江別・大麻の歯医者 YOU歯科 入れ歯の正しい保存方法

 

入れ歯を使用しない時は、お水に入れて保存するようにしましょう。

 

入れ歯を外して寝ることについては賛否両論あり、寝ている間に入れ歯を外した方が良いという考え方と、入れておいた方が良いと言う2つの考え方がありそれについてはこちらに詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

入れ歯は寝ている時に外すべきなのか?


 

寝ている間に入れ歯を外しておく場合、通常入れ歯を作成した歯科医院で説明を受けると思いますがお水に入れて保存するようにしましょう。

 

最も良くない事は入れ歯を乾燥させてしまうことです。

 

入れ歯の材料はレジン(プラスチックのような材料)という材料で作られています。

 

このレジンは乾燥させすぎてしまうと、入れ歯のひび割れや変形の原因になるので注意が必要です。

 

入れ歯の適合に問題が出る場合があります。

 

一度乾燥させて、入れ歯がひび割れたり変形してしまうと最悪は作り直しか、大幅な改造が必要になってしまいます。

 

くれぐれも、ティッシュなどに包んで放置しないで下さい。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 入れ歯のレジン

 

変形の原因になるのと、小さい入れ歯だと家族の方が間違って捨ててしまうことなどがありますので。

 

また、お水に入れる前にしっかり入れ歯を綺麗にしてから入れるようにしましょう。

 

汚れが沢山ついてしまうと患者さんサイドでは入れ歯洗浄剤を使用しても取れなくなってしまいます。

 

また、保存しておくお水は毎日変えるようにしましょう。

 

通常の水道水には塩素(カルキ)が含まれていますのである程度抗菌効果があります。

 

しかし、時間が経過するに従い塩素がとんでお水の中にばい菌が繁殖しやすくなります。

 

これらの事に注意して長く健全な状態で入れ歯を使用するようにしましょう。

 

ただし、こまめに手入れしてこのように丁寧に入れ歯を保存しておいても、入れ歯の噛む面である人工歯はすり減りますし、レジンの経年劣化は避けられません。

 

入れ歯の専門家である補綴出身の先生は、入れ歯においても定期的にチェックすることをお勧めする先生が多いと思いますが、ほとんどの歯科医はそこまで入れ歯の管理をしていないのが現状です。

 

上手に保存して長く使用していると入れ歯は壊れなにくいです(噛む力などによって壊れる割合はことなります)。

 

しかし、劣化やすり減りが大きくなってきたら歯科医院で調整するのが良いでしょう。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます