江・・大麻の歯医者YOU歯科アトピーと歯科材料について

 

アトピーとは正式名称ではありません。

 

アトピー性皮膚炎ののが正式名称でも、アレルギーを起してやって体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられることのある皮膚の炎症を伴う病気のことに言います。

歯科で使用する材料でも、このアトピー性皮膚炎の原因となるものがあります。
 

正確には原因因子と増悪因子(悪くする要因)と両者の。

 

一般に知っているものが、歯科で使用する金属である金銀パラジウム合金とは銀歯に使用されるものが一般に知られています。

 

この金銀パラダイムとなる金属が使用されているのは日本だけで、金合金の代わりに使用されているものです。

 

日本では保険診療に使用されるので、保険適用の銀歯ではこの金属が最も多く使用されるものです。

 

金属アレルギーの方は、皮膚科でパッドテストアレルギーがある方だと奥歯(大臼歯)にもこの金銀パライド合金ではなく、ハイブリッドセラミクスが保険に適応するようになりました。

 

一つの冠だと、これで対応できるのですがブリジなどの大きな修復だと適応できないことがあるので、自家治療の材料を応用することが多くなるだろうと思います。

 

あなたは歯科では、自宅で費用負担が大きく変わるような方は大学病院をご紹介して極力保険に適応する材料を使用して貰うようにしています(自費で大丈夫な方は当院で対応しますが、どっちも治療費が高額になってしまいます)。

 

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 抗生剤

 

しがし、アトピー性皮膚炎の原因となる歯科材料はこの金銀パラジウム合金だけではありません。

 

他の様々な材料が、このアトピー性皮膚炎の原因になります。

 

アトピー性皮膚炎の原因になる材料には以下のものが挙がってしまいます。

 

歯科領域では症状に応じてお薬を飲んで貰います。

 

化膿した時には、抗生剤を。

 

痛い時には、痛み止めを服用して貰います。

 

また、処置が痛い時には、注射による局所麻酔を使用します。

 

また、前歯や奥歯につけるレジン(プラックチックのような材料)でもアトピー性皮膚炎の原因になります。

 

また、アトピー性皮膚炎以外にもアレルギーの可能性もありますので何かこれを材料で使用して何か異常があった場合は担当歯科医に相談下さい。

 

色々と対処してくれて思います。

 

私自身はこれの材料でアトピー性皮膚炎を発作させたことはありませんが、レジンやお薬、金属ではアレルギーのある患者さんを担当したことは沢山あります。

 

何かアレルギーがある場合はその材料を使用しないように対処するかしないのですが。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます