江別・大麻の歯医者 YOU歯科 乳歯の噛み合わせはどのようなものが正常か?

 

乳歯の噛み合わせがどのような状態であれば正常かと言う事について、皆さんはあまり考えたことがないかもしれません。

 

乳歯の時は噛み合わせがおかしくても、大人の歯である永久歯になれば正常になるのではないかと期待を抱いているお父さんお母さんもいるかもしれません。

 

確かに、ある問題のある噛み合わせ(不正咬合)においては成長に従い永久歯列になったときに正常になる可能性がある噛み合わせもあります(上顎前突がこれにあたります)。

 

しかし反対咬合(一般に言う受け口)の場合は成長とともに悪くなるので逆に注意が必要な噛み合わせになります。

 

普通の人が、乳歯の場合はどのような噛み合わせが正常化についてわからないと歯科でフォローアップを受ける必要があるのかどうかの判断もつきません(一般には歯科検診で指摘されることが多いですが)。

 

その為、今回は乳歯の噛み合わせがどのような状態の時に正常であるかについて詳しく解説をしていきます。

 

乳歯の不正咬合についてはこちらに詳しく解説してあります。

 

興味があるかたはこちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

3歳児歯科健康診断での噛み合わせの問題について

乳歯の噛み合わせは実は年齢と共に変化していきます。

 

乳歯の前歯がはえてきて、最終的に奥歯である臼歯がはえて乳歯列が完成します。

 

この年齢は概ね3歳前後です(ここでは便宜上 乳歯列前期と呼びます)。

 

そして、成長とともに永久歯にはえ代わる5歳半~6歳位の時では乳歯の歯並びが異なるのです(ここでは便宜上 乳歯列前期と呼びます)。

 

それではそれぞれの時期について詳しく解説をしていきます。

 

1.乳歯列前期(3歳前後)

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 3歳児正常咬合

                   日本小児歯科学会 ホームページより引用

 

乳歯がはえ始めて(最初に乳歯の前歯がはえ始めるのが生後6か月位)、最後に乳歯の奥歯がはえ揃うのは3歳前後位です。

 

ここではこの時期の正常な噛み合わせを見て貰います。

 

この写真では、真ん中の前歯(専門用語で乳中切歯)に隙間が見られます。

 

しかし、乳歯列の後期に見られるような種々の空隙は見られません。

 

この時期には、この写真のように隙間がなくてもまだ問題ありません。

 

噛み合わせはこれくらいか、もう少し浅くても問題ありません。

 

2.乳歯列後期(5歳半~6歳前後)

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 乳歯上顎後期

 

子どもの健全な発育のための歯列咬合マニュアル 広島県歯科衛生連絡協議会 P.3より引用

 

乳歯列が完成しても成長がおこります(3歳のまま成長しない訳ではありませんから)。

 

1のところでは乳歯と乳歯の間に隙間はありませんが、あごの大きさが成長するので(歯の大きさは成長しても大きくなりません)、この乳歯列後期では隙間が出来てきます。

 

この隙間に関しては、成長空隙と呼ばれるものや霊長空隙と呼ばれるものです。

 

上の写真は上あごの歯と歯の間に隙間がある状態で、これよりもっと隙間が大きくても問題ない場合が多いです。

 

この隙間があることで、後にはえてくる永久歯の大きさ(例外的に乳歯の方が大きなものもありますがトータルでみると永久歯の方が大きいです)に、あごの大きさが対応することができるのです。

 

しかし、現代人はあごの大きさが小さくなって来ていて歯がガタガタ(専門用語でこれを叢生といいますが)になる傾向にあります。

 

その為、このような隙間がある歯並びが正常になるのです。

 

また、噛み合わせに対しても正確に書いていないサイトが多いです。

 

噛み合わせを表すものとしてオーバージェットとオーバーバイトがあります。

 

こちらにオーバージェットとオーバーバイトの説明をします。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 オーバージェット オバーバイトの説明

 

細かい定義を言うと色々ありますが、オーバージェットは前歯の出方の度合いを見るものです(反対咬合ならばマイナスになります)。

 

オーバーバイトは前歯の噛み合わせの深さを見るものです(過蓋咬合ならば大きくプラスになりますし開咬ならばマイナスになります)。

 

不正咬合についてお知りになりたい方はこちらのサイトをご覧下さい。

 

オーバージェットオーバーバイトに関しては、永久歯と乳歯の両方に共通する前歯の指標になります。

 

一般に乳歯のオーバージェットおよびオーバーバイトは永久歯と比較して小さいことが多く1~2ミリ位でも正常の範囲内です。

 

また、オーバージェットやオーバーバイトがゼロの状態である切端咬合においても正常な噛み合わせになります。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 乳歯切端咬合

広島県 広島県歯科衛生連絡協議会作成 子どもの健全な発育のための 歯列咬合マニュアル P.4より引用

 

永久歯においてはこの切端咬合は矯正治療の対象になりますが、乳歯では特別問題視されないのです。

 

乳歯の正常な噛み合わせを理解することによって初めて問題がある噛み合わせである不正咬合に理解が及ぶのでしっかりと理解して下さい。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます