歯科全般に言えることですが、大人のみならず小児でも病気を予防することが必須です。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 お家で可能な小児にできる歯科の予防対策

小児全般において、幼児期~学童期でも予防ができれば治療する必要がないのです。

一般に小児歯科領域の治療としてはむし歯が原因で治療を行うことが多いです。

むし歯になるとむし歯の部分を削って、人工物を歯に埋め込むことになります(多くはプラスチックのような詰め物や金属)。

しかし、これらの人工物は必ず劣化します。

自分の歯のように上手くエイジング(小児の場合は成長と言う意味合いが強いです)してくれません。

特に永久歯がむし歯になった場合は一生その人工物とつきあっていかなければなりません(劣化との闘いです)。

人が作り出した人工の修復物は劣化によって取れたり、周りから虫歯になる可能性が高くなってしまいます。

小児の時にむし歯が多いと、大人になった時にもむし歯が多いということが幾つかの論文ででています(日本小児歯科学会:日本で最大の小児歯科の学会 の論文において)。

小児の予防対策は次の2つです。

一つ目は家庭においておこなうが行うセルフケア(ホームケアとも呼ばれます)。

二つ目は歯科医院で歯科医師もしくは歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアーです。

今回は家庭でできる予防対策について詳しく解説をしていきます。

小児といっても乳幼児期については、その時期の歯磨きについては当院の小児歯科のサイトで詳しくお話しをしていますので、興味がある方はこちらをご覧下さい。

今回は特に就学前・学童期の家庭でできる予防処置である歯磨きについて解説をしていきます。

まず、歯ブラシですが小児用の歯ブラシをご使用下さい。

江別・大麻の歯医者 YOU歯科 小児の歯ブラシ

実際に上の写真でしめしますが、大人用の歯ブラシと小児用の歯ブラシでは歯ブラシの大きさがことなります(下が小児用の歯ブラシです)。

歯ブラシの毛先のみならず歯ブラシの柄の長さも違います。

また、歯ブラシの方法についても汚れを染め出す方法がありますので、それを併用することによって磨き残しの部分を把握することができます。

Amazonなどでも染め出し液が売っていますので使用してみると良いでしょう。

ただし、この時の注意点としては唇なども色素で染まってしまうので朝ではなくて外出しない夜に行うと良いでしょう。

次回は、歯科医院で行う専門的な予防対策のプロフェッショナルケアーについてお話をします。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます