江別・大麻の歯医者 YOU歯科 入れ歯でも極力歯を残す方法について

 

我々歯科医は極力歯を残そうと考えます。

 

患者さんサイドも歯を抜きたいという人はほとんどいないと思います(中には抜かなくても良い歯を抜いて欲しいと来院する患者さんもいますが)。

 

部分入れ歯や全部入れ歯の状態でも残せる歯は残すようにします。

 

ただし、入れ歯のバネであるクラスプがかかる歯(これを専門用語で鈎歯:こうし といいます)として使用するには、歯が持たないと考える場合もあります。

 

図に示すように十分に歯を支える骨が残っている場合(図では健康な歯とかいてある方ですね)は、バネであるクラスプをかけて入れ歯の大き構成要素になる歯になります。

 

図の中でもう一つ「キャップ」をかぶせている歯があります。

 

このような「キャップ」を「根面キャップ」と呼びます。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 根面キャップ

 

このような「根面キャップ」を利用するのは、歯を支える骨の量が減ってしまっている場合や歯の根の治療が行われて残っている歯の量が少ない場合なども利用されることがあります。

 

歯が残っている量が少なくなっている歯にバネであるクラスプをかけると、歯が折れてしまう可能性があるからです。

 

これらの場合は、その歯を抜くようなことをしないで「根面キャップ」にして利用することが有用です。

 

「根面キャップ」にする場合は、金属の帽子をかぶせたり、プラスチックに似た材料(これを専門用語でコンポジットレジンといいます)で詰め物をしたりする方法もあります。

 

歯を抜くとあごの骨は痩せてしまいます(これを専門用語で廃用性萎縮と呼びます)。

 

そのためいい大きな力をかけて機能させるのが難しいようなこの場合は「根面キャップ」として利用するのは確かに良い方法です。

 

また、必要に応じて、「根面キャップ」に磁石などを設置したりして入れ歯の安定を良くする方法もあります。

 

ただしこの磁石を使用する方法は保険がききませんので注意が必要です。

 

このように「根面キャップ」を利用して歯を残して、あごの骨を保全することは入れ歯の安定にとっても良いことです。

 

あごの骨が多いほど入れ歯は安定するからです。

 

ただし、この「根面キャップ」にも問題がある場合があります。

 

それは、介護等が必要になる場合です。

 

自分の歯なのですが通常の健康な歯よりも磨きにくいからです。

 

その為、清掃をおろそかにしてしまうと感染の危険性が高くなります。

 

このようにして残す場合はプラスマイナスの部分を上ったどうするか考えた方が良いでしょう。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます