この前、泊まりこみのインプラント講習会を受けてきました(北海道の札幌市の郊外にある定山渓温泉と言う所です)。

そこで、近年のデジタル技術の発達に思わず目を見張りました。

TED(Technology Entertainment Design)と言うNHKでも放映している番組で、義足にIT技術が組み込まれ非常に進歩している事が放送されましたが歯科の部分でも非常に進歩がみられました。

これは、歯科でSIRONAと言う会社(昔ドイツのシーメンス社からわかれた会社ですが)が発売しているシステムですが、CTとCAD/CAMを上手く融合させインプラントのシュミレーションが完璧にデジタルデバイスで出来てしまうと言う画期的なものでした(他の会社からも発売されていますが、日本で最も普及しているのはSIRONA社のものだと思われますので今回のブログではこちらで説明させて頂きます)

ちょっと難しそうなので簡単に説明しますとCTと言うのは知っている人も多いとおもいますが、Computed Tomographyの略です。

簡単に言うと、人体をコンピュターの力を使って3次元的に断層(輪切りですね)画像を作るものです。

インプラントの事故は、神経損傷やあごの骨を突き抜けて血管をいためてしまった場合に生じます。

それがCTを用いる事によってその確率が劇的に下がります。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 CT画像

 

 

 

 

 

写真 1 SIRONA社 CT(SIRONA社 ホームページより引用)

 

 

 

インプラント手術を正確に行う為に、ガイドが必要になるのですがそのガイドの製作もCTとこれから詳しく述べるCAD/CAMのシステムで製作することが可能です。

CAD/CAMというのはcomputer aided design/computer aided manufacturingの略で、歯科で応用されるのは先ほどのべた型取りをCADのシステムを使います。

歯の方はこのシステムがなければ、型取りは歯にゴムみたいなもの(印象剤といいます)をあててそれの中に石膏を注入して模型を作って被せるものを製作していました。

光を用いて歯の形をスキャンして、インプラントに被せるものをCAMで製作します。

これは、ジルコニアと言う白いセラミック(陶器)をコンピューターの技術を用いて削り出して製作します。

手術のシュミレーションから、正確に手術を行うガイドの作成、そしてインプラントの上に被せるジルコニアの製作まで、これらの流れが一連として出来るようになったのがこののシステムです(写真2)。

 

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 CADCAM

 

 

 

 

写真2 CAD/CAM System Serec(SIRONA社 ホームページより引用 )

 

 

あるまだ経験の浅い先生が、このシステムを利用して正確にインプラントを手術で埋め込んだ症例を見せてくれました。

ただし、この様な素晴らしいシステムにも問題があります。

それは、それらのシステムが非常に高額だということです(数千万単位です)。

これは如何ともしがたく、非常に優れたシステムなのでユーザーとしてもっと普及出来る価格になることを祈るばかりです。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます