかる妊婦さんでは、それがきっかけとなって早産になる可能性も全くゼロではないからです。

以上のことを考えるとやはり安定期の初期のうちに歯科治療行うのが最も良い時期だと考えられます。

最も良いのは、妊娠中に歯科治療を受けなくても良いようにしっかりお口の中を管理することです。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生