後輩に、マウスガードの作り方を教えてほしいと言われたので今回webにアップします。

今回の内容は歯科医師むけに書いていますのでご了承下さい。

マウスガードを技工所に出す先生がいらっしゃいますが、バキュームフォームがあれば簡単に作れますので今回は作成方法から口腔内にセットするまでをお話させて頂きます。

今回ブログにアップするのはYOU歯科で製作している方法なので、他に優れた方法があるかも知れません。

その様な方法がある場合はこっそり教えて下さい。

宜しくお願い致します。

まず、上顎の印象を採ります(一般的には下顎ではなく上顎です)。

そして、普通石膏を注入し模型を作成します(写真1)。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピース模型(写真1)

そして、今回の患者さんはラクビーで使用するマウスガードなので何色かあるうちの中から好みの色を選択して貰います。

ただし、注意事項としてはラクロスの場合は競技用として、透明なマウスガードでなければ使用できないので注意して下さい(現在は変わっています。競技によっては必要に応じて色の指定がある場合もあるので注意が必要です)。

今回、患者さんはグリーンを選択しました。

YOU歯科で使用しているものはこちらです(写真2)。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードのシート(写真2)

外に出した状態です。(写真3)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードの材料(写真3)

バキュームフォームにセットした状態です(写真4)。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピースとバキュームフォーム(写真4)

写真4に写っている器械がバキュームフォームです。

ここで、使用するマウスガードプレートをバキュームフォーム上で過熱します。

そして、写真の様に2~3センチ垂れてきたら模型にフィットさせてバキュームします。(写真5・6)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードプレート加熱(写真5)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピースとバキュームフォーム下から見た図(写真6)

そして、写真はバキュームが終了した状態です。(写真7)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピース切ってない状態(写真7)

これだと大きいので、ワックススパチュラで周りをおとして行きます。

実際にカットしている写真です。(写真8)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピース切っている写真(写真8)

カットが途中の状態です。(写真9)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガード切っている状態(写真9)

カットが終了したマウスガードです。(写真10)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガード切断した状態(写真10)

カットをする時の注意事項についてお話をします。

大きめにカットしておかないと、このマウスガードプレートは後で足すことができません。

その為、必要と思われる部分は小さくカットしないように注意しましょう。

そして、このままでは黒いのでビックポイントを使用して軽く研磨します。(写真11)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードを磨いている状態(写真11)

研磨が終了した状態です。(写真12)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードお口に入れる前(写真12)

ラボワークはこれで終わりですが、初めての人の為に口腔内で調整する方法に対するアドバイスをします。

口腔内で調整するのは、咬合面です。

そして、マウスガードの大きさはビックポイントや先ほどのワックススパチュラで調整します。

必要な部分はしっかり覆うように口腔内で調整していきます(激しいスポーツの場合は上顎骨も骨折しないようにしっかり歯槽突起を覆いましょう)。

調節に使用するものはバーナーです。

こちらがYOU歯科で使用している、ヤマウラのバーナーです。(写真13)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 使用しているガスバーナー(写真13)

これを用いて口腔内の咬合面の調整をしていきます。

その時のコツについてお話をします。

バーナーでマウスガードをあぶりすぎてしまうと焦げてしまいます。

初めての場合どれくらい加熱すると焦げるか解らないと思いますので、写真10のカットしたあとのマウスガードプレートで練習してみて下さい。

距離や時間などはこれで練習すると実際の口腔内での調整がスムースに行きます(ちょっと焦げた場合のリカバー方法についても後に述べます)。

まず、加熱する道具は火力があれば何でもいいと思いますが、YOU歯科で使用しているヤマウラのバーナーで説明していきます。

実際にバーナーで加熱している写真です。(写真14)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードをガスバーナーで加熱(写真14)

これが加熱してエバンスがささる状態になったマウスガードプレートです。(写真15)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガード調整のコツ(写真15)

写真15のエバンスがささる状態になったマウスガードプレートを拡大した写真です。(写真16)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードをバーナーで加熱する時のコツ(写真16)

その隣に意図的に焦がした写真がこれです。(写真17)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードを作る際に意図的に加熱しすぎた場合(写真17)

これくらいの焦げならビックポイントで研磨すればリカバーできます。表層を一層削るだけです。

これで練習して実際の口腔内で調整してみましょう!

まず、口腔内に入れて痛くないかどうか聞いてみましょう(先ほども述べましたが大きめのイメージが良いです。それは覆う範囲が大きければ防護効果が高まりますし、大きいものは小さくはできますが、大きくして下さいと言われたら作りなおすしかないからです)。

そして、前にマウスガードプレートで練習した方法で咬合面を加熱します。(写真18)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピースを調整(写真18)

バイトの取り方は、ドーソンや中心位、誘導などを用いなくてもナチュラルタッピングで良いと思います。

こだわりがある方はそちらでとってください。

噛んでもらった状態がこちらです。(写真19)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピース噛みが甘い状態(写真19)

最初は噛みが甘かったので、もう一度過熱して噛んでもらいました。

それがこちらです。(写真20)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスピース噛みが甘い状態(写真20)

小臼歯の噛みが甘かったので、さらに加熱したら焦げてしまいました。(写真21)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガード焦げた状態(写真21)

小臼歯は口蓋側は噛んでいませんがこちらは、上顎の咬合面の斜度が急な為噛みません(その為加熱してしすぎてしまいました)。

この様な場合は、プレートを2枚とか重ねることが出来れば噛ませることが可能でしょうが、この素材では無理なので、これで使ってもらいます。

症例によっては、綺麗に全体的に噛みますが、今回は難しかったようです。

今回、焦げた部分は後にビックポイントで研磨して更にヤマウラのバーナーで加熱して光沢を出してリカバーしています。(写真22)

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガード磨いた状態(写真22)

この方法だとわざわざ技工所に出さないでも良いですよね。

以上が簡単にできるマウスガードの作成と調整方法でした。

皆様の参考になれば幸いです。

最初にもお話しましたが、もしもっと良い方法があるならそっとお知らせいただければとても嬉しく思います。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます