江別・大麻の歯医者 YOU歯科 入れ歯は寝ている時に外すべきなのか

 

入れ歯は昔粘膜を休ませるという意味で、寝ている間は外した方が良いと言う考えが主流でした。

 

しかし、現在では寝ている間は外した方がいいという考え方と外さないほうがよいという考え方の2つがあります。

 

この考え方の違いは基本的には、学会においても外すことによって弊害が出る場合は就寝中も入れておいた方が良いと言う考えで統一されています。

 

入れ歯の学会である日本補綴学会においても、寝ている間は外した方が良いと言う考え方と寝ている間も入れ歯を入れておいた方が良いと言う考え方で議論が続いており結論は出ていない状態なのです。

 

弊害というのは、寝ている間に入れ歯を外しておくとあごの関節が痛くなる場合、入れ歯を入れておかないと寝れないなどの場合、夜寝ている間に入れておかないと噛み合わせに問題が出る場合などです。

 

寝ている間に入れておく入れ歯も使用することがあります。

 

専門用語でこれをナイトデンチャー:夜間用義歯と呼びます を使用する事もあります。

 

ナイトデンチャーは噛むことを目的としていないので、寝る時に違和感がないように小さめに作ったりします(目的によって形態が異なります)。

 

いずれにしても寝ている間に入れる場合は、あごの粘膜を強くするために普通の歯磨きで使用する歯ブラシを使って粘膜を磨いてあげるとよいでしょう。

 

これによって表面が強化され(角化が亢進することによって)、噛むことやお口の中にあるばい菌に対しても抵抗力を増すことになります。

 

そのため、連続して使用する場合は入れ歯を清潔に保ち、かつ顎の粘膜を強化するように注意しましょう。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 部分入れ歯

 

ずっと入れっぱなしにする弊害は、入れ歯と接している粘膜に問題が出る場合があることと、入れ歯を構成しているレジンは吸水性があるので、ばい菌が繁殖したり不快な匂いを発することがあることです。

 

また、着色の問題もあります。

 

自分の歯においても色がつく場合がありますが、入れ歯においても同様で色がつく場合があります。

 

また入れ歯を連続して使用すると歯石も着きやすくなります。

 

特につばの出口(専門用語で大唾液腺の開口部)において特に歯石がつくことが顕著になります。

 

そのような場合は、やはり外してきれいにしてあげる必要があります。

 

短時間外すだけで改善しない場合は、必要に応じて昼間など外す時間を長くしてあげなければならないこともあります。

 

入れ歯を夜寝ている間外すもしくはつけっぱなしについては、問題があれば入れ歯の装着時間を調節するしかないようです。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます