江別・大麻の歯医者 YOU歯科 タバコと歯科治療について

 

近年、タバコに対する社会的な抑制が強くなり喫煙者に対する風当たりが非常に強くなってきています。

 

私自身はタバコは吸ったことありますが、体に合わないので習慣的に吸った事は1度もありません。

 

健康的に考えれば、誰も肺がんになりたくてタバコを吸うわけではないでしょう。

 

私の兄も歯科医ですがヘビースモーカーです。

 

歯科医なので歯周病の治療も行っています。

 

その為、兄はタバコの歯科治療に対する害が最もわかっている喫煙者(かつヘビースモーカー)であると考えられます。

 

しかし、私が「医療人ならばタバコをやめたほうがいいんじゃないの?」と言うと兄は「タバコをやめるぐらいなら死んだほうがマシだ」と言う回答をしてきます(当然ですが肺癌になるリスクも知っているでしょう)。

 

しかし、辞める気はないというのが兄の考えなのでしょう(解っちゃいるけどやめられないという感じなのではないでしょうか?)。

 

いろいろなところで、タバコによる歯科治療特に歯周病の増枠因子であることや歯周病の治りを悪くしてしまう話がされていますし研究も多くされています。

 

しかし、たばこは歯周病のみならずお口の中の傷の治りも悪くします。

 

虫歯などの硬組織疾患にはあまり影響与えませんが、お口の粘膜や歯周病などの軟組織疾患には大きく影響与えます(タバコによる歯の着色は硬組織ですが病気ではありません。しかし、審美的には悪影響を与えます)。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 歯周病とタバコ

 

うちの兄の歯を抜歯したときに、非常に治りが悪いと言う印象を受けましたし、ヘビースモーカーの方を抜歯した後はやはり治りが悪いと言う印象をうけます。

 

理由は、タバコの中に入っているニコチンの血管収縮作用が関係していると思います。

 

血液がよく循環しないと当然ですが治りが遅くなってしまいます。

 

タバコ自体にニコチン以外にも200以上の有害物質も含まれている1)と言われていますので、止めれないにしてもまず数を減らすことが重要だと思われます。

 

最近は禁煙に対する支援も保険適用になっていますから歯科治療を行う際でも、タバコによる外は認められます。

 

そのためタバコの本数が多い方は可能なら減らし、その後禁煙することをお勧めいたします。

 
参考文献:

1)日本歯周病学会編:歯周病の診断と治療の指針,医 歯薬出版,東京,2007, 4-5.
 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます