この前、患者さんにこちらのブログを読んでいてマウスガードとナイトガードの違いが解らないと言われましたので今回そちらについて解説をしていきます。

両者とも歯科領域で使用するものなのですが、材質と用途が全く異なります。

また、健康保険がきくか?きかないか?の違いがります。

ナイトガードとマウスピースの用途による違い

ナイトガードは、「歯ぎしり」という病名で健康保険で製作することが可能です。

こちらが、実際に当院で使用しているナイトガードの写真です。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 ナイトガード写真

マウスガードは、一般的にはボクシング選手が試合の時に使用するもので歯やあごの骨を守る役割を果たします(また、マウスピースと呼ばれることもあります)。

こちらが当院で実際に使用してるマウスガードの写真です。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 マウスガードの写真

 

 

マウスガードは激しいスポーツ(体の接触があるスポーツ)の時に使用するものです。

ナイトガードと言うのは、夜の歯ぎしりによる力が歯や歯周組織に伝わるのを防ぐ為に、その力をプラスチックの素材に吸収させて歯ぎしりによる力を少しでも小さくして歯や歯周組織に害を与えないようにする役割をはたします。

その為、歯ぎしりをする人に対して夜寝ている時に装着するものなのです。

ナイトガードとマウスピースの素材による違い

両者には素材による違いもあげられます。

まず、マウスガードはポリエチレンに似た素材を使用して作成します。

こちらの材質はポロエチレンに似ているものなので柔らかく、少しふにゃふにゃしています。

その為、歯や顎にかかる急激なショックを吸して歯と顎の骨を強い外力から守るのですが、かなり強い力がかかってしまうと、やはり歯が折れたり、顎の骨が折れたりしてしまいますので過信は禁物です。

ナイトガードはプラスチック(レジン)と似た材料で作られています。

このレジンは歯よりは柔らかい素材で作られています。それによって歯ぎしりの力を吸収して、かつ自分の歯はすり減らさないという利点のある素材です。

一般に歯ぎしりと言うのは、非常に強い力が歯と顎の骨にかかりますがスポーツ(体の接触があるもの)のように外力が一気にかかる訳ではありません。

この時、ナイトガードには持続的な強い力がかかります(歯ぎしりが激しい人は、寝ている時に歯の被せ物が外れることや、稀に自身の歯を折ることもあります)。

その為、プラスチックの様な素材で噛み合わせをしっかりとって作成しなければいけないのです。

マウスガードのように柔らかければ正確なかみ合わせを付与することはできません。

ナイトガードとマウスピースの健康保険が使えるかどうかの違い

最後に、健康保険がきくか?きかないか?についてお話をします。

ナイトガードは「歯ぎしり」と言う病名で健康保険が適応になります。

しかし、マウスガードは病気で使用する訳ではないので健康保険は適応にはなりません。

その為、マウスガードとナイトガードというのは名前は似ているのですが両者は全く別のものなのです。

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生