江別・大麻の歯医者 YOU歯科 ブリッジと入れ歯どちらが良いのか?
 

入れ歯を入れたことが無い方は、「ブリッジと入れ歯どちらが良いでしょうか?」という質問をされることがあります。

 

一般的に、入れ歯(義歯)よりもブリッジの方が術者である歯科医側も歯の治療受ける側の患者さんサイドも好んで使用することが多いと思います。

 

理由は、やはり装着感と実際に使用してみた時の使用感が良いからです。

 

義歯が保険適用になっているのに、高額な自費治療であるインプラント治療が存在するのも、やはり義歯では自分の歯のような機能回復をするのは難しいことが原因です。

 

そのため、義歯とブリッジであればどちらがいいですかと言う質問に関して、私自身は「可能であればやはりブリッジが良いです」と言うことを患者さんに説明します。

 

ブリッジについてはこちらの詳しく説明しています。

興味がある方はこちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

歯が無くなった時に使用するブリッジについて


 

この事は多くの歯科医も考えることだと思います。

 

通常、保険で使用する義歯には歯の部分にクラスプと言うバネ(金属)がかかります。

 

また、歯の無い部分には人工歯と呼ばれる歯の代わりになるものと、顎の骨がない部分を補う義歯床(ぎししょう)と呼ばれる部分から構成されています。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 義歯の人工歯

 

また、義歯の安定性を増すために大きくな連結部(専門用語でこれを大連結子と呼びます)など通常の歯には無い構成要素が存在します。

 

これが今ま義歯を使用したことがない人にとって大きな違和感に感じる理由の1つなのです。

 

そのため、義歯の構成要素のようなものがないブリッジは装着感も良いために、多くの患者さんが希望されると言うことになります。

 

ただしブリッジにも欠点があります。

 

これは必要に応じて健康なはを削らなければいけないと言う事です。

 

もし、ブリッジを支える歯(これを専門用語で支台歯:しだいし と呼びます)が神経が無くかつ冠が被っているいる場合は問題がありませんが、健康な歯の場合でも削らなければならないことです。

 

接着性ブリッジという歯を削らなくても、最新の接着技術を応用して削らないで歯に着けるという考え方のブリッジもありますが(また、健康保険適応にもなっていますが)、やはり噛む力がかかるところには応用できません。

 

理由はすぐにとれてしまうからです。

 

その為、歯を削りたくない場合はインプラントも使用されることもあります。

 

有名人ではホリエモンの前歯にも同じ理由でインプラントが入っているようです(著作の中に書いていました)。

 

この理由は、ブリッジを構成する冠の部分やブリッジと歯をつけるためのセメントは経年的に必ず劣化します。

 

自分の歯のようにエイジング(老化)はしてくれないのです。

 

インプラントも経年的に劣化してしまいますが・・・・

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます