江別・大麻の歯医者 YOU歯科 デンタルフロスを使用する頻度について

 

歯ブラシの他に使用する補助的なお口の清掃用具としてデンタルフロスがあります。

こちらのサイトでは

1. デンタルフロスの種類について

 1)ロウがついたワックスタイプのデンタルフロスについて

 2)ロウがついていないノンワックスタイプのデンタルフロス

 3)特殊なデンタルフロスのスーパーフロスについて

2.デンタルフロスの使用頻度について

解説したサイトです。 

 

デンタルフロスは実は種類があるので、まずはそちらについて説明をしていきます。

1.デンタルフロスの種類について

1)ロウがついたワックスタイプのデンタルフロスについて

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 デンタルフロス(ワックス)

                 YOU歯科で使用しているロウがついたタイプのデンタルフロス

 

デンタルフロスの表面をロウで加工して滑りやすくしているタイプのデンタルフロスになります。

スキーやスノーボードでもそうですが、ワックスを塗ることによって滑りを良くすることができます。

そのため、こちらのタイプのフロスを使用すると、歯と歯の間に入れる時にスムースに入れることが可能になります。

しかし、欠点がないわけではありません。

ワックスがついているために、汚れや歯垢(プラーク:虫歯や歯周病の原因となる歯科界の諸悪の根源)をとる効果がワックスがついていないタイプよりも落ちると言う欠点があります。

実際の使用にあたっては、私自身は使用する人の好みなのでワックスタイプのデンタルフロスでもいいですしノーワックスタイプのデンタルフロスでもいいですよと言う説明をしています。

ただし、歯肉などデンタルフロスかけすぎによって傷つけてしまう人もいますから、そのような人にはワックスタイプのデンタルフロスをお勧めしています。

また、あまりデンタルフロスをかけすぎない事や力を入れて使用しない旨を説明します。

2)ロウがついていないノンワックスタイプのデンタルフロス

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 デンタルフロス(ワックス)

               YOU歯科で使用しているロウがついていないタイプのデンタルフロス

 

こちらは、デンタルフロスの表面をロウで加工していないので、歯と歯の間に入れる場合は滑りが悪くなります。

しかし、デンタルフロスの表面にロウがついていないということは汚れやプラークをとる能力が大きいという事です。

ただし、大きいといってもべらぼうな差がある訳ではないので先ほども言いましたが好みに応じて使用して下さいと説明しています。

 

3)特殊なデンタルフロスのスーパーフロスについて

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 スーパーフロス

                           YOU歯科で使用しているスーパーフロス

 

ブリッジのポンティック(歯の無い部分)と自分の歯がある部分の間などに使用する特殊な形をしているフロスです。

写真に示すように真ん中にスポンジ状のものがあります。

ここが、汚れを落とす効果が強い部分になります。

歯間ブラシなどでは歯や歯肉を傷つけてしまう場合にはこちをお勧めすることがあります。

2.デンタルフロスの使用頻度について

デンタルフロスはかけすぎると歯肉を傷つけてしまいます。

その為、多くても13回程度にしましょう。

上手にかけることが出来れば11回でも十分です。

デンタルフロスを使用する時は、専門家(予防歯科の)でも朝使用した方が良いという先生と寝る前に使用した方が良いという先生と意見がわかれいます。

ただし、綺麗にかつ歯肉を傷つけないで使用できればいつかけるか?についてはあまり拘らなくても良いです。

デンタルフロスを使用する時は優しく使用するようにしましょう。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます